すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

いつもイオンラウンジにお世話になっている我が家にとって、とても気になるニュースがありました。


大混雑の「イオンラウンジ」、社長が利用基準の変更に言及
https://media.moneyforward.com/articles/3074

以下、主要なところを引用させていただきますと、株主総会において、下記のようなやり取りがあってようです。
同社の店舗を頻繁に利用するユーザーにとって関心が高いと思われるのは、「イオンラウンジ」に関するやり取りでしょう。このラウンジはイオンの大型店舗に設置されていて、買い物の合間にフリードリンクや試供品のお菓子を食べながら、休憩できるという施設。常連客に大人気で、休日には30分以上の待ち時間が発生する店舗もあるようです。今回の株主総会で質問に立った株主は、こうしたラウンジの混雑状況に関して改善策を要望しました。これを受け、イオンラウンジの発案者でもある岡田社長は「30年間で株主数がとんでもなく増え、たくさんの方に利用していただいています。本年中に、株主のためのものか、お得意様のためのものか、どちらかにせざるをえない」と言及しました。
我が家がよく行く近所のイオンでは、待ったとしても5分程度ですが、中には30分以上待つようなとこもあるんですねー。
さらに引用続けますが、現在の利用基準は下記の通りです。
現在、イオンラウンジを利用できるのは、
(1)イオンカードで年間100万円以上の買い物をした人に発行される「イオンゴールドカード」の保有者
(2)イオンカードを系列店舗で年間40万円以上利用した人に発行される「イオンラウンジ会員証」の保有者
(3)イオンの株主に発行される「イオンオーナーズカード」(イオン北海道、イオン九州も個社ごとで発行)
という3種類のカード保有者。1枚のカードで最大4席まで利用できます。岡田社長の説明では、(1)もしくは(2)の該当者か、(3)の該当者か、どちらかにラウンジの利用を限定する方向で検討を進めていることが読み取れます。


うーん、どう考えても駆逐されるのは株主ですよねー。
株主も大事ですが、どちらがより重要か?と言われたら、イオンに直接または間接的に利益をもたらしてくれるお得意様、ということになろうかと。 そうすると株主優待が改悪されることになりますが、どのレベル感になるかなー、というのを自分なりにいくつか思いついたものを書き出してみました。
以下は、全て株主優待としてのラウンジ利用がどうなるか?についての意見で、ゴールドカード保有の方等の条件は変わらない前提です。

①株主優待としてのラウンジ利用廃止 →これが自分にとって一番嫌なパターンですね。。。 子供もラウンジ大好きなので、行けなくなるとなんと言われるか。とはいえ、このために今からイオンカード作るのも嫌だし。

②必要株数を100株→200株or500株とかに変更する →これもあまり嬉しくない変更ですが①よりは許容できるかなと。おそらく100株なんで対象者が多いですが、必要株式数を増やすと買いましてまで行きたいという人は、そこまで多くないのではないか?と。 200株ならまだしも500株になったら、厳しいかなー。 ただ、オーナーズカードはラウンジに入るためだけのものではないので、同じオーナーズカード保持者でもラウンジに入れたり、入れなかったり、というのはややこしいですね。 色を変えるとかすればいいのか?

③利用回数に制限を設ける →月間5回までの利用に制限するとか。混雑しているのが土日なら土日は利用できないとか、土日は月に2回までとか。

④お得意様との優劣をつける →岡田社長の発言を見ると、株主優待として利用されている方が圧倒的に多いのでは?と思います。 なので、列を2つも受けてゴールドカードの方は株主優待の方に対して優先して入場できると。

もちろん、上記に含まれない方策かもしれませんが、いずれにせよ株主優待としては改悪の方向ですかねー。
この辺りは引き続き情報を収集していきたいと思います!

ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

先々週の土曜日、久しぶりに投資家のオフ会に参加してきました。(第6回 投資オフちば会)

主催者であるnantesさんによるちば会の記事はこちら
http://nantes20xx.com/post-12684/

また、もう1名出席されていたブロガー とむさんによる記事はこちら
http://tom-unyou.seesaa.net/article/465770981.html

いつもどおり、楽しい会でした!
で、今回やや異なっていたのは、とむさんがご自身の投資歴やポートフォリオ等をまとめてきてくださり、それを元にお話ししていただきました。

最近日本だけでなく、世界的に株式市場は不安定な値動きをしていますが、みなさん淡々と積立を継続されているようでした。
今回は比較的投資歴の浅い女性の方もいらっしゃっていましたが、色々な投資に浮気せず決めたインデックスにコツコツと投資されている印象で、私より投資成績が良さそうでした。
私の場合自分でガチャガチャやりすぎて、結局トータルするとインデックスに負けてますからね。。。

私は千葉会には毎回参加させていただいていますが、やはり周りに投資の話をできる人がいないので、こういう場を設けていただけるのはとてもありがたいです。

あっという間に、5月も終わりが近づき、気がつけば2019年の折り返し地点が近づいてきました。
まだ、令和という新元号にも慣れていない状態ですが。
引き続きコツコツと資産運用を継続していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

前回は、2度目の訪問のライフプランニング部分まででした。

簡単にまとめると、デベロッパーからの独立性は担保されていつつも、試算内容にはやや不足している点がある印象でした。

2回目の訪問では、ライフプランニング以外にも、現住居の売却査定と、周辺中古相場の話が残っていますので、まずはそこから。

現住居の売却査定については、買値の100%~110%程度という査定結果でした。
買値の110%で、まずは売り出してみて、105%位まで下げれば成約する可能性が高いと。
少なくとも買値と同値まで下げれば、ほぼ間違いなく売れるでしょう。という結果でした。
すでに丸4年以上住んでいるので、買値以上で売れそうという結果自体は悪くないと思うのですが、如何せん今回のマンションは坪単価で1.7倍程度まで上昇しています。
今あるマンションが買値で売却できても、新しく買うマンションは1.7倍、となるとなかなか厳しいものがありますね。
マンションの残債は買値の90%程度まで返済が進んでいるので、買値で売れれば仲介手数料や税金を加味しても、少しは手元に残りそうです。
その確認ができたのは、今回の売却査定をやって良かった点ですね。

ちなみに、もう一つの周辺相場のほうは、案の定というか出てきませんでした。
こちらから、『前回仰っていた周辺の中古相場はどのマンションの分をご用意いただけたのですか?』と伺ったところ、『システムの故障で現在出せない状態なんです。』とのこと。。。
まぁ、次回確実にモデルルームに来るように、いろいろと用意するといったのかもしれませんが、ちょっとお粗末な対応だな、という印象が残りました。

そして、ライフプランニングの詳細資料を持ってきていただける3回目は、妻と一緒に参加しました。
3回目は驚くほどあっさりしていました。
知りたかった売却にかかる税制については、すこーしだけ触れてくれましたが、詳細は税理士に確認してください。とのこと。。。
まぁしょうがないといえばしょうがないですが。税理士以外は税務関連のアドバイスとかできないですからね。

ライフプランニング結果も、2回目に色々と保険のお話も含めてしていただくといわれていましたが、特に具体的な提案もなく、また、試算したライフプランのデータも紙もいただけませんでした。
私が保険に加入しなさそうな空気を出してしまったのでしょうか?

ということで、今回のモデルルーム訪問記は以上になります。

今の家を売っても残債が残るような状態にはならなさそう、というのが分かったのが良かった点でしょうか。
ライフプランの試算内容がやや消化不良だったので、その後自分で試算できるサイト等ないかなーとネットでいろいろと検索していたら、良さげなのがありました。

Financial Teacher System 6
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト
https://financial-teacher.net/

無料で利用できますし、自分のデータが保存できるのである程度経過した時点で見直すことも可能です。加えて、エクセルでデータを出せるので、例えば、1年毎など決まったタイミングで更新して記録を残していくことも可能です。
年金計算や、死亡した場合の遺族の公的年金等の情報もシミュレートしてくれますし、かなりかゆいところに手が届くソフトです。

ある程度ライフプランニングの知識がある方にはおすすめです。

家が狭いからと言って、簡単に買い替えるのは現実的でないな、と思い知らされた今回のモデルルーム訪問でしたが、今思えばある程度安い時期に家を購入することができたのは自分にとって良かったと考えて、買い替えという選択肢は当面頭の中から消そうと思います。

引き続き、高配当株を中心に資産運用を継続していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ