すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

2019年01月

前回の投資方針でも触れましたが、個別株式への投資のみだとボラティリティが大きいため、比較的配当を重視したETFの買付を行いたいと考えています。

調べれば調べるほど色々と出てきて目移りしてしまうのですが、まずはどんなものがあるのかざっとあげてみたいと思います。


以下に掲載する情報は全て、2019年1月27日(日)19時時点(日本時間)のものです。

また、配当利回りや年間配当金額の情報は、
https://www.dividend.com
を参考に記載しています。


①ティッカーシンボル:VYM
バンガード 米国高配当株式 ETF
Vanguard High Dividend Yield ETF
配当利回り:3.62%
株価:81.59$
年間配当金額:2.96$

一言コメント:一番メジャーな高配当ETF。投資先も400社程度とかなり分散されてる。一番欠点が少なさそうな印象。


②ティッカーシンボル:HDV
iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
iShares High Dividend Equity Fund
配当利回り:3.28%
株価:86.37$
年間配当金額:2.84$

一言コメント:投資先が80社程度で、やや分散の度合いが低い。エネルギーセクターの比率がやや高め。


③ティッカーシンボル:VIG
バンガード 米国増配株式ETF
Vanguard Dividend Appreciation ETF
配当利回り:2.24%
株価:102.94$
年間配当金額:2.31$

一言コメント:現時点で高配当、ではなく増配を続けている銘柄を選択しているETF。そのため現在の利回りはそこまで高くない。投資先は180社程度で分散度合いはまずまず。


④ティッカーシンボル:PFF
iシェアーズ米国優先株式ETF
iShares S&P US Preferred Stock Fund
配当利回り:8.64%
株価:35.79$
年間配当金額:3.09$

一言コメント:優先株が集められており高配当が魅力。金融セクターの比率がとても高いため、300社程度に分散しているもののセクターが集中しているので金融不況時は株価も低迷すると考えられる。

<参考>
⑤ティッカーシンボル:VTI
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
Vanguard Total Stock Market ETF
配当利回り:2.11%
株価:136.47$
年間配当金額:2.88$

⑥ティッカーシンボル:VOO
バンガード S&P500ETF
Vanguard S&P 500 ETF
配当利回り:2.11%
株価:244.32$
年間配当金額:5.16$


と、ここまで書いてきて、dividend.comの配当利回りがおかしいのではないか?
という疑問が。

PFFとか、いくら何でも8%超えていたらもっと話題になっているのでは???

ということで、dividend.comの配当利回りの算出ロジックを確認してみました。

株価が動くと利回りも動いてしまうので、週明け前の段階で8%超えてたよという証拠として、こちらの画像を。
(画像はクリックで大きくなります)

PFF 利回り


DIVIDEND YIELDが配当利回りを指していますが、先週末の段階では8.64%になっています。

こちらの数値は年間予想配当額÷現在の株価で算出されているようです。

ANNUALIZED PAYOUTが年間配当額を示しています。
でPFFにおいては、年間配当額が3.09$となっていますね。

先週末時点の株価が35.79$ですので、
年間配当額 3.09$ ÷ 株価 35.79$ = 8.6337% ≒ 8.64% 
となるので、算定式はおかしくなさそうです。

株価については、マーケットでの時価になるためこの数値がおかしいということもないかと思います。

そうなってくると、年間配当額がどのように算出されているか?
という点が問題となりそうです。

PFFのDividend Historyがこちらになります。
(画像はクリックで大きくなります)

PFF 配当推移


Dividend Historyはそのまんまですが配当金の推移ですね。

Ex-Dividend Date・・・配当権利落ち日
Pay Date・・・配当金支払日

になります。

PFFは毎月配当ですが、6月以降少しずつ配当額が減少しており、直近の配当額が0.2575$とかなり増えています。
過去の推移を見てみると年末にボコっと配当額が増えています。なので、この0.2575$が毎月継続するかというと、そうではなく、割り引いて考える必要がありそうです。

先ほどの年間配当額 3.09$を12で割ると 0.2575$になります。
つまり、直近の配当額である、0.2575$を単純に12倍することで年間配当額を算出していると考えられます。

もう一度Dividend Historyの右側Frequencyを確認すると、Monthとなっています。
Frequencyとは頻度のことなので、配当頻度が月次であることを示しています。
おそらく、配当頻度が月次であれば、直近の配当金額に12を乗じて年間配当額を算出しているものと推定されます。

念のため、VYMでも検証したところ、VYMの年間配当額は2.96$でしたが、
直近の配当額が0.7388$で、FrequencyがQuarter(=四半期)だったので、
0.7388$×4=2.9552$≒2.96$ となりました。

なので、概ね上記の仮説は正しそうです。

米国株式は四半期配当でかつ増配銘柄が多いのでそこまでミスリードはないのかもしれませんが、どんな数値も鵜呑みにせず、おかしいなと思ったものは自分で検証しないといけないですね。

正直、数値だけ見てPFFを買おうかなと思っていました。もちろん上記の算出方法を正しても4〜5%程度の利回りはあるので、高配当なETFだとは思うのですが、直近の配当減少傾向が気になるので少し様子見したいと思います。

今のところはある程度分散できそうな、VYMに投資しようかと考えています。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

今まで、投資方針について文章化したことはありません。
過去から、行きあたりばったりで投資をしてきているなーと感じます。

自分の中で投資に対する熱が高まっている時期にエイヤっと購入する銘柄で損することが多かったです。

最近はかなり減ってきましたが。

本来投資方針というのは、長期的な視点に立って普遍的な内容を定めるべきものかと思うのですが、今まで定めていないこともあり、まずは現時点で今年どのように投資を行っていくかというものを記したいと思います。

年始に目標を立てた際に、2019年の受取配当金15万円(税引前)を目指すと書きました。
この点は特に変わりません。

これを実現するために、現在は米国個別株式への投資を加速しています。
ただ、1月中旬までの成績を見ると、米国個別株式への投資が足を引っ張り、それ以外が穴を埋めるような形となっています。もちろん期間的に短いのでこれだけではなんとも言えないですが。
投資先の分散によってリスク分散ができているという風に考えたいと思います。

2019年大まかな投資方針としては、下記のとおりです。

①既存の積立投資については継続する
→積立投資については、超長期的なスパンで運用する必要があるので金額の積み増しを除いては動かさない方が良いと考えています。ideco内での積立先は少し変更するかもしれませんが。

②国内個別株式については、投資額も大きいので適宜売却し米国株式に振り向ける
→こちらは少し苦肉の策でもありますが、積立投資を継続しつつ、新たに米国株式に振り向けるためには今まで以上に入金が必要になりますが、急に給与収入が増えるわけでもなく、また今ある無リスク資産を大きく減らしてまでリスク資産に大きく振り向けるたいとは考えていないので、現在キャピタルゲイン目的で保有している国内株式を売却することで、米国株式への投資原資とします。

③米国株式については、ETFも含めるようにする。
→米国個別株式に投資して、まだ3ヶ月経っていませんが、投資先は現時点で4銘柄です。
このうち、取得単価と現時点の株価を比較すると、
+10%以上・・・1銘柄
△10%以上・・・3銘柄
と、かなり株価が変動しています。
配当利回りを求めるのは変えないものの、少しポートフォリオを変動幅を抑えるために、個別株式の集合体であるETFも投資先に加えたいと思います。

④一度投資した先へのナンピンは最低3ヶ月あける
→これは過去に国内株で痛い目を見た際に、決めたマイルールですが、これを米国株式にも適用しようと思います。
単価で売却する予定があればこまめに買い下がってもいいですが、長期で保有する場合に、小さなレンジでナンピンしていると大きな下落に対応できなくなってしまうためです。
③に記載した現時点の保有銘柄が下がっているので、既にナンピンしたくなっている自分を自制させる目的もあります笑

⑤損出し以外では売却しない(米国株式のみ)
→長期的な投資を行うために厳禁なのは、細かな売買を繰り返すことだと思います(手数料負けしない単位で継続的に買い増していくのはOK)。
とはいえ年間を通して売却益・配当金が積み上がっていた場合に、手持ちで含み損の銘柄があれば売却取引を行います。それ以外では売却を行わないようにします。
ただ、②に記載の通り、国内株式は今あるものを売却していく方針であるため、この項目は米国株式にのみ適用を行います。

配当利回り◯%以上の銘柄に投資する等の項目も入れようかと思いましたが、あまり制約が多くなるのも銘柄選択が窮屈になってしまうので、大枠としては上記の5項目で今年は進めていきたいと思います。

流石にここまで緩ければ逸脱せずに運用できると思うので、この範囲内で運用を行いながら、自分の投資スタイルを確立していきます。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

現在東京都内に住んでいます。

4年ほど前に新築のマンションを購入したのですが、よくある板状のマンションです。
家の近くにはタワーマンションが複数あり、中古タワーマンションのチラシがよく入ってきます。

近隣のタワーマンションは築5年以上経過していますが、中古マーケットではかなり売り出しも多く、成約事例も増えているようです。

タワーマンションには、コンシェルジュがおり、ゲストルーム、キッズルーム、ライブラリー、バー等共用施設が充実していますよね。

最近のタワーマンションはコミュニティの形成にも力を入れていたりしますし、眺望や共用施設の面以外でも居住するメリットがあると感じます。もちろん、ランドマーク的なタワーマンションであればステータスとして誇ることもできます。

タワーマンションに住むと健康を害するとか、エレベーターの待ちが長いとか、高層階の住人に蔑まれるとか、タワーマンションのネガティブな噂も見聞きしますが、タワマンに住んでいる知人に聞く限りとても快適なようで、自分も住めるものならタワマンに住みたいな、と考えています。

そんなタワーマンションになぜ住まないかといえば、単純に価格が高いからです。
身もふたもない話ではありますが。

もちろん、タワーマンションと板状のマンションは単純に比較できないですが、ほぼほぼ同じ立地にあったとして、タワーマンションの方が高いというのは理解できます。

あまり、一般化しやすい事例ではないのですが、近隣の例を取ると、

築10年程度の板状の中古マンション
70㎡で、約4,500万円

築10年程度の中古タワーマンション
70㎡で、約5,500万円

といった価格で販売されています。

4,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約117,000円になります。

同じく、5,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約143,000円になります。

なので、月々にすると26,000円の差です。

また、管理費や修繕積立金(以下、管理費等と表記します。)もタワーマンションの方が高いことが多く、これも近隣物件の数値になりますが、
上記設例の板状マンション→管理費等 17,000円/月
上記設例のタワーマンション→管理費等 41,000円/月
と、24,000円の差になります。

なので、ローン返済額と合わせると、月額で約5万円の差に!

マンションの購入価格の差と同じ分くらい、35年でランニングコストの差も積み上がっていくんですよね。
もちろん、もっと管理費等が安いタワーマンションもあると思いますが、いずれにせよ共用施設が多いとランニングコストが高くなります。

知り合いがいると、タワーマンションのゲストルームに呼ばれる機会もあるし、自分で所有しなくてもいいかな?と感じています。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

米国株式に投資をするようになって、何銘柄か購入しましたが、結構手数料が高いなと感じています。

また、現在ウェルスナビを使用していますが、こちらの手数料も結構高いな、と感じており今回比較してみたいと思います。

ウェルスナビの手数料については、非常にシンプルで、
資産残高✖️1%
になります。
また、資産残高が3,000万円を超えた部分は0.5%になります。今のペースだと3,000万円に到達することはなさそうですが。。。

仮に、年始に100万円分購入して時価が1円も動かずに年末を迎えて、年末で売却したとすると、年間の手数料は100万円✖️1%=1万円になります。
ウェルスナビの手数料は年率1%ですが、手数料の計算は日々行われているので、年末に残高が無くなったから手数料が発生しないということはありません。当たり前ですが笑

ただ、売買で手数料がかからないというのは、個別株等と異なる点かと思います。

詳細はこちらをご覧ください。
ウェルスナビ よくある質問
「手数料の詳しい計算を教えてください」
https://support.wealthnavi.com/hc/ja/articles/115003609668


自分で個別に購入した場合、まずはドル転するのに為替手数料がかかります。
以下の手数料率は、自分が使用しているSBI住信ネット銀行の手数料率で話を進めますが、1ドル取引をする際に4銭の手数料がかかります。

なので、1ドル100円の時にドル転しようとすると1ドルあたり4銭=0.04円の手数料がかかるので、率に直すと0.04%になります。

実際今は1ドル108円〜109円あたりなので、0.037%くらいですかね。かなり細かいですが。

念のため補足しておくと、SBI住信ネット銀行では2019年3月27日まで、為替手数料が無料になります!!
これはありがたいですね。

F7EFB793-E154-4ACD-A0C8-78A6DA7E43E7


ただこれは時限的なキャンペーンなので今回の検討では考慮しません。

ドル転が終わったら次に証券会社への資金移動になりますが、ここがSBI同士だと手数料はかかりません。

次に銘柄購入の際の手数料になりますが、現在は下記の通りとなります。

1注文あたりの約定代金×0.45%
・最低手数料:5米ドル
・上限手数料:20米ドル

買い付け金額と対比すると、
買い付け金額 1,111ドル未満→5ドル
買い付け金額 1,111〜4,444ドル→購入額の0.45%
買い付け金額 4,444ドル以上→20ドル

なので、手数料負けしないために、1,111ドル以上で購入しているというのは、他の方のブログでも記載がありますね。
もちろん4,444ドル以上になると手数料の比率としては割安になりますが、日本円にすると50万円程度になるので毎回この金額以上を買い付けるというのは現実的ではないです。

実際は1,111ドル〜4,444ドルのレンジ内での買い付けになると考えられるので、ここでは0.45%という数値を使いたいと思います。

そうすると、ドル転及び米国株式の買付手数料は、
0.037%➕0.45%=0.487%となります。

ウェルスナビの例と同様に年末で売却したとすると、購入と同様の手数料がかかるので、0.487%✖️2=0.974%
ということで、ほぼほぼ1%に近いという結論になりました。

購入してから1年後に売却し、手元に円建でキャッシュがある状態を実現するための手数料は、どちらもほぼ1%という結果になりました。

ウェルスナビは、買付やリバランスを自動で行ってくれるので、その優位性を加味すると、ウェルスナビの方が有利という結論になるでしょうか??


そうはならないですよね。

ウェルスナビは保有に関して手数料がかかるので、仮に20年保有していれば累計の手数料は20倍になります。
一方、購入後保有を継続して20年後に売却した場合、1年後に売却した場合と比べて手数料は変わりません。

そのため、個別株に投資をして長期間継続保有すれば、手数料が少額で済むことになります。

この結論からウェルスナビが劣っている、というつもりは全くないです。

個別株投資については、銘柄選択、購入時期、購入株数、売却時期等自分の判断が大きく入るので、ウェルスナビに負けないようにするには、頻繁に売買せず長期で保有することが必要だと感じました。

そのためにも、長期間安定的に配当を継続し、かつ、株価も大きく毀損しない銘柄の選択が重要ですね。

そう考えると銘柄選択にあたっての買付ルールや損切りルール等定量的な投資方針が必要になりそうですよね。
時間はかかるかもしれませんが、少しずつ構築していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

去年の12月から回転寿司に行く機会が多く、全てチェーン店ですが5店行きました。

今まであまりそれぞれの店舗の特徴とかを理解していませんでしたが、今回を機に色々と各店舗の違いを認識できたので、一度まとめてみたいと思います。

ということで、今回は多分株や投資信託の話は出てきません笑

ちなみに、なんでこの短い期間にここまで行くことになったかといえば、特にこれといって理由はなく、たまたまみんなの寿司屋に行きたい周期が違ったというだけなのですが。
私と妻と子供がそれぞれ、別のタイミングでお寿司食べたい!となり、3店行ったあたりで家の近くにある他のお寿司屋さんに行く流れができ計5店になりました。まだ有名どころで行ってない店もあるので今後も増えるかもしれません。

ちなみに5店というと、どのお寿司屋さんをイメージしますか?住んでいる地域によって、店舗網がかなり異なると思うので、知らないお店もあるかと思いますがお付き合いください。

ちなみに帰省先だったり、買い物に出かけた先だったりするので。全てが自宅から近い範囲にあるお店というわけではありません。
ちなみに以下に出てくる1皿あたりの価格等は全て税別表記です。

①基準店A
→のっけから名前をぼかした店舗ですが、このお店が今まで一番よく行っているお店でした。で、チェーン店ではあるものの店舗数が少ないので、このお店のみ店名は伏せておきます。

値段は、1番安い皿で150円、1番高い皿で450円です。
お店自体もカウンター10席と4名のボックス席が4つ程とかなり小規模。ただ、全席にタブレット端末があり、そこから注文を行い通常お寿司が回転しているレーンとは別の専用レーンにて運ばれてきます。味はとても美味しく、ネタも大きいです。また、タブレットでの注文時にさび抜きも選べます。何もしないとさび入りで提供されます。提供までの時間もそこまで時間はかかりません。
大体家族4人(内、幼児2名)で行くと、大体15皿くらい食べて3,000円~3,500円程度でしょうか。お酒飲まないので安上がりなんですよね。

対して詳しいわけでもないですが、分かりやすくランク付けするとこんな感じ。TOとはテイクアウト食べ残しを持ち帰れるか?という項目です。

味  S
価格 B
速度 A
子供 A
予約 ×
TO  ×
総合 A

いつもお寿司というとこのお店に言っていたので、このお店との差異が②~⑤のお店の特徴として印象に残っています。


②魚べい
→東証1部上場の元気寿司株式会社の系列店舗です。
最初は土曜日の午後6時位に予約もせずに行ったら、もうその日の予約が出来ない状況でした。聞いたら入るのに3時間程度待つと。。。回転寿司の人気に驚きました。
で、次は予約をしてから行ったのですが、お店に入ってびっくり!ほとんどが1皿100円で提供されていました!①のお店以外で初めて行ったのがこちらだったの衝撃がすさまじかったです。
①と比較すると、ネタは小さく、かつ、マグロの赤身とかはほぼ凍ってます笑
ただ1皿100円なので全てが許される感じですね。ちなみにこちらもタブレットから注文しますが、私が行った店舗では通常のレーンがありませんでした。なので完全受注生産スタイル。そして提供もあっという間に専用レーンでやってきます。列車のようにお皿を乗せてくるので子供達も大喜びです。前回行ったときは4人で20皿、2,500円くらいでした。100円ではないサイドメニューを頼んだので1皿単価は100円を超えているものの、①の店舗より安いです。ただ、ネタが大きくないので食べる皿数は少し増えます。
ちなみに、もう一つ驚いたのは全てわさび抜きで提供される点です。席にわさびの小袋はあるので自分でネタをはがしてわさびを塗るスタイルです。子供はこれでいいと思いますが、大人は少し味気ないです。なので、悪く言えばシャリの上に解凍され切ってない刺身が乗ってる感じです。
でもいいんです!1皿100円だから笑
ちなみに、頼みすぎてしまった場合にテイクアウトも可能です。

ということでランク付けするとこんな感じ。

味  B
価格 S
速度 S
子供 S
予約 〇
TO  〇
総合 S

まさに、価格は正義!といった感じ。

③無添くら寿司
→東証1部上場のくらコーポレーションが運営している店舗になります。
こちらの店舗も②魚べいと似ています。基本1皿100円での提供となっています。またサイドメニューが充実しており、ラーメンやらパスタやら何のお店かわからなくなるくらい、いろいろ売ってます。
こちらのお店は何といっても『びっくらぽん』と言いうミニゲームが子供に人気です。
食べ終わったお皿を入れる場所があり、5枚入れると1回ミニゲームが始まります。イメージとしてはパチンコやパチスロのあたり演出みたいなものでしょうか。大体外れるのですが。。。
ただ、子供達は親が食べ終わったお皿を奪い合い、嬉々としてお皿を投入していきます。また、よくできたシステムだなと思うのは、私のような器の小さい人間は『もったいないから後1皿食べて、もう一回びっくらぽんを子供にさせてあげよう』と考えるわけですよね。なので、子供が喜ぶだけではなく、売上増の効果もあるのではと思います。1皿100円ですし笑
前回食べた時は、20皿で2,000円でした。サイドメニューを頼まずお寿司だけ食べた結果ですね。

ということで、ランク付けは下記のとおりです。

味  B
価格 S
速度 S
子供 SS
予約 〇
TO  ×
総合 S

まさに、価格は(略)

④はま寿司
→すき屋で有名なゼンショーホールディングスが運営しているお寿司屋さんです。
こちらも②③同様に低価格路線です。基本1皿100円ですが、平日は1皿90円というキャンペーンを行っているようです。②③のお店を紹介した後だと、そこまで特徴が無いような気がします。
前に家族で行った際は、18皿で2,000円くらいだったかと。

味  B
価格 S
速度 S
子供 S
予約 〇
TO  〇
総合 S

まさに、(略)

⑤寿司 銚子丸
→JASDAQ上場の銚子丸が運営する店舗。①の店舗に近く、ネタが新鮮で大きく味も良いが、お値段はやや高めです。高めというか普通なのかも。②~④の店舗のことを書いてきて少し感覚がマヒしてます。銚子丸は板前さんが劇団員と呼ばれていて、誕生日が近い人には歌をプレゼントしてくれたりするようです(店舗による?)。また、その日のおすすめをさばいたところで各テーブルに『本日のおすすめ、白子の軍艦だよー』みたいに声をかけてくれます。なので、昔ながらの寿司屋の活気があります。こちらは、13皿で3,500円でした。中とろ頼んだりしたので単価が少し上がりましたね。

味  S
価格 B
速度 A
子供 A
予約 ×
TO  △
総合 A

①~⑤を比較すると、やはりびっくらぽんがある分くら寿司が1番トータルの満足度が高い気がします。子供の満足度、大人の満足度、お財布の満足度。
前提として、私自身があまり食通ではないというのが重要なポイントかもしれませんが。

というわけで、メジャーどころだとスシローとかっぱ寿司が入ってないですね。今後追加で新たなチェーンに行く機会があれば更新してみたいと思います。

ただ、お寿司って高いイメージありましたけど、②~④のお店は、4人家族で約2,000円。
①及び⑤についても、3,000円~3,500円とそんなに高くはないです。もちろん子供が小さいというのはありますが、ファミレスよりは安い印象です。家族全員お寿司好きなので、今後もちょこちょこ利用したいと思います。
一度くらいはカウンターのみのお寿司屋さんに、財布を気にせず行ってみたいですが。

資産運用に関係ない記事を書くのは恐らく初めてだった気がしますが、過去の記事の中で最長になりました。資産運用と関係ない方が書きやすいのかな笑

たまには、こんな感じではみ出しネタも書いていきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ