すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

少し前の話になってしまいますが、「就学前教育(保育・幼児教育)の無償化」というのが話題になりました。
実際に家計に与える影響はどの程度あるのでしょうか??

幼児教育無償化の概要

幼児教育の無償化、という単語をよく耳にしますが、いつから、誰を対象に無償化が実施されるのでしょうか??
情報は下記のサイトのものをまとめています。
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kodomo_mushouka/pdf/h300531_houkoku.pdf

上記資料の(4)実施時期に記載のとおり、当初は2020年4月から全面的に実施することとされていましたが、消費税が2019年10月から引き上げられることに伴い、
2019年10月から全面的に無償化措置を実施することを検討すべき
と記載されています。

認可・認可外を問わず3歳児(年少)~5歳児(年長)までは、保育料を無償化するとのことです。0歳児~2歳児については、住民税非課税世帯の子供について無償化の対象になります。

これらの財源としては、消費税増税により賄う考えのようですから、子供がいない世帯若しくは子育てが終わっている世帯からすると不平等に感じられるかもしれません。世間の声は色々あるかと思いますが、我が家としては、ちょうど対象となる子供を抱えているので、ありがたいなという気持ちしかありません。


我が家の場合は?

我が家は、現在3歳児クラスと1歳児クラスの子供がいます。2019年4月からは、4歳児クラスと2歳児クラスになります。
そのため我が家の場合だと、上の子は2019年10月からの1年半、下の子は2020年4月から3年間、無償化の恩恵にあずかることが出来そうです。
今後の自分の所得推移によっては変動があるものの、直近の所得に基づいて試算した際に、上の子の1年半と下の子の3年間で約100万円の保育料がかかる見込みであったため、この金額が丸々浮くことになります。これはありがたい!

その一方で消費税が10%に増税されるわけですから、家計への負担はどんどん増えていくことが想定されます。この浮いた分を丸々散財しないようにしなければと思います。
まだ具体的な使途は決まっていませんが、子供の習い事等、子供のために使用することになると思います(そうでないと本制度の趣旨にそぐわないですよね)。

今回は消費税増税の延期はなさそうですよね。その分、それを使用して国民に還元されている、利便性が上がるといった部分で、今回の幼児教育無償化の話が出てきていると思います。
実際には、これらの政策によって日本全体の出生率が上昇する、という結果につなげていかなければいけないんだと思いますが、一市民としては小難しいことはさておき、このありがたい制度の恩恵を受けて、子供への教育をより手厚くしていきたいと考えています。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング








社会人になってから、不定期ですが500円玉貯金をしています。
この方法は、とてもシンプルなので、現在取り組んでいる方、過去に取り組んでいた方がたくさんいらっしゃるかと思います。

私は、独身時代はかなりムラがありましたが、結婚してからはすっかり習慣化したので、帰宅して500円玉があると貯金箱に入れるようにしています。

500円玉貯金って貯まるの??実績推移

実際に結婚前も結婚後も、少しずつではありますが、着実に貯まっています。
口座に預け入れるタイミングによって金額は変動することになりますが、ここ最近の500円玉貯金による貯蓄額の推移は下記の通りです。

2013年 47,500円 入金回数1回
2014年 44,000円 入金回数1回
2015年 83,500円 入金回数2回
2016年 70,000円 入金回数2回
2017年 80,000円 入金回数2回
2018年 42,000円 入金回数1回

2018年は8月時点での実績ですが、入金したのが今月なので今年はもうこれで終わりかな。

2013年からの6年間で、
合計 367,000円
入金回数 9回
年あたり貯金額 61,166円
1回あたり入金額 40,777円

となりました。
1年あたり61,166円なので、500円玉の枚数にすると、122枚ですね。
ちょうど3日に1枚のペースです。
このペースが早いか遅いかは、判断の分かれるところかと思いますが、無理なく使用しているとこのペースになりました。

500円玉貯金のメリット

①手軽に始められる
→個人的にはこれが一番かなと思います。
思い立ったその日から始められる、準備がいらないというのはいいですよね。
貯金箱がないから始められないという方がいらっしゃるかもしれませんが、入れ物はなんでもいいと思います。我が家は小ぶりな貯金箱があったのでそれを使用していますが、保管できる箱があれば、クッキーの缶でも、ペットボトルを切って自作してもいいと思います。貯金するために、お金使って貯金箱を買うというのは本末転倒な気がしますよね。

②効果が感じられる
→貯まってくるとどんどん重くなってくるので、持っただけで、貯まっている実感があります。
普段は500円玉を投入するばかりであまり持ち上げる機会はないと思いますが、たまに持ち上げると、ズシっとくる手応えが嬉しくなります。

③節約意識が働く
→例えばご飯を買う際に550円のものと480円のものがあったら、480円のものを選ぶようになったり。
まぁ、自分は食べたいものが550円の方だったら迷わずそちらを選んでしまいますが笑
500円玉をもらうことを意識するので、800円のものを買う時も、もし手持ちに300円あれば1,300円払うようになります。これは、節約意識というよりは頭の体操ですね。

500円玉貯金のデメリット

①使わないと貯まらない
→お札を使用した時にお釣りとしてもらうケースが圧倒的に多いため、不必要な出費が増える可能性があります。
500円玉貯金のために、「コンビニに寄って500円玉作ってこよう!」となったら意味がありません。

②電子マネーを使う方が得なケースが多い
→これは、最近特に顕著ですが電子マネーを使える場所がどんどん拡大しています。そして、電子マネーは使用時や、特定のクレジットカードからのチャージ時にポイントがつくことがありますが、現金払いだとこれらのポイントが得られません。

③金利がつかない
→500円玉貯金といっても、実際にはタンス預金と同じなので貯まっている分について利息がつきません。
ただ、現在は低金利なので預金してても大差はないかもしれません。ただ、それであれば積立投資に回す等他の方法が考えられます。

④入金するのが面倒
→これは、実際に入金に行って感じたのですが、最近のATMって、硬貨の預け入れ口が大きく開かないタイプがあるんですね!結局窓口で入金しましたが、いい年した大人が硬貨を大量に持って窓口で手続きするのは恥ずかしいものがあります。

⑤簡単に使用できてしまう
→これは当てはまる人は500円玉貯金に限らず使ってしまうかもしれませんが。中でも壊さなくても開けられるタイプの貯金箱だと開けるのがより容易なため、使用してしまう危険性が高くなります。


なぜ続けるのか?

書き出してみたらデメリットの方が多くなってしまいましたね。
とはいえ、自分の中では習慣化しているので、無理なく自然と実行できています。
無リスク資産の積み上げに役立つと思うので、今後も続けていきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

前回の記事で書いた大負け銘柄ですが、その後の顛末はどうなったでしょうか。

大負け株を売らなかった

投資を開始したのが、2006年頃ですが、2008年のリーマンショックで投資への意欲がすっかり失われてしまったため、2010年から2014年頃までは完全に放置していました。
この間に、前回話にでたダヴィンチ・アドバイザーズやJALなどは上場廃止になり持ち株は紙くずになってしまいました。とはいえ、株券を持っているわけではないので紙くずすら手元には残らないんですが。

ただ、いちごHD(旧アセット・マネジャーズ)と東京電力は上場を継続していたため、証券口座内に保有していました。その時点での含み損は約50万程度ありました。
途中で損切りできていればもう少し含み損が少なくなっていたかもしれませんが、再開した段階でここまで含み損が拡大してしまっていたので、やむを得ません。
結果としては、この大負け株を売らずにとっておいたことで、後々の税金が安くなりました。

他銘柄の売却益と相殺する

2014年以降は、株式市場が右肩上がりだったこともあり、2014年から2017年は自分の投資成績も毎年プラスで推移することが出来ました。

私の証券口座は、特定口座(源泉徴収あり)となっているため、毎年1月1日から12月31日までの損益は自動的に計算され、売却益が出ていれば自動的に徴税されます。徴収されるのは売却益の約20%。
株式の売却益は実際に売却し確定した損益のみが税金計算の対象となり、同一年度の売却益と売却損は合算されます。
なので、年末が近づいたタイミングで、その年の利益を超えない金額で含み損の銘柄を売却し、損失を実現させることでその年の売却益を減少させることが出来ます。
損失の方が超過した場合は、確定申告を行うことで繰り越すことが出来ますが、その手続きの手間を考慮して、私は確定している売却益の範囲内で売却損を計上していきました。

また、東京電力は100株しか保有していませんでしたが、取得単価が4,000円を超えていたため、含み損が35万円程度ありました。この場合に、年度の利益が20万円だった場合に、保有している100株を売却すると売却損が超過してしまいます。確定申告しないと次年度に繰り越せません。

どうするか?

私の場合は、1単元購入をしてから売却を行いました。
例としては下記のとおりです(購入手数料、売却手数料は無視します)。

東京電力株
当初      100株
取得時単価  4,200円
現在単価    400円

100株 400円で追加購入をすると

保有株数    200株
取得時単価  2,300円⇒(4,200円+400円)÷2

これを100株 400円で売却すると、

(400円-2,300円)×100株=190,000円(売却損)

となります。
株式は株式の購入毎の単価は保持されず、購入の都度移動平均法によって、単価が修正されていきます。そのため、安い価格で購入すると単価が下がるため、売却金額も下がることになり、分割して損失を計上することが出来ます。
これによって、累計50万円の含み損失は売却益と相殺することで、50万円×20%=10万円の節税になりました。

もちろん、損失を計上しないことが一番ではあるものの、損失を抱えてしまった場合でも少しでもリカバーする方法はあります。
損する場合も最小限に留めるようにしたいですね。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ