毎度タイミングが少し遅いのですが、4月度の売買記録を残したいと思います。

4月度の買付は1回のみでした。

前回の月次運用実績報告の中でも記載しましたが、購入したのはVOD(ボーダフォン)です。

英国株でありADRの銘柄になります。
現状の株価だと配当利回りが9%を超えているというのが、購入した理由です。
かなり単純ですが笑

買付詳細は↓のとおりです。

190424 VOD買付


数年前は$40近くあった株価が今では$18前後と、株価は高値から50%超下がっています。
その一方、配当は年間で$1.7程度あります。通信株としては既にAT&Tを保有していますが、安定的な稼ぎがある一方で、5G関連の投資負担が重いためこちらも株価は低空飛行を続けています。
そのため、減配のリスクがあると思う一方で、社会的なインフラであるため会社が潰れることは無いと考えています。減配したとしてもいきなり無配というのは考えづらく、最大でも半額までかなと考えています。その場合でも利回りが4%超となるため、現状の株価であれば投資対象になると考えました。

そもそも投資額自体がそこまで大きくは無いので、下がれば少しずつ買い増していこうと考えています。

6月上旬を権利落ち日として、8月上旬に配当が支払われます。
NGG(ナショナル・グリッド)と同様に、年2回の配当支払いで、その配当は均等ではなく、年後半の支払の方に偏っています。VODの場合は、支払日は2月と8月ですが、1株当たりの配当金は8月支払の方が$1.0~$1.2、2月支払の方が$0.5~$0.6で直近3年程度は推移しています。
この水準で今後も支払われることになれば、配当利回りが約9%にもなるため、税引き後で考えると約15年程度で投資元本が回収できます。
(年数についてVODはADRのため、二重課税が無いので額面の80%が手取りとして計算)

高配当銘柄に手を出していくと、いつかは減配の憂き目にあうとある程度の覚悟はしています。
保有銘柄のうち、最初の減配を引くのはどの銘柄か?現時点では一番直近で購入した銘柄ではあるものの、このVODが筆頭な気がしています笑

ちなみに、投資方針はざっくりと年始の段階で定めていますが、保有株が減配した場合に手放すか否か?という基準は特に定めていません。この辺りは今後の検討課題と言えそうです。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング