すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

ド派手な印象を残してあっという間に終了した第1弾のキャンペーンから早2ヶ月。

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーンの第2弾が始まりました!!

A83DB2A1-CE08-42B9-A37D-1D5FC1E5FAA0


以前下記のエントリーをしている通り、キャンペーン第1弾でパソコンを買ったり、全額キャッシュバックが当たったりして約4万円分のポイントが1月に付与されました。
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/14035040.html

正直4万円分のPayPay残高が付与されたものの、特に買いたいものもなく使い道に困っていました。
たまに、ファミリーマートで買い物したりするんですが、特にキャンペーンがない時に毎日行くほどのモチベーションもないし、かといって、ビックカメラやヤマダ電機で家電を買うわけでもなく。

そんな中第2弾のキャンペーンが始まりました。
今回のキャンペーンは、前回のキャンペーンと異なり、一回あたりにキャッシュバックされる金額上限がかなり抑えられているため、前回のようなブームにはなっていないかと思います。

自分は携帯がソフトバンクなので、20%の確率で全額キャッシュ(但し、上限1,000円まで)される特典があり、全額キャッシュバックされる確率は前回よりも高くなっています。

とはいえ、『これ以上PayPay残高がたまってもなー、前回よりキャッシュバック上限低いし』と考えていました。
Yahoo! JAPANカードを使うとお得、ということでしたが、クレカを増やすのは嫌なのでそこまでする気もなく、今回はパスかなー?と思っていましたが、ただ、よくよくキャンペーン内容を見てみると、付与されたPayPay残高を使って払っても20%キャッシュバックや、全額キャッシュバックの対象になる、と書いてありました。
なので、特にYahoo! JAPANカードを作ることなく、最高率のキャッシュバックが受けられました!


ということで、早速何回かファミマで昼ごはんを買ってきましたが、やっぱり20%分のPayPay残高が付与予定になっています。(2月使用分は3月10日頃付与予定)

もらったポイント分で支払って、さらにポイント分が手に入るとは思っていなかったので、嬉しい誤算でした。

1,000円以内の買い物をするに限り、PayPay残高の付与上限を超えない範囲であれば、
1×0.2+0.2×0.8=0.36
ということで、期待値としては使用金額の36%が戻ってくるはずです。
(20%の確率で使用金額が全額キャッシュバックで、それ以外の場合に、20%キャッシュバック)

会社に周りでPayPay使っている人もいるので、よく一緒にファミマに行っています。私はあまり食事にはうるさくないタイプだと自負しているので、当分の間は週2〜3位のペースで、ファミマに通おうと思います。
流石に週5で通うほどのやる気はないですが。
前回と違って一人当たりの付与上限がキャンペーン期間を通じて50,000円に設定されているため、100億円を消化するのにはかなりの時間を要すると思います。

キャンペーン自体は5月末までですが、そこまでに100億円に行かない可能性もあると思います。
ただ、キャンペーンの注意書きに、
『第2弾100億円キャンペーン」においてPayPay株式会社の負担する金額が100億円を超えない場合であっても、下記の「PayPayで開催」キャンペーンと「Yahoo! JAPANとの共同開催」キャンペーンについては、期間を変更して早期に終了することがあります。その場合は本サイトにて事前告知を行います。』
との記載があるので、あまりに盛り上がらなかったり、LINEPAY等のキャンペーンに押されるようであれば、一度引っ込めるかもしれません。
ただ、その場合はよりパワーアップして帰ってきそうですが笑

消費者的にはキャンペーン合戦でより全体がお得になるのは歓迎です。

当面はファミマのご飯を無料で満喫したいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

現在勤務している会社には退職金制度がありません。

そのため、仮に定年まで勤めたとしても、退職時に一括で退職金が払われるということはありません。

よく、ネット上にはFPの方に今後のマネープランを相談するようなコラムがありますが、そこでも退職金が出る前提で書かれていることが多いです。
なので読んでいてもその部分は参考になりません笑

ただ世の中のベンチャー企業に勤める方にとっては、退職金がない方が一般的ではないかなと思います。
自分も退職金制度がない会社は2社目なので、今の会社に特に違和感はありません。

2000年代は確定給付年金制度が、企業の財政状態を圧迫することもあり、徐々に確定拠出型の年金に切り替える企業が増えました。
また、今ではidecoがあるため、退職金制度がない会社に勤務している方はこちらに加入することができます。

私も現在はidecoで毎月積み立てを行なっています。
月額2.3万円で、年額にすると27.6万円です。35歳の時に始めたので積立可能な金額は、
27.6万円✖️25年=690万円になります。
これが運用により増えていくといいのですが。

ただ副次的な効果として、年末調整や確定申告を行うことで各年度の所得税、住民税が減額されます。
私の所得税率が10%だと仮定すると、住民税率も10%なので20%分の効果があります。
金額にすると、
690万円✖️20%=138万円になります。
先ほどの690万円と合わせると、828万円になります。
運用成績と各月の手数料を考慮しないとこの数値が見込まれます。
大企業勤務の大卒の方の退職金に比べると少ないですが、自己責任で用意ができるというのはとても良いですね。

これから同世代が退職金を手にするまでには、大体30年程度でしょうか。
定年が65歳とすると28年後、70歳とすると33年後になります。かなり気の遠くなる話ですが。

この頃までに、現在の退職金制度もある程度変化しているかもしれません。
ここのところ退職金が以前と比べ減っているというイメージがあったので、探してみたところこちらの資料がありました。

<参考 定年退職金の推移>
https://honkawa2.sakura.ne.jp/3328.html

20年前と比べると大卒で1,000万円以上も減少しています。
このトレンドが継続するかはわからないですが、少なくとも20年前の水準に戻っていく確率はかなり低い気がします。
2017年の水準から横ばいもしくはトレンド変わらず逓減していく可能性が高いかと。
もちろん2%を超える物価上昇が継続すればこの辺りにも波及してきそうですが。

何が言いたいかというと、退職金がいくらもらえるかが不透明である以上、最初から支給されないとわかっていた方が対策が立てやすいということです。
例えば自分が退職金の出る会社にいて、50歳すぎてから退職金の大幅な減額があったら、なかなか対応できないと思います。
もちろん退職金もらえた方が嬉しいですし、もらえない人間の負け惜しみなんですが笑

人間不確実なものに身を委ねるというのは結構なストレスで、住宅ローンのボーナス払いとかは同じような感覚です。
今の20代の人にはボーナスがカットされたこととか無いと思いますが。
ボーナスというのは簡単に変動しますからね。

会社からの退職金がない以上、idecoやその他投資・貯蓄によってその部分を賄っていかないといけません。

ということで、引き続き資産運用を継続していきたいと思います。

昨年末から米国株への投資をメインに行っていますが、直近で米国株の上昇速度が速すぎて、追加で投資していくタイミングが掴めずにいます。
この辺りも一度検討を行ってみたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

前回の続き的なエントリーです。

申し訳ないのですが、今回は株や投資信託、ETFのお話は出てきません。

それでも問題無いよ、という方はご覧ください。
ちなみに今回は共用部も入っています。といっても、私の住んでいるマンションはほとんど共用施設がないのですが、専有部に限定すると数が少なくなってしまうための苦肉の策です。

まぁ無理に5つ紹介する必要もないんですが、前回が5つだったので。

前回の記事はこちら↓から
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/15149223.html


今回も第5位から発表していきたいと思います。




では早速!




第5位はレンタサイクルです!

これは、マンション全体としての設置物になりますが、電動自転車が4台置いてあり、住民は空いていればレンタルが可能です。宅配ボックスと連動したレンタルシステムとなっており使い方も簡単です。
我が家は1台電動自転車があるのですが、引っ越してきた当初はありませんでした。また、このマンションのレンタサイクルで電動自転車の良さを知って購入した部分もあります。
メリットとしては、無料で電動自転車が使える点ですね。一定の時間制限はありますが。
デメリットは好きな時に使えないことです。台数に限りがあるので、土日や保育園の送迎の時間帯によく全台出払っています。





続いて第4位!





4位は浴室暖房乾燥機です!


夏・冬共に活躍しています。
主に使用している機能は、暖房、乾燥、ミストサウナですかね。
冬場はお風呂場も寒いので事前に暖房をつけておくととても暖かいので、子供達の風邪予防にも一役買っていると思います。また、外の天気が悪かったりすると衣類乾燥もよくつかいます。特に梅雨時はいつ晴れるかわからない状態が長く続くので重宝しています。特に保育園用の急ぎの洗濯物は乾かす時間もないことが多いので助かっています!
ここまで書いてきたのがメリットですね。
一方のデメリットとしては、やはりコスト面でしょうか。ガス代の中に含まれて請求されてくるのですが、浴室にかかる分がいくらわかりません。
ちなみに冬場はかなり高い月もあり電気代は余裕で超えます。





3位は24時間利用可能ゴミ置場です!

レンタサイクルと同様に、専有部ではなく共用部分としての設備ですね。
そのまんまですが、24時間ゴミ捨て可能です。
基本的に一人暮らしの時を含めて、今まで住んだ家には全てこの機能が付いていたのであって当然という感覚なのですが、実家に帰ると、「燃えるゴミは何曜日で〜」とか「早い時間に出すとカラスが〜」とかいう話になるので、やはり恵まれているんだなと。
こちらについては特に思いつくデメリットはありません。
特に子供が小さいと汚物がすぐに溜まるので、いつでもゴミを捨てられるというのは本当にありがたいですね!





続いて、第2位は!!




2位は温水式床暖房です!


ガスを動力源とする床暖房です。我が家ではリビングについていますが、冬場に足元から暖めてくれるので重宝しています。エアコンと違って湿度が下がらない点がとても良いです。部屋全体を一気に温めるにはエアコンの方が優れてるかなと思いますが。
冬場は特に乾燥対策に気を使うので、湿度を保ったまま暖かくできるのは助かります。
デメリットはやはりコスト面でしょうか。こちらもいくらかかってるかよくわかっていません泣
浴室暖房乾燥機とのコンボで、冬場は結構な金額になります。
あとは、家を買ってから後付けできない点でしょうか。大金を積めばできるかもしれませんが。







さて、栄えある第1位は!




ディスポーザーです!!

なんだろ、日本語にすると生ごみ処理機ですかね??ディスポーザーで十分通じると思いますが。
いやー、ほんとになんでも処理してくれるんですよねー。今の家に住むまで使ったことなかったので、半信半疑でしたがかなり助かっています。
難点は音が大きい点と、こまめに掃除が必要な点でしょうか。とはいえ、音がするのも大体40秒くらいですし、掃除も毎日する必要はないのでそこまで手間ではないです。
子供達も最初は音に驚いていましたが、ゴミを無くしてくれるものだと理解したようで、上の子はやってーとおねだりしてくることもあります。
確かにさっきまであった生ゴミが1分も経たずに消えるんだから興味が湧きますよね。


ということで、マンションの便利な商品、サービスを紹介してみました。

ランク外だったものとしては、
・宅配ボックス

でしょうか。

我が家はあまり通販で買い物しないので、そんなに使う機会がないんですよね。
あると便利だなーとは思いますが。

と、今回も資産運用と関係ない話で終わってしまいました。
投資先からいくつか配当の入金もあったので、この辺りはまた週末にでもまとめたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ