すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

2018年が半分経過した段階で、米国株式のポートフォリオを記録してみました。

外国株PF


2018年11月にNISA口座の枠余りを解消すべくBTIをまとめて買い付けしたのに始まり、そこから高配当株式や高配当ETFを中心に買い付けを進めています。

2019年2月時点のポートフォリオと目標ポートフォリオ
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/15777830.html

2月の時点では全く分散できていない状態でしたが、その時と比べるとかなり投資先も増え分散できてきました。

それでも上位2銘柄で46%とタバコ株への依存度が高い状態です。最終的にはETFで50%くらいの比率にしたいですが、比率がまだ低いですね。銘柄数ももう少し増やしたいなと思っているので、一つの銘柄への依存度はもう少し下がっていくはずです。

なんとかマイポートフォリオで、ウェルスナビ の投資成績に勝ちたいものです。
ここのところ月次の成績を確認していると毎月負けており、やはり自分の意思を介在させないほうがいいのかな?と考えてしまいます。
結局、自分でやらなくなると、飽きてしまって続かなくなってしまう気がするので、自分で個別投資をすることは必要かなと思います。

2019年も折り返しましたが、2019年後半も投資を継続できるように頑張りたいと思います!

ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

先週から、米国株式投資の界隈を賑わせているのは、マネックス証券が打ち出した最低手数料の引き下げですね。
従来5ドルだった最低手数料を、0.1ドルまで引き下げるとのことで、少額から手数料負けせずに投資することが可能になります。
マネックス証券のプレスリリース
https://info.monex.co.jp/news/2019/20190704_01.html

同時に為替の買付手数料も半年間無料になるようです。
このリリースが出たのが、7月4日(木)。


続いたのが、楽天証券です。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20190705-02.html

マネックス証券と同じ水準に引き下げてくるかと思いましたが、それを上回る0.01ドルに最低手数料を引き下げてきました。

こちらのリリースは7月5日(金)。
マネックス証券のリリースの翌日に手を打ってくるというのは、さすがですよね。
そして、上記のリンク先では、ガッツリ、楽天証券、SBI証券、マネックス証券を横並びで比較しています。
当然、SBI証券のみが高く見える状況です。

SBI証券は、業界の雄として、ここは合わせにいくと思います(もしくは手数料率を0.45%から引き下げる等の合わせ技が来てもおかしくないかな?と。)。
自分がSBI証券ユーザーなので、願望でもあるのですが。
最低手数料が5ドルから引き下げられると、一回あたり1,111ドル以上という縛りを気にしなくてよくなるので、細かな金額でコツコツと投資していけますよね。特に配当金の再投資とはかなり相性がいいかと思います。

この内容を書いているのは、7月7日の夜です。
7月10日の朝に公開予定です。なので、それまでにSBI証券から何かしらの発表があるといいなーと思っているのですが、どうなるでしょうか?

個人的にはこの3社の特徴としては下記の通りだと認識しています。
①マネックス証券
→米国株式の取扱銘柄数No1

②楽天証券
→楽天銀行との連携や、楽天経済圏でのポイント獲得&有効活用

③SBI証券
→住信SBIネット銀行との連携により為替手数料が安い

かなり、省略しましたが、上記がそれぞれの長所だと思います。UIとか、アプリの使いやすさとか、他の要素もありますが、実質的な部分は上記かなと。

それもこれも取引手数料という根幹部分が3社とも同じであった、という前提の上に成り立つものです。

正直、自分がSBI証券ユーザーなので手数料を下げて欲しいから、という部分が大きいのですが、最近楽天証券に押され気味のイメージがあるSBI証券としては、業界最多の口座開設数という部分は譲らないと思うので、近いうちにあわせて下げてくると思います。

その日を楽しみに待ちたいと思います。
実現するようであれば、投資の手法の見直しが必要になりますね。

【7月9日 17時追記】
8日にリリースがなかったので少しモヤモヤしていましたが、予想通りSBI証券も追随してくれました!
SBI証券のリリース
https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=corporate&dir=corporate&file=irpress/prestory190709_01.html

7月22日の取引から、とのことなので、喜び勇んで今夜少額で突っ込むと5ドル取られるので気をつけてください笑

最低手数料については、楽天とマネックスも最低手数料を撤廃し、また横並びになるかと思います。

今後は取引手数料の0.45%部分を競ってもらえるとありがたいんですがねー。

【7月11日21時 さらに追記】
予想通り、楽天証券、マネックス証券共に追随して、3社とも最低手数料は無くなりましたね。
少額ずつ分散して多くの銘柄に投資したい人には、今回の最低手数料撤廃は大きなニュースになりました!



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

今日は七夕ですね!
なので、投稿時間も7時7分にしてみました。
まぁこの日記を書いているのは7月5日なのですが笑

毎度タイミングが少し遅いのですが、6月度の売買記録を残したいと思います。

6月度の買付は2回でした。

購入したのはSPYDとABBV(アッヴィ)です。

買付詳細は↓のとおりです。

20190613 SPYD買付


20190625 ABBV買付


SPYDについては、高配当ETFの比率を増やしたかったので購入しました。PFFの追加購入でもよかったのですが。

ABBVについては、AGNの買収発表で大きく下がったので、ナンピンしました。
お陰で購入単価が$90くらいだったのが、$80くらいまで下がりました。
ABBVが発表したAGNの買収は、発行済株式数の増加や借り入れの増加等、財務的なマイナス点も大きいとは思いますが、ヒュミラ一本足の売上構成の分散が図れるため、今後の成長のためには必要な一手なのだと理解しています。
この買収の成否がわかるのは5〜10年後くらいでしょうか。

上記の買い付けの他、今月は3回ドル転しました。

ドル転 20190603


ドル転 20190620


ドル転 20190625


為替が円高傾向にあったことから、コツコツと指値をしている分が約定していました。

ダウが最高値を再度更新するなど、相変わらず米国株式は全体的に高値圏にあると思いますが、円高に対してはどんどんドル転していきたいと思います。

当初はドルを持っててもなーと思いましたが、このドルの手持ち資金はMMFに移してもいいかなと考えています。
外貨預金としておいておくよりも利回りがいいんですよね。

今月は、HDVかRDS-Bを購入しようかなーと考えています。また、MOが下がるようであれば買い増すかもしれません。今月も引き続き積立&追加買い付けを行いたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ