すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

2019年04月

イオンからいつものお手紙が届きました。

株主優待の一つである買い物金額のキャッシュバックのお知らせです。
私は100株保有なので、キャッシュバック率は3%になります。

今回のキャッシュバック金額は、4,935円でした。
2018年9月〜2019年2月の間に、イオン系列のお店で164,501円の買い物をしていました。

月額にすると3万円近いですね。

ちなみに前回のキャッシュバック金額は、3,627円でした。
2018年3月〜8月の間に、イオン系列のお店で118,797円の買い物をしていました。

この半年間で何か買うもの増えたかなー??あまり購買行動に大きな変化はなかった気がするのですが、3割ほど増えてますからね。あくまでオーナーズカードを通して買ったものが対象なので、フードコートでの飲食は含まれません。
前回同様ベビー用品が多かったのは変わらないと思うのですが。

さて、このイオンの優待によるキャッシュバックですが、今回が9回目の受け取りになります。
私がイオンの株を購入したのが、2014年の8月になります。8月末の権利を取得したので、2014年9月分以降の買い物がキャッシュバック対象になっています。

今までいくら戻ってきたかは記録していないのですが、仮に今回とずっと同額だと仮定すると、4,935円✖️9回=44,415円になります。
塵も積もれば山となる、ですね。
ただ、裏を返すと約120万円以上イオンで買い物をしている、ということにもなります。。。

4年半の累積とはいえ100万円も買い物しているというのは驚きです。
イオンはなんでも揃うので大きな不満はないのですが、生鮮食品の品質があまりよくないかな?と感じるのと、PB商品がセブンプレミアムと比べるとかなり落ちるのが残念ですね。このあたりは、使い分けで対応しています。

優待だけではなく、配当も1万円以上は受領していると思うので、5万円以上は優にリターンをもたらしてくれています。買値が11万程度なので、半分程度回収が進んでいます。何より、今の株価水準だと20万円を超えてますからね。よほどのことがない限りは、イオンへの投資はプラスで終えられそうです。
(我が家はイオンラウンジを利用することが多いので、既に投資額を上回るリターンを得ている気もしますが)

今回のキャッシュバック期間は4月21日からなのでもう始まっていますね。


キャッシュバックには変換引換証が必要になりますが、返金引換証の封筒には、オーナーズカードを利用したキャッシュバック対象期間における買い物明細が同封されてきます。

明細といっても、何を買ったかまでは記載されておらず、日付、店舗名、買物金額、返金額の4項目だけのシンプルなものです。
自分の家の最寄の店舗が圧倒的に、利用回数、利用金額が多いのですが、長期の休暇中(GWや盆暮れ正月)だと妻の実家の付近が入ってきたりします。

また、イオンだけでなくダイエーの店舗で使った履歴もあり、イオン帝国の広さを感じます。

おそらくコスパや時間効率を加味すると、通販一択なのかもしれませんが、家族で買い物する時間って楽しいんですよね。

そんなこんなで、我が家はこれからもイオンにお世話になる予定です。正直イオンのスーパーマーケット事業はあまり業績がよくないようですが、この株主優待は無くならないと思います。なので、お近くにイオンがある方にはオススメの個別株ですね。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

本日の記事は、私がウェルスナビで運用している資産残高の話ではなく、ウェルスナビが投資家から預かってている資産残高全体のお話です。

以前こんな記事を書きました。
ウェルスナビの資産残高について
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/11213242.html

ウェルスナビの財政状態について
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/11379420.html

記事自体は昨年の8月に書いたもので、この時点でのウェルスナビの資産残高は900億円を超えたところでした。

その後、無事に1,000億円を突破し、現在は1,400億円を超えた水準まで来ているようです。
1,000億を超えたところからは、100億円単位の開示を止めるのでは?と思っていたので少し意外でした。

こんなの記録してなんの意味があるのか!?と思われそうですが、個人的にはウェルスナビに資産を預け続けるためには、ウェルスナビが利益を上げられる体質になる必要があると考えているので、収益源たる資産残高が順調に増えていると言うのを確認することは重要なことと考えています。

で、ここまでの100億円毎の増加推移は下記の通りとなっています。

ウェルスナビ 経過日数 表


グラフは↓

ウェルスナビ 経過日数 図


ウェルスナビは、リスク許容度によって組み入れる資産の比率が変わりますが、主として、米国株式・米国以外の先進国株式・新興国株式の指数に連動します。
2018年の10月と12月は日米ともに株式指数が大きく下がっていたので、1,100億円、1,200億円を超えるのに日数を要していますね。
結構、12月の下落局面で解約が増えたかなー?と思いましたが、その後の株高で資産残高の増加ペースがある程度回復しているのが、確認できたので良かったです。

例年通りだと、5月頃には官報に掲載されたり、ウェルスナビのHPでも財産の状況についての開示がありそうです。
何もせずに資産運用ができる、と言う点でウェルスナビにはとても期待しているので、会社の状態については今後も継続的に確認していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

少し前の話ではありますが、3月度の売買記録を残したいと思います。

3月度は2回買い付けを行いました。

1つ目はウエストパックバンク(WBK)です。
オーストラリアの銀行で配当利回りが7%以上あります。
(減配しなければ、の話ですが)
オーストラリアの銘柄ということで、情報が限られているのですが、高配当であること、直近の株価が冴えないことの2点から買い付けを行いました。

WBK 買付 190318


そして、高配当銘柄とはかけ離れた銘柄ですが、新規上場したリフト(LYFT)を購入しました。
IPO銘柄の値動きの激しさは、日米で変わらないようです。上場後の初値で掴んで、そこから株価が急降下していきました。どこかで上がってくるといいのですが。
年末までには損切りしてる気がします笑

LYFT 買付 190330


で、これらの銘柄を買い付けるために、3回ドル転をしています。
ドル転時の為替レート等は下の画像の通りです。

190318 米ドル買付


190328 米ドル買付


190329 米ドル買付


平均すると111円前後というところですね。
ドルレートについては、一度100円を切るくらいまできてくれるととても有難いのですが、米国株の買い場と同様になかなかきそうにありません。
そうなってくると、定期的にコツコツ買い付けていくしかなさそうですね。

いつまでたっても無駄にタイミングを計ってしまう自分がいますが、合理的な行動とは言えなさそうです。
年明けから相場が全体的に安定して推移しているので、絶好の買い場!というような状況は来ていないと思いますが、2019年3ヶ月での買い付けペースが想定より早い(多い)状態なので、少しペースをセーブしたいなと考えています。

難しいかもしれませんが。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

今年は年間の目標KPIとして配当金の金額を設定しました。
(年間で15万円)

3月は米国株からの配当金は少ないですが、日本株からの配当金があったので、昨年の数値は上回りました。

早速ですが、下のグラフが2019年3月度の配当金受領実績及び2017年1月からの月次推移になります。

2019年3月末配当金実績


2017年1月以降に受領してきた配当金の累積がこちらになります。

2019年3月末配当金(累積)


日本株はJTとニチリンからそれぞれ100株分の配当をいただきました。

米国株は、PFFとVYMから配当をいただきました。
PFFとVYMはいずれも個別株式ではなくETFなので、3月に入金される個別株は保有していないということになります。

別に毎月入金されるように平準化する必要はないんですが、この辺りはなんとなく毎月入金されるように調整したくなりますね。合理的な理由は無いんですが。

購入検討中の銘柄で行くと、3月に配当が支払われるのは、
・IBM
・XOM
・RDS.B
あたりでしょうか。

あと、検討外でしたが
・WBA(ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス)という、ドラッグストアチェーンの会社が、直近の決算が失望されて大きく下げてきたので、さらに下げるようであれば検討対象に入ってきそうです。

そろそろ大きな調整局面が来るのでは?と思っているのですが、ここ3ヶ月は平穏ですね。

日本国内に目を移すと、2月決算の小売業の来期予算がそろそろ出てきますが消費税の増税によるネガティブインパクトをどこまで織り込んでくるでしょうか。

また、中旬から始まる3月決算企業の来期予算設定についても要注目です。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

少し間が空いてしまいましたが、妻も無事に退院して家に戻ってきました。

いやー、健康は本当に何事にも変えがたいものだな、と強く感じた次第です。

色々と家でやることの分担は今まで通りともいかないので、自分の方で家事や育児を可能な限りやっていきたいと思います。
ブログもあまり気張らずぼちぼち再開していきます。


2019年3月度の資産運用成績は、ほぼ横ばいでした。

日経平均 2月末 21,385.16円 ⇒ 3月末 21,205.81円
NYダウ  2月末 25,916.00$  ⇒ 3月末 25,928.68$
S&P500  2月末  2,792.34$ ⇒ 3月末  2,834.38$

日経は下げて、ダウとS&P500はあげていますが、いずれも微減、微増といったところですね。

定例のグラフは下記の通りです。

2019年3月度 リスク資産残高推移


1月2月と同様に3月も棒グラフは順調に伸びています。
ただ、1月2月は積立投資分以外に元本追加していないのに対して、3月は元本追加を行っているためで、運用成果によるものではありません。
順調に外国株の比率が高まっていっていますね。

3月も下がったら買おうと思っていた銘柄が、みなするすると上昇してしまって、上昇相場における買付の難しさを感じる月になりました。

2019年3月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +11.6%(△0.3%)
個別株式等  +12.0%(△0.4%)
ウェルスナビ +10.8%(+0.0%)
ideco     +10.2%(△0.4%)

となりました。
3月単月ではすこーし減りましたが、まぁこれくらい残せていれば御の字でしょう。

今月の個別的な要因はこちら

①国内株式
MSOLを2月に売却して、1Q決算後に買い戻そうかなーと考えていましたが、1:3の株式分割が発表され1Q決算もそこまで悪くなく、買い戻すことができないまま4月を迎えています。
うーん、今の所売却は失敗した感じです。。。
他は、ヒーハイスト精工、レントラックスについて株価が下がってきたので、少しだけ購入しました。2月と真逆ですね。
結局国内株式を追加購入してしまっている。。。

②海外株式
ポートフォリオの過半を占めるBTIとMOが続伸し、大きく貢献してくれました。
また、まだ記事にしていないですが、3月に2銘柄購入しています。
これらはいずれも含み損の状態です。
トータルではウェイトの高いたばこ株のおかげでプラス推移となりました。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビについては特に何もしていませんが、米国株の水準回復に伴って含み益がジワリと拡大しています。
idecoについては、掛け金の配分割合を修正しました。これも別記事で取り上げるかもしれませんが、ひふみ年金への積み立てを止めました。
過去ひふみ年金に投資している分についてはまだスイッチングしていませんが、利益が出る段階になったらスイッチングしようかな?と考えています。

元号も発表され今月末には10連休が待っています。
10連休前後の市場が有れるのでは?という見方もあるようですが、どうなるでしょうか。

一応4月の方針としては、3月中に少しドル転しているので、4月も下がる銘柄があれば買付を行いたいと思います。
ちなみに現在、目をつけているのはこちら。
・VOD(ボーダフォン)
・RDS.B(ロイヤルダッチシェル)
ただいずれも英国株のADRなんですよね。
そういう意味ではブレグジットの動向が最も気になるところです。

一方で、国内株式は可能な限り売却していきたいです(でも下がれば買っちゃうんだろうなぁ)


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ