すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

積立投資

前回の投資方針でも触れましたが、個別株式への投資のみだとボラティリティが大きいため、比較的配当を重視したETFの買付を行いたいと考えています。

調べれば調べるほど色々と出てきて目移りしてしまうのですが、まずはどんなものがあるのかざっとあげてみたいと思います。


以下に掲載する情報は全て、2019年1月27日(日)19時時点(日本時間)のものです。

また、配当利回りや年間配当金額の情報は、
https://www.dividend.com
を参考に記載しています。


①ティッカーシンボル:VYM
バンガード 米国高配当株式 ETF
Vanguard High Dividend Yield ETF
配当利回り:3.62%
株価:81.59$
年間配当金額:2.96$

一言コメント:一番メジャーな高配当ETF。投資先も400社程度とかなり分散されてる。一番欠点が少なさそうな印象。


②ティッカーシンボル:HDV
iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF
iShares High Dividend Equity Fund
配当利回り:3.28%
株価:86.37$
年間配当金額:2.84$

一言コメント:投資先が80社程度で、やや分散の度合いが低い。エネルギーセクターの比率がやや高め。


③ティッカーシンボル:VIG
バンガード 米国増配株式ETF
Vanguard Dividend Appreciation ETF
配当利回り:2.24%
株価:102.94$
年間配当金額:2.31$

一言コメント:現時点で高配当、ではなく増配を続けている銘柄を選択しているETF。そのため現在の利回りはそこまで高くない。投資先は180社程度で分散度合いはまずまず。


④ティッカーシンボル:PFF
iシェアーズ米国優先株式ETF
iShares S&P US Preferred Stock Fund
配当利回り:8.64%
株価:35.79$
年間配当金額:3.09$

一言コメント:優先株が集められており高配当が魅力。金融セクターの比率がとても高いため、300社程度に分散しているもののセクターが集中しているので金融不況時は株価も低迷すると考えられる。

<参考>
⑤ティッカーシンボル:VTI
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
Vanguard Total Stock Market ETF
配当利回り:2.11%
株価:136.47$
年間配当金額:2.88$

⑥ティッカーシンボル:VOO
バンガード S&P500ETF
Vanguard S&P 500 ETF
配当利回り:2.11%
株価:244.32$
年間配当金額:5.16$


と、ここまで書いてきて、dividend.comの配当利回りがおかしいのではないか?
という疑問が。

PFFとか、いくら何でも8%超えていたらもっと話題になっているのでは???

ということで、dividend.comの配当利回りの算出ロジックを確認してみました。

株価が動くと利回りも動いてしまうので、週明け前の段階で8%超えてたよという証拠として、こちらの画像を。
(画像はクリックで大きくなります)

PFF 利回り


DIVIDEND YIELDが配当利回りを指していますが、先週末の段階では8.64%になっています。

こちらの数値は年間予想配当額÷現在の株価で算出されているようです。

ANNUALIZED PAYOUTが年間配当額を示しています。
でPFFにおいては、年間配当額が3.09$となっていますね。

先週末時点の株価が35.79$ですので、
年間配当額 3.09$ ÷ 株価 35.79$ = 8.6337% ≒ 8.64% 
となるので、算定式はおかしくなさそうです。

株価については、マーケットでの時価になるためこの数値がおかしいということもないかと思います。

そうなってくると、年間配当額がどのように算出されているか?
という点が問題となりそうです。

PFFのDividend Historyがこちらになります。
(画像はクリックで大きくなります)

PFF 配当推移


Dividend Historyはそのまんまですが配当金の推移ですね。

Ex-Dividend Date・・・配当権利落ち日
Pay Date・・・配当金支払日

になります。

PFFは毎月配当ですが、6月以降少しずつ配当額が減少しており、直近の配当額が0.2575$とかなり増えています。
過去の推移を見てみると年末にボコっと配当額が増えています。なので、この0.2575$が毎月継続するかというと、そうではなく、割り引いて考える必要がありそうです。

先ほどの年間配当額 3.09$を12で割ると 0.2575$になります。
つまり、直近の配当額である、0.2575$を単純に12倍することで年間配当額を算出していると考えられます。

もう一度Dividend Historyの右側Frequencyを確認すると、Monthとなっています。
Frequencyとは頻度のことなので、配当頻度が月次であることを示しています。
おそらく、配当頻度が月次であれば、直近の配当金額に12を乗じて年間配当額を算出しているものと推定されます。

念のため、VYMでも検証したところ、VYMの年間配当額は2.96$でしたが、
直近の配当額が0.7388$で、FrequencyがQuarter(=四半期)だったので、
0.7388$×4=2.9552$≒2.96$ となりました。

なので、概ね上記の仮説は正しそうです。

米国株式は四半期配当でかつ増配銘柄が多いのでそこまでミスリードはないのかもしれませんが、どんな数値も鵜呑みにせず、おかしいなと思ったものは自分で検証しないといけないですね。

正直、数値だけ見てPFFを買おうかなと思っていました。もちろん上記の算出方法を正しても4〜5%程度の利回りはあるので、高配当なETFだとは思うのですが、直近の配当減少傾向が気になるので少し様子見したいと思います。

今のところはある程度分散できそうな、VYMに投資しようかと考えています。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

あけましておめでとうございます🎍

2018年は12月にやられた記憶がまだ色濃く残っていますが、2019年はどんな年になるでしょうか。

現時点で予定されている国内の大きなトピックとしては、10月に予定されている消費税増税があります。

海外に目を向ければ、ブレグジットの着地、米中貿易摩擦、ドイツ銀行破綻懸念等、気になる点はたくさんあります。

まぁ、外部要因をあまり気にしても仕方がないので、自分にできることをコツコツやるだけですね。

そうなってくると、自分にできることといえば、積立・入金を継続して、投資元本を増やすということになります。
相場が下落局面を迎えるのでは?という声が日増しに高まる中、継続して積立・入金していくことが重要と考えています。

無リスク資産からの転換も含めて、2018年よりも多い金額を投資に回す予定です。

消費税増税が見込まれてはいるものの、それに合わせて保育料の無償化が始まります。
また、2018年は転職したため、試用期間中が賞与の対象外だったりしたため、2019年は少し年収が増加する予定です。
そんなこんなで、私自身としては2018年よりは多く投資に振り向けられるのではないかと考えています。
なので、まずはそれを目標に。

また、配当金額も重要なKPIになるため、まずは年間で15万円(税引前)を目標にします。

もちろん1年生活するということは、資産運用のみならず、家族と日々の生活を共にし、会社で働いて、友人とのコミュニケーションがあって、と様々な活動があります。
あまり根詰めてしまわぬよう、旅行に行ったり、飲みに行ったり必要なお金はどんどん使っていこうと思います。

また、あまり書籍を読むという形でインプットをしてこなかったので、こちらも2019年の目標にします。

そして2018年から始めたこのブログについても、アウトプットする貴重な機会なので、肩肘張らずに続けていければと。

ざっとまとめると、
・2018年よりも投資元本への入金を増やす。
・年間配当金は15万円(税引前)が目標
・必要なお金は使う
・インプット、アウトプットを継続する

そんなに、大した内容ではなくて恐縮ですが、2019年もゆっくり投資を続けていきたいと思います。

2019年もよろしくお願いいたします。

ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

2018年の12月度は大変厳しい市場環境だったと思います。
連日底が抜けたように下がっていきました。
私はというと、日本株について数銘柄は11月、12月で売却していましたが、メインどころはそのまま保有を継続し、かつ、少しずつ買い増していましたので、この下落の直撃を食らっています。

また、外国株についても、11月下旬に新規で買い付けを行って以降、12月も買い付けを行っていたため、こちらも直撃を食らいました。。。

そんな12月度の運用実績及び年間の運用実績を記録したいと思います。

今回は、ウェルスナビ、ideco、全体についてまとめて本記事で記録します。
まずはウェルスナビから。
2018年12月度 ウェルスナビ残高キャプチャ

かなり赤字の比率が大きくなっています。辛うじてヒト桁マイナスで済んでいるといった所。

ウェルスナビの残高推移のグラフは下記のとおりです。
2018年12月度 ウェルスナビ残高推移 グラフ

比較的順調に推移してきていましたが、10月と12月に大きく減らしていますね。

そして上記グラフの数値情報はこちらです。
2018年12月度 ウェルスナビ 残高推移 数値


備忘のため、今年1年の日経平均とNYダウのチャートを貼っておきます。
まずは日経平均から
2018年 日経平均チャート

やはり、10月、12月で大きく下がっています。

次にNYダウ
2018年 NYダウチャート

こちらも、10月、12月で大きく下がっています。

続いて、idecoの残高になります。

2018年12月度 ideco残高キャプチャ

主力は全て赤字ですね。。。
ひふみが今後復活することはあるのだろうか。idecoでは税金がかからない代わりに損益通算もできないので、あまり損切りしたくないというのが本音です。

こちらが残高推移。

2018年12月度 ideco残高推移 グラフ


個別の数値の推移はこちらです。

2018年12月度 ideco残高推移 数値


来年度以降のことはまだ検討中ではあるものの、ウェルスナビとidecoの具体的な運用成績の開示は今回で終わりにしようかなと考えています。

最後に、2018年度のリスク資産残高推移になります。

2018年12月度 リスク資産残高推移


11月より12月の方が増えていますが、これは大量に入金したことによるもので、12月だけで40万近くマイナスになっています。
こちらも、来年以降は金額ではなく、増減率での評価にしようと考えています。

年内にあと1記事なんとかアップして、2018年を終わりにしたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

先週の土曜日久しぶりに投資家のオフ会に参加してきました。(第5回 投資オフちば会)


主催者であるnantesさんによるちば会の記事はこちら
http://nantes20xx.com/post-12273/


また、もう1名出席されていたブロガー シオイさんによる記事はこちら
https://index-journey.com/offmeeting-chiba-201812/


御両名の記事にもある通り、いつも通り非常に楽しい会でした。
また、主催者であるnantesさんには、いつも出欠管理からお店の手配まで、何から何まで対応いただいて、感謝感謝です。

全世界的に株式市況に暗雲が垂れ込める中での開催でしたが、皆さんインデックスをメインにされていることもあり、今年の成績はマイナスであるものの、悲観的というよりは、より長期的な視点に立つとマイナスの期間もないとねー、といった意見の方が多く、憔悴してるような方はいませんでした。
まぁ、そんなに落ち込んでたらオフ会には来ないですよね笑

idecoやNISA(つみたてNISA含む)、ふるさと納税といったことは皆さん実行されているようで、こういった、投資への感度が高い方々と話ができるということだけで充実した時間でした。

皆さん、おっしゃられていましたが、会社でidecoに加入している人がほとんどいないようで、税金に関しての制度を知らないと、損するよなーと感じました。
(もちろんidecoのメリット、デメリットをわかった上で加入されない方もいらっしゃるとは思いますが)

こちら、以前の私の記事ですが、ちば会に参加した際のものです。
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/11471873.html


この中で触れているブログ主、というのが上述のnantesさんになります。
初めてnantesさんのブログを見たのは、2012年頃だったと記憶していますが、当時はライブドアブログでブログ運営をやっていらっしゃいました。
自分と考え方が近いなーと、思って過去記事を読んでいたらすっかりファンになり毎日更新される記事を楽しみに読ませてもらっていました。
ブログを読ませてもらっているときは、まさか直接話しをする機会があるとは思いもしなかったですし、オフ会に参加するたびに新たな気づきがあります。

今回のちば会は、全部で6名でした。
20代前半の方もいらっしゃいましたし、初参加の方も投資に対する造詣が深そうな方でした。

来年はもう少し色んなオフ会に出席出来たらいいなー、と考えていますが、中々飲みに行くのはハードルが高いんですよね。この辺りは、家庭のマネジメント能力が問われるところですが。。。

相場は極めて軟調で、景気悪化局面に入りつつあるのかもしれませんが、日次の数値に踊らされることなく、引き続き楽しみながら長期的に投資を行っていきたいと思います!!


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

住信SBIネット銀行に口座を開設しました。

メインでSBI証券を使っているので、銀証連携されていて使い勝手が良さそうです。

主な理由としては、外貨の買い付けを行い海外個別株や海外ETFの購入を予定しており、諸々の手数料を最も安くするためには、為替手数料が低い住信SBIネット銀行に口座開設し、そこでドル転するのが良さそう、という結論に達したためです。

SBI証券内で円貨での買付もできるようですが、手数料が割高なようなので、少し面倒ですが新規に口座を開設することにしました。

年内のIPO案件が出揃ったので、各社の内容を確認しましたが、今年の案件でチャレンジポイントを全力で突っ込む案件はなさそうだったので、NISAの残枠120万円をフルに活用しようと考えています。
(NISA枠はIPOで使用するために、通常時は使用していません)

まだ手続に必要なものが銀行から届いていないので、取引開始までは少し時間があるのですが、何を購入するかこれから検討を進めていきたいと思います。




ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ