現在東京都内に住んでいます。

4年ほど前に新築のマンションを購入したのですが、よくある板状のマンションです。
家の近くにはタワーマンションが複数あり、中古タワーマンションのチラシがよく入ってきます。

近隣のタワーマンションは築5年以上経過していますが、中古マーケットではかなり売り出しも多く、成約事例も増えているようです。

タワーマンションには、コンシェルジュがおり、ゲストルーム、キッズルーム、ライブラリー、バー等共用施設が充実していますよね。

最近のタワーマンションはコミュニティの形成にも力を入れていたりしますし、眺望や共用施設の面以外でも居住するメリットがあると感じます。もちろん、ランドマーク的なタワーマンションであればステータスとして誇ることもできます。

タワーマンションに住むと健康を害するとか、エレベーターの待ちが長いとか、高層階の住人に蔑まれるとか、タワーマンションのネガティブな噂も見聞きしますが、タワマンに住んでいる知人に聞く限りとても快適なようで、自分も住めるものならタワマンに住みたいな、と考えています。

そんなタワーマンションになぜ住まないかといえば、単純に価格が高いからです。
身もふたもない話ではありますが。

もちろん、タワーマンションと板状のマンションは単純に比較できないですが、ほぼほぼ同じ立地にあったとして、タワーマンションの方が高いというのは理解できます。

あまり、一般化しやすい事例ではないのですが、近隣の例を取ると、

築10年程度の板状の中古マンション
70㎡で、約4,500万円

築10年程度の中古タワーマンション
70㎡で、約5,500万円

といった価格で販売されています。

4,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約117,000円になります。

同じく、5,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約143,000円になります。

なので、月々にすると26,000円の差です。

また、管理費や修繕積立金(以下、管理費等と表記します。)もタワーマンションの方が高いことが多く、これも近隣物件の数値になりますが、
上記設例の板状マンション→管理費等 17,000円/月
上記設例のタワーマンション→管理費等 41,000円/月
と、24,000円の差になります。

なので、ローン返済額と合わせると、月額で約5万円の差に!

マンションの購入価格の差と同じ分くらい、35年でランニングコストの差も積み上がっていくんですよね。
もちろん、もっと管理費等が安いタワーマンションもあると思いますが、いずれにせよ共用施設が多いとランニングコストが高くなります。

知り合いがいると、タワーマンションのゲストルームに呼ばれる機会もあるし、自分で所有しなくてもいいかな?と感じています。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング