2018年の12月度は大変厳しい市場環境だったと思います。
連日底が抜けたように下がっていきました。
私はというと、日本株について数銘柄は11月、12月で売却していましたが、メインどころはそのまま保有を継続し、かつ、少しずつ買い増していましたので、この下落の直撃を食らっています。

また、外国株についても、11月下旬に新規で買い付けを行って以降、12月も買い付けを行っていたため、こちらも直撃を食らいました。。。

そんな12月度の運用実績及び年間の運用実績を記録したいと思います。

今回は、ウェルスナビ、ideco、全体についてまとめて本記事で記録します。
まずはウェルスナビから。
2018年12月度 ウェルスナビ残高キャプチャ

かなり赤字の比率が大きくなっています。辛うじてヒト桁マイナスで済んでいるといった所。

ウェルスナビの残高推移のグラフは下記のとおりです。
2018年12月度 ウェルスナビ残高推移 グラフ

比較的順調に推移してきていましたが、10月と12月に大きく減らしていますね。

そして上記グラフの数値情報はこちらです。
2018年12月度 ウェルスナビ 残高推移 数値


備忘のため、今年1年の日経平均とNYダウのチャートを貼っておきます。
まずは日経平均から
2018年 日経平均チャート

やはり、10月、12月で大きく下がっています。

次にNYダウ
2018年 NYダウチャート

こちらも、10月、12月で大きく下がっています。

続いて、idecoの残高になります。

2018年12月度 ideco残高キャプチャ

主力は全て赤字ですね。。。
ひふみが今後復活することはあるのだろうか。idecoでは税金がかからない代わりに損益通算もできないので、あまり損切りしたくないというのが本音です。

こちらが残高推移。

2018年12月度 ideco残高推移 グラフ


個別の数値の推移はこちらです。

2018年12月度 ideco残高推移 数値


来年度以降のことはまだ検討中ではあるものの、ウェルスナビとidecoの具体的な運用成績の開示は今回で終わりにしようかなと考えています。

最後に、2018年度のリスク資産残高推移になります。

2018年12月度 リスク資産残高推移


11月より12月の方が増えていますが、これは大量に入金したことによるもので、12月だけで40万近くマイナスになっています。
こちらも、来年以降は金額ではなく、増減率での評価にしようと考えています。

年内にあと1記事なんとかアップして、2018年を終わりにしたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング