すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

運用状況

2018年の12月度は大変厳しい市場環境だったと思います。
連日底が抜けたように下がっていきました。
私はというと、日本株について数銘柄は11月、12月で売却していましたが、メインどころはそのまま保有を継続し、かつ、少しずつ買い増していましたので、この下落の直撃を食らっています。

また、外国株についても、11月下旬に新規で買い付けを行って以降、12月も買い付けを行っていたため、こちらも直撃を食らいました。。。

そんな12月度の運用実績及び年間の運用実績を記録したいと思います。

今回は、ウェルスナビ、ideco、全体についてまとめて本記事で記録します。
まずはウェルスナビから。
2018年12月度 ウェルスナビ残高キャプチャ

かなり赤字の比率が大きくなっています。辛うじてヒト桁マイナスで済んでいるといった所。

ウェルスナビの残高推移のグラフは下記のとおりです。
2018年12月度 ウェルスナビ残高推移 グラフ

比較的順調に推移してきていましたが、10月と12月に大きく減らしていますね。

そして上記グラフの数値情報はこちらです。
2018年12月度 ウェルスナビ 残高推移 数値


備忘のため、今年1年の日経平均とNYダウのチャートを貼っておきます。
まずは日経平均から
2018年 日経平均チャート

やはり、10月、12月で大きく下がっています。

次にNYダウ
2018年 NYダウチャート

こちらも、10月、12月で大きく下がっています。

続いて、idecoの残高になります。

2018年12月度 ideco残高キャプチャ

主力は全て赤字ですね。。。
ひふみが今後復活することはあるのだろうか。idecoでは税金がかからない代わりに損益通算もできないので、あまり損切りしたくないというのが本音です。

こちらが残高推移。

2018年12月度 ideco残高推移 グラフ


個別の数値の推移はこちらです。

2018年12月度 ideco残高推移 数値


来年度以降のことはまだ検討中ではあるものの、ウェルスナビとidecoの具体的な運用成績の開示は今回で終わりにしようかなと考えています。

最後に、2018年度のリスク資産残高推移になります。

2018年12月度 リスク資産残高推移


11月より12月の方が増えていますが、これは大量に入金したことによるもので、12月だけで40万近くマイナスになっています。
こちらも、来年以降は金額ではなく、増減率での評価にしようと考えています。

年内にあと1記事なんとかアップして、2018年を終わりにしたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

idecoの11月末残高はこちらの通りです。

ideco 2018年11月末 残高


こちらもかろうじてプラスですが、まぁ年末にはマイナスになってるんだろうなーと思います。
個別に見てみると新興国株式以外はプラスになっていますね。

idecoについては、月の掛け金が23,000円と少ないので、全体に占める影響はかなり小さいのですが、節税の観点からは本当に貴重な商品です。

残高の月次推移は下表のとおりです。
先月からは少し復活し、元金を上回る水準まで評価額が回復しました。


ideco 2018年11月 残高推移


残高推移の基礎数値は下表になります。
先月の株式関連の落ち込みがすごいですね!

ひふみは爆発的に預かり残高が増加しましたが、目に見えてパフォーマンスが低下しています。
もちろん、日本の指数も下がっているのですが、過去のパフォーマンスが凄すぎただけに、指数を下回るような成績だと投資している側の期待値は超えられないかなと感じました。

ideco 2018年11月 基礎数値


新興国株式については、米中貿易戦争の影響で中国の株価が冴えないですが、下値で拾っていかないとリターンは得られないので、この下落局面で積立先の変更は行わず、粛々と積立てていきたいと思います。

また、外国債券については、積立不可になるみたいな話だと記憶していたのですが、なんだかそのまま積立が継続されているような。。。

なぜでしょうか?説明を読み間違えてたとか???
まぁ、ほとんど体制には影響ないのでいいですが、この辺りのポートフォリオも少しずつ修正していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

11月末時点のウェルスナビ残高です。

ウェルスナビ 2018年11月残高


厳密には11月30日版が反映されていないですが、まぁ毎月日本の後場が終わってから記録してるのでこうなっています。

かろうじてプラス圏に戻ってきましたね。
株だけでなく、債券や金、不動産も含んだポートフォリオになっているため、値動きが緩やかな気がします。
とはいえリスク許容度5でポートフォリオを組んでいるので、株式比率が半分を超えます。
なので指数の悪化とともに全体の数値が悪化していくという傾向は変わりません。

過去からの月次推移は下表のとおりです。

ウェルスナビ 残高推移 2018年11月


ここのところ定時積立の3万以外には積立てていないので、元本部分の増加も緩やかになっています。
ただ、マイルールとしてウェルスナビの追加投資は円高に振れた段階でと決めています。
ここでいう円高とは105円程度を想定しています。
なので、当面は追加投資の機会はなさそうですね。

現在の評価額、元金いずれもが約100万円です。
月3万円で積立てているので、10年後にはウェルスナビの元金は約460万円になります。この時、評価額はどれくらいになっているでしょうか。

ウェルスナビは手数料が1%とやや高いものの、合理的な運用方法だと思います。
とはいえ個別に考えながら投資するのも楽しいので、ウェルスナビの成績を上回れるように、個別株投資も進めていきたいと思います。

で、グラフの基礎数値部分です。

ウェルスナビ 2018年11月度 基礎数値


これを見ると米国株や日欧株が持ち直して、金や債券が値を下げたように思えるのですが、そうではありません。

6595712C-6EB3-4838-9FF7-A9E5EBB2683F



こちらの通り11月21日にリバランスが行われていました。

金額を見るとリバランスするほど、比率がずれてたのかなあ?とも思いますが、1年半近くウェルスナビに投資してきて、初めてのリバランスだったので記念(?)にあげておきます。

12月に入ってから日米ともに下げ基調ですが、粛々と積立てていきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

だいぶ時間が経ってしまいましたが、11月末時点の運用成績、資産残高等についてまとめていきたいと思います。


まず、11月の全体のリスク資産残高はこちらの通りです!

資産残高推移 2018年11月末 外国株あり


めっちゃ増えてるー!!!

。。。

ように見えるのは、新規に入金したからです、はい。
主に外国株の部分が今月新たに入金した分ですね。

11月の運用成績は、今年一番ひどいレベルでした。
上の表だとよくわからないので、外国株の分を除いたものがこちらになります。

資産残高推移 2018年11月末 外国株無し


おー。。。減ってる。
しかも、ウェルスナビやideco、持株会等への積立分を加味して、これですからね。
ただ、11月はウェルスナビやidecoは、前月末比で積立分以上に増えてるんですよね。
なので、11月分のマイナスはほぼ個別株です。

具体的にはレントラックス。
中途半端な上方修正からあっという間に4割程度株価が下落しました。

これは完全に売り時ミスですねー。
持ち株を少し整理して、外国株の方に振り向けようと考えていますが、レントラックスはまだ売らない予定です。

11月は新規でJTと日産自動車を購入しました。
また、外国株では、BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)を新規で購入しました。

外国株は引き続き買い増していきたいのですが、その原資をどうするかというところに頭を悩ませています。

今のところ既存の積立について額を減らしたり、積立をやめたり、というのは考えていないですが、どこかでそこに手をつけないといけなくなるかもしれません。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

資産管理アプリの代表格である、マネーフォワードをインストールしてみました。

実際に使用してまだ3日程度しか経っていませんが、使用してみての感想を記述していきたいと思います。

①セキュリティについて
→これは正直3日使ったところではわからないですが、求められるパスワードはあくまでログイン用のものなので、入力にあたっての怖さはそこまでありませんでした。
まぁ上場企業ですし、同サービスの生命線だと思うので、セキュリティは問題ないと信用しています。

②各口座の登録について
→これも思ったより簡単でした。
もちろん各種口座にログインするためのIDやパスワードは必要になりますが。一度入力すれば以降の入力は不要なため、最初に少し労力を費やせばOKです。

ちなみに事前に想定していなかったメリットとしては下記の2点があります。

想定していなかったメリット
①不動産の時価連携あり
⇒現在マンションを保有していますが、このマンション名、住所、階数、面積を登録すると、現時点の評価額を反映してくれます。
もちろんこの時価で販売できる、というわけではないと思いますが、何かしらの近隣取引実績等に基づく数値を使用しているかと思うので、参考値としては十分かと思います。

私は連携サービスを選ぶ際に一番上に出てくる、
『HOME'S PRICE MAP』により算出しています。

参考価格算出ロジックはこちらを参照下さい。
https://www.homes.co.jp/price-map/stats/

考慮されているのは下記の内容です。
立地要素
徒歩・バス時間、路線・駅、都心アクセスなど

時間要素
LIFULL HOME'Sサイト掲載期間、相場変化など

物件属性要素
築年数、面積、階数など

データベースが大量にあるということでサイト掲載期間も評価に反映している、というのは独自性がありそうです。

ここまで説明を割いたのは、単に評価額が自分の思っていた以上の金額だったので、嬉しかったから、という身もふたもない理由からです。。。
一つの項目が長くなりすぎましたね。

②連携口座が豊富
⇒銀行口座、クレジットカードだけではなく、SBI証券の通常口座、ウェルスナビforSBI証券、SBIベネフィット(ideco)についても簡単に連携することができました。
ウェルスナビやideco口座はイレギュラーな部類かと思っていたので、連携対象だったことに驚きました。
また、上記のような口座だけではなく、TポイントやJREポイント、JALマイル、ANAマイル等についても、
連携を行うことができ、ポイント期限も把握で切るようになりました。

使用する中で欠点のようなものもあったので次回まとめたいと思います。


そして11月第3週の成績は、▲138千円でした。
それにしても今月はよく下がりますね。

今週も変わらず新規投資先について検討しましたが、なんとか我慢しました。
週明けはいくつか新規で投資をしてもいいかなと思っています。ただ、キズを広げるだけな気もするので、慎重に対応していきたいなと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ