すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

米国株式に投資をするようになって、何銘柄か購入しましたが、結構手数料が高いなと感じています。

また、現在ウェルスナビを使用していますが、こちらの手数料も結構高いな、と感じており今回比較してみたいと思います。

ウェルスナビの手数料については、非常にシンプルで、
資産残高✖️1%
になります。
また、資産残高が3,000万円を超えた部分は0.5%になります。今のペースだと3,000万円に到達することはなさそうですが。。。

仮に、年始に100万円分購入して時価が1円も動かずに年末を迎えて、年末で売却したとすると、年間の手数料は100万円✖️1%=1万円になります。
ウェルスナビの手数料は年率1%ですが、手数料の計算は日々行われているので、年末に残高が無くなったから手数料が発生しないということはありません。当たり前ですが笑

ただ、売買で手数料がかからないというのは、個別株等と異なる点かと思います。

詳細はこちらをご覧ください。
ウェルスナビ よくある質問
「手数料の詳しい計算を教えてください」
https://support.wealthnavi.com/hc/ja/articles/115003609668


自分で個別に購入した場合、まずはドル転するのに為替手数料がかかります。
以下の手数料率は、自分が使用しているSBI住信ネット銀行の手数料率で話を進めますが、1ドル取引をする際に4銭の手数料がかかります。

なので、1ドル100円の時にドル転しようとすると1ドルあたり4銭=0.04円の手数料がかかるので、率に直すと0.04%になります。

実際今は1ドル108円〜109円あたりなので、0.037%くらいですかね。かなり細かいですが。

念のため補足しておくと、SBI住信ネット銀行では2019年3月27日まで、為替手数料が無料になります!!
これはありがたいですね。

F7EFB793-E154-4ACD-A0C8-78A6DA7E43E7


ただこれは時限的なキャンペーンなので今回の検討では考慮しません。

ドル転が終わったら次に証券会社への資金移動になりますが、ここがSBI同士だと手数料はかかりません。

次に銘柄購入の際の手数料になりますが、現在は下記の通りとなります。

1注文あたりの約定代金×0.45%
・最低手数料:5米ドル
・上限手数料:20米ドル

買い付け金額と対比すると、
買い付け金額 1,111ドル未満→5ドル
買い付け金額 1,111〜4,444ドル→購入額の0.45%
買い付け金額 4,444ドル以上→20ドル

なので、手数料負けしないために、1,111ドル以上で購入しているというのは、他の方のブログでも記載がありますね。
もちろん4,444ドル以上になると手数料の比率としては割安になりますが、日本円にすると50万円程度になるので毎回この金額以上を買い付けるというのは現実的ではないです。

実際は1,111ドル〜4,444ドルのレンジ内での買い付けになると考えられるので、ここでは0.45%という数値を使いたいと思います。

そうすると、ドル転及び米国株式の買付手数料は、
0.037%➕0.45%=0.487%となります。

ウェルスナビの例と同様に年末で売却したとすると、購入と同様の手数料がかかるので、0.487%✖️2=0.974%
ということで、ほぼほぼ1%に近いという結論になりました。

購入してから1年後に売却し、手元に円建でキャッシュがある状態を実現するための手数料は、どちらもほぼ1%という結果になりました。

ウェルスナビは、買付やリバランスを自動で行ってくれるので、その優位性を加味すると、ウェルスナビの方が有利という結論になるでしょうか??


そうはならないですよね。

ウェルスナビは保有に関して手数料がかかるので、仮に20年保有していれば累計の手数料は20倍になります。
一方、購入後保有を継続して20年後に売却した場合、1年後に売却した場合と比べて手数料は変わりません。

そのため、個別株に投資をして長期間継続保有すれば、手数料が少額で済むことになります。

この結論からウェルスナビが劣っている、というつもりは全くないです。

個別株投資については、銘柄選択、購入時期、購入株数、売却時期等自分の判断が大きく入るので、ウェルスナビに負けないようにするには、頻繁に売買せず長期で保有することが必要だと感じました。

そのためにも、長期間安定的に配当を継続し、かつ、株価も大きく毀損しない銘柄の選択が重要ですね。

そう考えると銘柄選択にあたっての買付ルールや損切りルール等定量的な投資方針が必要になりそうですよね。
時間はかかるかもしれませんが、少しずつ構築していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

去年の12月から回転寿司に行く機会が多く、全てチェーン店ですが5店行きました。

今まであまりそれぞれの店舗の特徴とかを理解していませんでしたが、今回を機に色々と各店舗の違いを認識できたので、一度まとめてみたいと思います。

ということで、今回は多分株や投資信託の話は出てきません笑

ちなみに、なんでこの短い期間にここまで行くことになったかといえば、特にこれといって理由はなく、たまたまみんなの寿司屋に行きたい周期が違ったというだけなのですが。
私と妻と子供がそれぞれ、別のタイミングでお寿司食べたい!となり、3店行ったあたりで家の近くにある他のお寿司屋さんに行く流れができ計5店になりました。まだ有名どころで行ってない店もあるので今後も増えるかもしれません。

ちなみに5店というと、どのお寿司屋さんをイメージしますか?住んでいる地域によって、店舗網がかなり異なると思うので、知らないお店もあるかと思いますがお付き合いください。

ちなみに帰省先だったり、買い物に出かけた先だったりするので。全てが自宅から近い範囲にあるお店というわけではありません。
ちなみに以下に出てくる1皿あたりの価格等は全て税別表記です。

①基準店A
→のっけから名前をぼかした店舗ですが、このお店が今まで一番よく行っているお店でした。で、チェーン店ではあるものの店舗数が少ないので、このお店のみ店名は伏せておきます。

値段は、1番安い皿で150円、1番高い皿で450円です。
お店自体もカウンター10席と4名のボックス席が4つ程とかなり小規模。ただ、全席にタブレット端末があり、そこから注文を行い通常お寿司が回転しているレーンとは別の専用レーンにて運ばれてきます。味はとても美味しく、ネタも大きいです。また、タブレットでの注文時にさび抜きも選べます。何もしないとさび入りで提供されます。提供までの時間もそこまで時間はかかりません。
大体家族4人(内、幼児2名)で行くと、大体15皿くらい食べて3,000円~3,500円程度でしょうか。お酒飲まないので安上がりなんですよね。

対して詳しいわけでもないですが、分かりやすくランク付けするとこんな感じ。TOとはテイクアウト食べ残しを持ち帰れるか?という項目です。

味  S
価格 B
速度 A
子供 A
予約 ×
TO  ×
総合 A

いつもお寿司というとこのお店に言っていたので、このお店との差異が②~⑤のお店の特徴として印象に残っています。


②魚べい
→東証1部上場の元気寿司株式会社の系列店舗です。
最初は土曜日の午後6時位に予約もせずに行ったら、もうその日の予約が出来ない状況でした。聞いたら入るのに3時間程度待つと。。。回転寿司の人気に驚きました。
で、次は予約をしてから行ったのですが、お店に入ってびっくり!ほとんどが1皿100円で提供されていました!①のお店以外で初めて行ったのがこちらだったの衝撃がすさまじかったです。
①と比較すると、ネタは小さく、かつ、マグロの赤身とかはほぼ凍ってます笑
ただ1皿100円なので全てが許される感じですね。ちなみにこちらもタブレットから注文しますが、私が行った店舗では通常のレーンがありませんでした。なので完全受注生産スタイル。そして提供もあっという間に専用レーンでやってきます。列車のようにお皿を乗せてくるので子供達も大喜びです。前回行ったときは4人で20皿、2,500円くらいでした。100円ではないサイドメニューを頼んだので1皿単価は100円を超えているものの、①の店舗より安いです。ただ、ネタが大きくないので食べる皿数は少し増えます。
ちなみに、もう一つ驚いたのは全てわさび抜きで提供される点です。席にわさびの小袋はあるので自分でネタをはがしてわさびを塗るスタイルです。子供はこれでいいと思いますが、大人は少し味気ないです。なので、悪く言えばシャリの上に解凍され切ってない刺身が乗ってる感じです。
でもいいんです!1皿100円だから笑
ちなみに、頼みすぎてしまった場合にテイクアウトも可能です。

ということでランク付けするとこんな感じ。

味  B
価格 S
速度 S
子供 S
予約 〇
TO  〇
総合 S

まさに、価格は正義!といった感じ。

③無添くら寿司
→東証1部上場のくらコーポレーションが運営している店舗になります。
こちらの店舗も②魚べいと似ています。基本1皿100円での提供となっています。またサイドメニューが充実しており、ラーメンやらパスタやら何のお店かわからなくなるくらい、いろいろ売ってます。
こちらのお店は何といっても『びっくらぽん』と言いうミニゲームが子供に人気です。
食べ終わったお皿を入れる場所があり、5枚入れると1回ミニゲームが始まります。イメージとしてはパチンコやパチスロのあたり演出みたいなものでしょうか。大体外れるのですが。。。
ただ、子供達は親が食べ終わったお皿を奪い合い、嬉々としてお皿を投入していきます。また、よくできたシステムだなと思うのは、私のような器の小さい人間は『もったいないから後1皿食べて、もう一回びっくらぽんを子供にさせてあげよう』と考えるわけですよね。なので、子供が喜ぶだけではなく、売上増の効果もあるのではと思います。1皿100円ですし笑
前回食べた時は、20皿で2,000円でした。サイドメニューを頼まずお寿司だけ食べた結果ですね。

ということで、ランク付けは下記のとおりです。

味  B
価格 S
速度 S
子供 SS
予約 〇
TO  ×
総合 S

まさに、価格は(略)

④はま寿司
→すき屋で有名なゼンショーホールディングスが運営しているお寿司屋さんです。
こちらも②③同様に低価格路線です。基本1皿100円ですが、平日は1皿90円というキャンペーンを行っているようです。②③のお店を紹介した後だと、そこまで特徴が無いような気がします。
前に家族で行った際は、18皿で2,000円くらいだったかと。

味  B
価格 S
速度 S
子供 S
予約 〇
TO  〇
総合 S

まさに、(略)

⑤寿司 銚子丸
→JASDAQ上場の銚子丸が運営する店舗。①の店舗に近く、ネタが新鮮で大きく味も良いが、お値段はやや高めです。高めというか普通なのかも。②~④の店舗のことを書いてきて少し感覚がマヒしてます。銚子丸は板前さんが劇団員と呼ばれていて、誕生日が近い人には歌をプレゼントしてくれたりするようです(店舗による?)。また、その日のおすすめをさばいたところで各テーブルに『本日のおすすめ、白子の軍艦だよー』みたいに声をかけてくれます。なので、昔ながらの寿司屋の活気があります。こちらは、13皿で3,500円でした。中とろ頼んだりしたので単価が少し上がりましたね。

味  S
価格 B
速度 A
子供 A
予約 ×
TO  △
総合 A

①~⑤を比較すると、やはりびっくらぽんがある分くら寿司が1番トータルの満足度が高い気がします。子供の満足度、大人の満足度、お財布の満足度。
前提として、私自身があまり食通ではないというのが重要なポイントかもしれませんが。

というわけで、メジャーどころだとスシローとかっぱ寿司が入ってないですね。今後追加で新たなチェーンに行く機会があれば更新してみたいと思います。

ただ、お寿司って高いイメージありましたけど、②~④のお店は、4人家族で約2,000円。
①及び⑤についても、3,000円~3,500円とそんなに高くはないです。もちろん子供が小さいというのはありますが、ファミレスよりは安い印象です。家族全員お寿司好きなので、今後もちょこちょこ利用したいと思います。
一度くらいはカウンターのみのお寿司屋さんに、財布を気にせず行ってみたいですが。

資産運用に関係ない記事を書くのは恐らく初めてだった気がしますが、過去の記事の中で最長になりました。資産運用と関係ない方が書きやすいのかな笑

たまには、こんな感じではみ出しネタも書いていきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

昨年の11月頃から米国株式への投資を行うようになりました。
それまでも投資信託やウェルスナビを通して、指数に連動した商品を買うことはありましたが、個別株を買うようになったのはほんの2ヶ月前です。

まだ、投資方針が明確になっていないですが、基本的には配当利回りの高い企業への投資を行なっていきたいと考えています。

米国株式は投資をするようになったこの2ヶ月で感じたことを書いていきたいと思います。

①為替の値動きはよくわからない
→米国株式の買い付けにあたって、一度ドルを購入してからドルで買い付けを行っています。この取引は住信SBIネット銀行で実行しています。為替手数料が安いんですよね。
わざわざドルを購入せずとも、邦貨建で米国株式を購入することもできますが、手数料がかかります。

私は、ドルを購入するステップを踏んでいますが、日々為替レートが変動します。
正月3が日におこったドル円の急落のように、為替は株式以上に不可解な動きをします。今のところ円高傾向にあるのでジワジワと買い下がっていますが、ドルの効率的な買い付け方法というのはなかなか見つからなさそうです。
安定的に買い付けるならば定期積立なんだと思いますが。


②値幅制限がない
→日本の株式市場だと、前日の終値を基準として値幅制限が設けられているため、1日での値動きはある程度制限刺されます。
例えば、前日終値が4,500円の場合、上下700円が制限値幅になるため、3,800円〜5,200円の幅でしか値付けがされません。
3,800円になるとストップ安、5,200円になるとストップ高ですね。
一方、米国株式では値幅制限がないので一夜にして半額、もしくは2倍という値動きがありえます。
この2ヶ月の間にそう行った場面に遭遇したわけではないですが、知らなかったので純粋に驚きました。
これもどちらがいいということはなく、日本でも想定外のbadニュースだと2日寄らずとかもあるので、だったら制限なしでさっさと寄った方がいい気もします。

③買えない銘柄がある
→自分はSBI証券を利用していますが、購入可能な銘柄数はマネックス証券と比べると少ないです。
なので、少しニッチな企業で高配当な銘柄を見つけて投資をしようとSBI証券の外国株式ページでポートフォリオに登録しようとしたら、その銘柄が出てきませんでした。
最初は理由が理解できていなかったのですが、その後SBI証券では取り扱っていない銘柄だとわかりました。
メジャーな銘柄については、マネックス、SBI、楽天と大差ないかと思いますが、かなりニッチな銘柄にも目を向けるようになると取扱銘柄数の影響が出てきます。
日本株式であれば、開設している証券会社によって買えないということはなかったので、これも驚きました。

④リアルタイム情報にリーチしづらい
→証券会社にログインしても、米国株式の株価は20分遅れての表示となるため、リアルタイムな株価を把握するのが難しいです。ヤフーファイナンスも同様。
この点、アイフォン に元から入っている株価アプリに銘柄を登録すると、リアルタイムで反映してくれるので使っています。ただ、これも動きが悪くリアルタイムになっていない気が。。。
まぁ、ずっと夜中起きてるわけにもいかないのである程度の指値をして寝てしまうのでリアルタイム株価はなくてもそんなに困らないかもしれません。


と、いくつかあげてみましたが、今後もわからない点、疑問に感じる点についてはまとめてみたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ