すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

2018年08月

表題の通り、ウェルスナビの預かり資産残高が、1,000億円を突破しました。

ウェルスナビのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000014586.html

プレスリリースを見ると、預かり資産残高が1,000億円・口座数が13万件となっているので、1口座あたりの平均残高は80万弱位ですね。

ウェルスナビに継続して投資をするために

ウェルスナビについては預かり資産残高の増加というのが、ウェルスナビを黒字にするためのほぼ唯一の方法だと思うので、現在のように100億円単位でプレスリリースがあるととても安心できます。

ウェルスナビに継続して投資をしていくためには、ウェルスナビ自体が黒字化し、上場することが必要と考えているためです。

1,000億円という節目を超え、これからどのようにプレスリリースをしていくか、という点も注目しています。
これからも100億円単位で、継続的にプレスリリースしていくのか、今後は500億円、1,000億円といった単位でプレスリリースをしていくのか。

個人的には、非上場の間は100億円単位でのプレスリリースを継続してほしいなと思いますが、どうなることか。
次のリリースが1,100億円を超えた時になされれば、当面は100億刻みで継続と言えそうですが。

満足感と不安感と

ウェルスナビの運用成績については別途記事にしようと思いますが、投資開始から1年半近く経過し、開始した時期が良かったのか、ほとんどマイナスになる時期もなく、ずっとプラスで推移しています。
とても安定しており、手間もかからずとても満足しています。

一方で、主として米国株を中心として、各種指標は右肩上がりで推移しています。
積立投資は下げ相場の際には購入口数を増やすことができますが、上げ相場の際には購入口数がどんどん減っていきます。
今後トレンドが転換するのではないかと考えると不安です。

積立投資の効果を説明する際に、ドルコスト平均法がメリットとしてあげられます。
一定額を継続的に投資することで、価格下落時に口数を多く取得できるため価格変動に対応できます。

この説明の際によく見かける図なのですが、投資時を100とすると、一度80まで下がって、100まで数値が戻ったとすると、下がった80の時に口数を多く買えるため100に戻った時には利益が出ていると。

この説明自体にケチをつけるつもりはありませんが、逆もまた真なりで、投資時を100として、一度120まで上がってから100まで数値が戻ったとすると、上がった120の時に口数を少なくしか買えないため100に戻った時には損失が出ることになります。

とはいえ、今後多少の景気変動、各種指標の大幅な下落があったとしても、全世界的な継続的成長を信じて、積立を続けるのみですが。

今、日経が約23,000円、NYダウが約26,000ドルです。
10年後に、『10年前はこんな安値だったのか!』と思うか、『10年前はこんな高値だったのか!』と思うか、答え合わせは10年後ですね。

ちなみに、今から10年前、2008年の日経平均年末終値は、8,859.56円です。
リーマンショックがあった年だったので、株価4桁だったんですね。
NYダウの2008年終値は、8,776.39ドルとこちらも4桁でした。

10年前から投資しておけば!と思う、直近10年ですね。果てさて、今後10年はどうなることやら


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

先日の副収入の記事でも少し触れましたが、現在マクロミルというアンケートサイトを利用しています。

マクロミル
https://monitor.macromill.com/sp/

手軽に稼げるという触れ込みだったので、今年の5月頃に登録してみました。

アンケートサイトは稼げるの??

すごい稼げるか?というとそんなことはないのですが、ノーリスクで着実に増えて行く、という点はとてもいいです。
始めてから3ヶ月程度ですが、1万円を超える稼ぎになっています。
ただ、少し特殊ケースというか、出来すぎかなと感じています。理由は後述。

マクロミルのアンケートは、一番最初に登録したプロフィール情報に基づいて、合致しそうな内容のアンケートが送られてきます。

事前アンケートと本アンケートに分かれており、事前アンケートでアンケート主体の求める内容に合致した人に本アンケートが送付されます。

事前アンケートは、ほとんどポイントが付与されませんが、ここを放棄してしまうとその後の本アンケートが来ないので、事前アンケートをきちんと対応する必要があります。

事前アンケートはWEBアンケートのみですが、本アンケートは、会場調査やインタビュー、サンプル調査等種類が色々とあります。
このうちのインタビューや会場調査にあたると、高単価の報酬をもらえる可能性が高いです。
私はこの会場調査にあたったおかげで、一気に金額が増えました。

条件に合致してさえいれば、専門的な知識も不要なので、手軽に参加できます。
もちろん、時間や場所が自分の希望とあわなければ、参加しなければいいだけですし。

換金するのも500円からなので、換金するためのハードルもさほど高くないです。換金にあたって手数料が取られないのもいいですね。

デメリットはないの?

やっていて、デメリットというか不自由を感じることはほとんどありません。
事前アンケートも結構な数届きますし、ほぼスマホ一つで対応できます。ただ、たまにパソコンでのみ回答可能な問題が来ることがあり、その場合は家のPC で回答しています。

プロフィールやアンケートで、自分の情報を入力することもありますが、これにより不審な電話やダイレクトメールが来た、などということは今のところ一切ないです。マクロミル自体が東証1部に上場しているので、個人情報の取り扱いについては信用しています。

ちなみに会場調査やインタビューに当選すると電話がかかってきますが、これは正式な当選案内なので上記の不審な電話には含めてません。

で、ここまでデメリットないよー、と伝えてきましたが、唯一にして最大のデメリットがあります。

それは、時間効率が極めて悪いことです。

会場調査やインタビューを除けば、時給が1,000円を超えることはないでしょう。200円位かもしれません。なので、あまり月々の安定的な副収入としては、当てにしづらいところがあります。

他にもこんな効果が!

そもそもアンケートサイトは、依頼主がサービスや商品の改善、新規開発のために市場調査をするというケースが多いため、アンケートに答えていると、どのジャンルの会社がこういった市場調査に熱心か、というのがよくわかります。

また、自分のような一市民の意見が、サービスや商品の改善、新規開発に役立っていると思うと、ポイントが貯まるのと同じ位満足感があります。
個人差があるとは思いますが。

時間効率が悪いというのはありますが、世の中の人全てが、空いている時間に稼ぎを得られるわけではないと思うので、手軽な小遣い稼ぎとしてはありだと思います。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

ブログを始めてから1ヶ月ほど経ちました。

今のところ、大体1日1記事のペースで更新してきました。
まぁ、更新といっても、1記事あたり1,000文字ちょっとなので、他のブロガーの方の記事と比べるとかなり薄いのですが。
とはいえ、そんな薄い記事でも毎日更新する中で、ブログ開始前と比べて変わったこと、気づいたこと、感じたことが色々とあるため、これらについて書いていきたいと思います。

ブログを始めての感想は?

①文才がないことを再認識
→他の方のブログを見てると、本当に上手いなあと思うことがよくありますが、自分の文章はなんだかなーと思います。
一応、アップする前にプレビュー画面で自分の記事を確認するんですが、なんかたくさん直す箇所があるんですよね。

②文章を書くのが遅い
→これは記事を書いてる環境にもよる気がするのですが、基本的にはほとんどスマホで更新しています。
理想としては、パソコンで作業する環境・時間が確保できるといいんでしょうけどね。
ただ、スマホでも早くかける方はたくさんいるでしょうし、遅いのは自分の能力・技量によるところだと思います。
効率的なライティング方法は勉強していけば成長できると思うので、今後色々と模索していきたいと思います。

③記事を書くのって結構疲れる
→仕事でメールを打ったり、書類を作成したりしますが、構成を一から考えることってそんなになかったりしませんか?
自分の中でのノウハウが確立されていないということだと思いますが、意外と労力がいります。
しかも、これまでの記事のほとんどは私自身の実体験に基づくものなので、深度のある調査等は行なっていません。
もし、新設された制度や法律に触れるようなのような場合、1記事あたりの時間がかなりかかることになりそうです。

ブログを始めて良かったことは??

感想の方はネガティブなな内容ばかり並んでしまいましたね笑
そうは言ってもいいことだってもちろんあります。

①興味範囲が広がった
→ブログを始めてからは、日々生活する中でこれを記事にしたらどうかな?今まで気にならなかったけど、少し調べてみようかな?と思うことが増えました。
アンテナが高くなったというか、興味を持つ範囲が広がった気がします。

②隙間時間をうまく使えるようになった
→空いた時間にネタを考えたりして、隙間時間に記事を少しずつでも更新する習慣ができました。
そう意味では、ブログを書く時間が増えたことで、何かをする時間が犠牲になっているかというと、そんなことはなさそうです。
今までどれだけ何も考えずに過ごしてきたか、ということを示していますね。。。

③達成感がある
→記事を継続してアップするだけでも達成感があります。たいした内容ではなくても、自分のアウトプットであることには変わりないですからね。


当ブログの今後の目標は?

まだ始めて1ヶ月程度ですが、短期的な目標を書いてみます。

①2ヶ月後も継続していること
→2ヶ月って半端ですが、ブログ開設から3ヶ月経過時点で存続している、ということですね。
1日1記事のペースはどこかのタイミングで落としていくことになると思いますが、継続してブログをつだけていきたいなと思っています!

②ライブドアブログのランキングに載る
→ライブドアブログ の金融・株式カテゴリにエントリしていますが、その中の100位以内に入ってみたいですね。ランキングの仕組みはよくわかっていませんが、継続していけば可能性はあると思っています。
掲載されても、下の方でしょうし、あまりブログの将来には影響しないと思いますが。

②の方は、短期目標ではなさそうですね。まぁ、いっか。

こんな感じでこれからもゆるーく続けていきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

副業・副収入という話を、最近よく耳にします。
給与収入以外にも収入が得られるように、副業をしたりして、収入の入り口を複数作ろう!ということですね。

私が勤めている会社は、申請をして許可が下りれば副業可能となっています。
実際に副業をしている方もいらっしゃいます。
私自身、副業は行っていませんが、我が家はいくつか副収入があります。

サラリーマン世帯のささやかな副収入とは??

一応、金額の大きい順に記載していきます。

①不動産投資
→別記事でも記載しましたが、築古のファミリーマンションを保有しており、これを貸し出しています。
当該不動産にかかるローンはないので、少額ながら毎月キャッシュを産み出してくれています。
あくまで、副業と書かずに副収入としているのは、労力が全くかかっていないからです。あと、事業と呼べる規模でないということもありますが。
関連記事 不動産投資(築古のマンション)

②配当金収入
→2017年は1年間で2万7千円でした。
2018年は7月末時点で2万5千円なので、1年間で見れば、昨年よりは多くなりそうです。金額はいずれも税金控除前。
また、上記の金額は個別株からの配当金のみなので、ウェルスナビの分配金を含めるともう少しだけ増えます。

③株主優待
→特に株主優待目当てにクロス取引をしたりはしていないのですが、保有株の中で優待をくれる会社があります。オリックスやKDDIはカタログギフトをくれます。
関連記事 高配当・優待株②(オリックス)  高配当・優待株③(KDDI)

④ふるさと納税の返礼品
→ふるさと納税はよく節税の手法として取り上げられていますが、実質的に特をするのは返礼品部分なので、これも副収入としてカウントしてもいいかなと思っています。今年はかなりふるさと納税の金額が減りそうですが、いつも年末にまとめて納税しているので今年受け取った返礼品は結構たくさんあります。定期配送のやつにすると冷蔵庫の負担にもなりにくいです。
ふるさと納税については、またどこかで記事にしたいと思います。

⑤覆面調査(ミステリーショッピング)
→これが一番副収入にカウントしていいのか、怪しいのですが。
メインで行っているのは妻です。
以前記事にしている通り、実際に儲けが出るというよりは、実費に近い額が戻ってくるというのが正しいです。使わなければ入ってこないので、副収入とよんでいいものか。
ただ、ほとんど行くのは飲食店です。
仮に店に行かずともご飯は食べるわけで、実際には得してる!ということで、ここでは副収入に含めます。
関連記事 ミステリー

⑥アンケートモニター
→まだ記事にしていないですが、『マクロミル』というアンケートモニターサイトを利用して、空き時間にアンケートの回答を行っています。
ノーリスクで収入になるという点は理想的ですが、金額的にはあまり多額にはなりません。

副収入の今後の目標は?

現時点では明確な目標は無いのですが、副収入(給与以外の収入)が年間100万円を超えるとだいぶ気持ちの余裕が出てくるかなーと思います。
そのためには、現在ある副収入の金額を増やすことと、新たな副収入の道を見つけることのいずれかが必要になりますが、どちらも達成できるように取り組んでいきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

クレジットカードは、多種多様な会社が発行しており、特典もカード毎に様々ありどのカードを使用するか悩ましいですよね。

先にお伝えしておくと、どのカードがお得か?を検証しているわけではなく、現在私が使用しているクレジットカードについて記載していくので、その点ご了承ください。

現在使用しているカード

私が現在使用しているクレジットカードは、

JALカードSuica CLUB-Aカード
になります。

もう加入して10年以上経ちます。
私にとっては初めて保有したクレジットカードなので、とても愛着があります。

このカードに決めたのは大きく2点あり、
①JRの定期券購入でポイントがつく
②社会人になって出張に行くようになったので、マイルの貯まるカードが欲しかった
ためです。

他にも銀行の口座開設時にキャッシュカードと一体になったクレジットカードを作りましたが、クレジットカードとして利用しているのは、このJALカードSuicaのみです。

JALカードSuicaのメリットは??

①Suicaへのチャージで、還元率1.5%!
→個人的なメリットとしては、ほぼこれに尽きるのですが、Suicaへのチャージで1.5%還元されます。還元はJRE pointというJR東日本が運営するポイントを統合して新たにできたポイントになります。
Suicaへのチャージ以外にも、JR東日本の定期券や新幹線のチケット購入でも1.5%還元されます。
ただ、東海道新幹線は、JR東海の窓口で買うと1.5%がつきませんのでご留意下さい。

②マイルが貯まる
→JALカードと名乗っている以上は、当たり前といえば当たり前なのですが。
また、JR東日本と関係ない買い物は全てマイルが付与される形となっており、1年に2回まで、1マイル1円としてSuicaへのチャージを行うことができます。

これ以外にも各種旅行保険が付帯されていたり、Apple Payに対応していたり、オートチャージができたりと細かなメリットも多数あります。

JALカードSuicaのデメリットは??

①カード会社がJCBのみ
→国内だけであればJCBが使えればそこまで不自由はしないのですが、海外で使うとなると、VISA、MASTERにはかないません。
また、国内でも使えない店が稀にあり、利便性という面からは、VISAやMASTERと比べるとやや劣ります。

②年会費がかかる&ゴールドカードではない
→私の持っているCLUB-Aカードは、年会費が10,800円かかります。また、ゴールドカードではないため、空港のラウンジも使用できません。


JALカードSuicaにゴールドカード登場!だけど・・・

先月の話ですが、JALカードSuicaにゴールドカードが登場しました。
http://press.jal.co.jp/ja/release/201807/004789.html

内容を確認してみましたが、年会費が現状よりも増える割には、そんなにメリットがない印象です。
とはいえ、1枚くらいゴールドカードあってもいいかな?という昭和的発想で手続きについて調べてみると、クレジットカードの番号が引き継がないということが判明。
流石に今諸々引き落としとかかけてる先に変更の手続きする気にならないため、結果的に見送ることにしました。

もっと、ゴールドになるメリットがたくさんあればよかったのですが。

今はゴールドカードの保有より、他のクレジットカードに興味があります。ベタですが楽天カードです。す楽天経済圏にドップリ浸かる経済的なメリットはかなりありそうだな、と感じるため、これから色々と調べてみたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ