すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

個別株(優待株・高配当株含む)

米国株式に投資をするようになって、何銘柄か購入しましたが、結構手数料が高いなと感じています。

また、現在ウェルスナビを使用していますが、こちらの手数料も結構高いな、と感じており今回比較してみたいと思います。

ウェルスナビの手数料については、非常にシンプルで、
資産残高✖️1%
になります。
また、資産残高が3,000万円を超えた部分は0.5%になります。今のペースだと3,000万円に到達することはなさそうですが。。。

仮に、年始に100万円分購入して時価が1円も動かずに年末を迎えて、年末で売却したとすると、年間の手数料は100万円✖️1%=1万円になります。
ウェルスナビの手数料は年率1%ですが、手数料の計算は日々行われているので、年末に残高が無くなったから手数料が発生しないということはありません。当たり前ですが笑

ただ、売買で手数料がかからないというのは、個別株等と異なる点かと思います。

詳細はこちらをご覧ください。
ウェルスナビ よくある質問
「手数料の詳しい計算を教えてください」
https://support.wealthnavi.com/hc/ja/articles/115003609668


自分で個別に購入した場合、まずはドル転するのに為替手数料がかかります。
以下の手数料率は、自分が使用しているSBI住信ネット銀行の手数料率で話を進めますが、1ドル取引をする際に4銭の手数料がかかります。

なので、1ドル100円の時にドル転しようとすると1ドルあたり4銭=0.04円の手数料がかかるので、率に直すと0.04%になります。

実際今は1ドル108円〜109円あたりなので、0.037%くらいですかね。かなり細かいですが。

念のため補足しておくと、SBI住信ネット銀行では2019年3月27日まで、為替手数料が無料になります!!
これはありがたいですね。

F7EFB793-E154-4ACD-A0C8-78A6DA7E43E7


ただこれは時限的なキャンペーンなので今回の検討では考慮しません。

ドル転が終わったら次に証券会社への資金移動になりますが、ここがSBI同士だと手数料はかかりません。

次に銘柄購入の際の手数料になりますが、現在は下記の通りとなります。

1注文あたりの約定代金×0.45%
・最低手数料:5米ドル
・上限手数料:20米ドル

買い付け金額と対比すると、
買い付け金額 1,111ドル未満→5ドル
買い付け金額 1,111〜4,444ドル→購入額の0.45%
買い付け金額 4,444ドル以上→20ドル

なので、手数料負けしないために、1,111ドル以上で購入しているというのは、他の方のブログでも記載がありますね。
もちろん4,444ドル以上になると手数料の比率としては割安になりますが、日本円にすると50万円程度になるので毎回この金額以上を買い付けるというのは現実的ではないです。

実際は1,111ドル〜4,444ドルのレンジ内での買い付けになると考えられるので、ここでは0.45%という数値を使いたいと思います。

そうすると、ドル転及び米国株式の買付手数料は、
0.037%➕0.45%=0.487%となります。

ウェルスナビの例と同様に年末で売却したとすると、購入と同様の手数料がかかるので、0.487%✖️2=0.974%
ということで、ほぼほぼ1%に近いという結論になりました。

購入してから1年後に売却し、手元に円建でキャッシュがある状態を実現するための手数料は、どちらもほぼ1%という結果になりました。

ウェルスナビは、買付やリバランスを自動で行ってくれるので、その優位性を加味すると、ウェルスナビの方が有利という結論になるでしょうか??


そうはならないですよね。

ウェルスナビは保有に関して手数料がかかるので、仮に20年保有していれば累計の手数料は20倍になります。
一方、購入後保有を継続して20年後に売却した場合、1年後に売却した場合と比べて手数料は変わりません。

そのため、個別株に投資をして長期間継続保有すれば、手数料が少額で済むことになります。

この結論からウェルスナビが劣っている、というつもりは全くないです。

個別株投資については、銘柄選択、購入時期、購入株数、売却時期等自分の判断が大きく入るので、ウェルスナビに負けないようにするには、頻繁に売買せず長期で保有することが必要だと感じました。

そのためにも、長期間安定的に配当を継続し、かつ、株価も大きく毀損しない銘柄の選択が重要ですね。

そう考えると銘柄選択にあたっての買付ルールや損切りルール等定量的な投資方針が必要になりそうですよね。
時間はかかるかもしれませんが、少しずつ構築していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

昨年の11月頃から米国株式への投資を行うようになりました。
それまでも投資信託やウェルスナビを通して、指数に連動した商品を買うことはありましたが、個別株を買うようになったのはほんの2ヶ月前です。

まだ、投資方針が明確になっていないですが、基本的には配当利回りの高い企業への投資を行なっていきたいと考えています。

米国株式は投資をするようになったこの2ヶ月で感じたことを書いていきたいと思います。

①為替の値動きはよくわからない
→米国株式の買い付けにあたって、一度ドルを購入してからドルで買い付けを行っています。この取引は住信SBIネット銀行で実行しています。為替手数料が安いんですよね。
わざわざドルを購入せずとも、邦貨建で米国株式を購入することもできますが、手数料がかかります。

私は、ドルを購入するステップを踏んでいますが、日々為替レートが変動します。
正月3が日におこったドル円の急落のように、為替は株式以上に不可解な動きをします。今のところ円高傾向にあるのでジワジワと買い下がっていますが、ドルの効率的な買い付け方法というのはなかなか見つからなさそうです。
安定的に買い付けるならば定期積立なんだと思いますが。


②値幅制限がない
→日本の株式市場だと、前日の終値を基準として値幅制限が設けられているため、1日での値動きはある程度制限刺されます。
例えば、前日終値が4,500円の場合、上下700円が制限値幅になるため、3,800円〜5,200円の幅でしか値付けがされません。
3,800円になるとストップ安、5,200円になるとストップ高ですね。
一方、米国株式では値幅制限がないので一夜にして半額、もしくは2倍という値動きがありえます。
この2ヶ月の間にそう行った場面に遭遇したわけではないですが、知らなかったので純粋に驚きました。
これもどちらがいいということはなく、日本でも想定外のbadニュースだと2日寄らずとかもあるので、だったら制限なしでさっさと寄った方がいい気もします。

③買えない銘柄がある
→自分はSBI証券を利用していますが、購入可能な銘柄数はマネックス証券と比べると少ないです。
なので、少しニッチな企業で高配当な銘柄を見つけて投資をしようとSBI証券の外国株式ページでポートフォリオに登録しようとしたら、その銘柄が出てきませんでした。
最初は理由が理解できていなかったのですが、その後SBI証券では取り扱っていない銘柄だとわかりました。
メジャーな銘柄については、マネックス、SBI、楽天と大差ないかと思いますが、かなりニッチな銘柄にも目を向けるようになると取扱銘柄数の影響が出てきます。
日本株式であれば、開設している証券会社によって買えないということはなかったので、これも驚きました。

④リアルタイム情報にリーチしづらい
→証券会社にログインしても、米国株式の株価は20分遅れての表示となるため、リアルタイムな株価を把握するのが難しいです。ヤフーファイナンスも同様。
この点、アイフォン に元から入っている株価アプリに銘柄を登録すると、リアルタイムで反映してくれるので使っています。ただ、これも動きが悪くリアルタイムになっていない気が。。。
まぁ、ずっと夜中起きてるわけにもいかないのである程度の指値をして寝てしまうのでリアルタイム株価はなくてもそんなに困らないかもしれません。


と、いくつかあげてみましたが、今後もわからない点、疑問に感じる点についてはまとめてみたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

表題の通りなのですが、アルトリア・グループ【MO】より、四半期配当金を受領しました。

昨年の終わり頃から米国株式に投資をするようになりましたが、配当金を受領するのはこれが初めてになります。
金額的には大したことないですが、四半期単位で入金されるというのはありがたいですね。

配当金支給のデータは下記の通りです。

保有株式数:93株
1株あたり配当金:0.8$
税引前配当金:74.4$
税引後配当金:53.53$
支給率:71.94%

ということで、がっつり二重控除されていることが確認できます笑

本当は取引報告書があるといいのですが、探してみても見当たらないんですよね。私はSBI証券を利用しているのですが。
でも、他の方のサイトを見たりしていると、SBI証券でも配当金の取引報告書が電子データで来ているようでした。

なんで、自分のとこに来ないのかなー?と色々調べていたら、外国株式の取引報告書が電子交付ではなく郵送になっていました。。。

確かに買い付けから1週間後位に取引報告書が送られてきていました。外国株式送ってくるのかな?くらいに思っていましたが、設定の問題だったようです。
まぁ入金金額が変わるわけでもないのでいいんですが。

そして、MOの配当金推移等は下記の通りです。

MO 配当履歴


今回の配当金を受領して思うことは、とにかく権利落ち日から配当金の支払いまでが短いこと!

今回でいうと、2018年12月24日が権利落ち日で、2019年1月10日が配当金支払日になっており、権利落ちから支払日まで半月となっています。
日本の場合は、配当の権利落ち日は決算日ごとに統一されているので、3月末決算の会社であれば皆同一の日付になります。
かつ、配当については原則として株主総会決議を要するので、決算日が3月末だとすると6月末頃になるケースが多いです。つまり権利落ち日から支払われるまでの期間が約3ヶ月ということになります。
なので、半月後に支給されるというのは驚きでした。
また、先日不祥事があったKYBもそうでしたが、決算日を超えた(権利を取得した段階)で、配当の可否が確定しておらず、その後無配に転落というケースも少なからずあります。
KYBのケースは、あれだけ騒がれており業績への懸念もあったので、減配の可能性は予見できていたとも言えますが、やはり親切でないとは思いました。その点、米国株式は配当の権利落ち日前に次の配当金額が開示されるようなので、この点は非常に投資しやすいなと感じています。

米国株式では、各会社ごとに配当の基準となる日が異なっており、確認するの少し面倒ではありますが。

今回配当を受領したMOは、1,4,7,10月が配当支払月になります。

また、これ以外に現在保有している BTI、AT&T、ABBVについては、2,5,8,11月が配当支払月になります。
そのため、3,6,9,12月が配当支払月になる銘柄を購入すれば、全ての月で配当金を受領することができるようになります。

まだ、具体的にどれにするかは決めていないですが、今年中には3,6,9,12月に配当が支払われる銘柄を購入することになると思います。
具体的には決めてなくても目星はつけてるんですけどね!


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

表題の通りなのですが、また新規に買い付けを行いました。

AbbVie Inc という会社で、大手バイオ製薬会社になります。2013年にアボット・ラボラトリーズという会社から分社化によりできた会社です。

分社化というと、フィリップ・モリスとアルトリア・グループ(MO)の関係をイメージしてしまうのは、自分がアルトリア・グループに投資してるからでしょうか笑

抗リウマチ薬のヒュミラによる売上が、全社の売上の半分以上を占めています。

この辺りの詳細については、直近で下記のブログで取り上げられていました。

『アメリカ株でアーリーリタイアを目指す』
【ABBV】アッヴィの株価・配当金・業績まとめ
https://america-kabu.com/2017/09/30/abbv/

米国株式ブログで有名なはちどうきゅうどうさんのブログですね。私も拝見して勉強させていただいています。

アッヴィに投資をした理由としては、
・現在投資しているポートホォリオのセクター分散させるのに丁度いいセクター(ヘルスケア)であること。
・ヒュミラに依存しているというリスクは抱えながらも、企業成長自体は続いており、配当性向が比較的低く今後の増配余力がありそうなこと。
というのが大きいでしょうか。

ちなみに懸念している事項としては、
・上述の通り、売上の大半を占めるヒュミラの売上が低下すること、これに伴って企業成長が止まってしまうこと。
・直近の増配ペースが急ピッチであるため、株価がやや実力値よりもかさ上げされてるのでは?

最近、ヘルスケアセクターでは買収が相次いでおり、国内だと武田薬品工業のシャイアー買収が話題になっていました。
今年に入ってからも、ブリストルマイヤーズスクイブがセルジーンの買収で合意するなど、今後も合従連衡はありそうです。

ちなみにセルジーンの買収は、740億ドル(約8兆円)です。この買収が発表された直後、ブリストルマイヤーズスクイブの株価は10%以上下げました。
巨額の買収話が出ると買う側の株価が下がり、買われる側の株価が下がることが多いです。
現状の株価に上乗せして買うことになるのがほとんどであり、買収後のPMIがうまくいくかわからない段階だと、評価がなかなかできないというのもあるかと思います。

色々と書いてきましたが、今回の買い付けの詳細は下記の通りとなっています。

ABBV 買付詳細


先日のドル転の記事と同様に、一定の指値で数日放置していたら注文日の2日後くらいに約定していました。
買付手数料も含めて、取得単価が90ドルを切ればと思って設定しました。

ちなみに直近の配当金推移は下記の通りです。
dividend.comというサイトの、dividend historyを参照しています。

ABBV 配当履歴


配当権利落ち日が2019年1月14日になっているので、おそらく月曜の夜は1$程度株価が下げて始まるのではと思います。
現状、権利落ち日がどこなのかいまいちわかっていないので、実際の具体的な事例で確認してみたいと思います。

本題は権利落ち日の話ではなく、アッヴィの増配ペースの話なのですが、直近ですごい勢いで配当金額が増えています。
昨年の2月に払われた四半期配当は1株あたり0.71$でしたが、今年の2月に払われる予定の四半期配当は1株あたり1.07$になっており、50%超の増加となっています。

流石にこのペースで増配が続くとは思っていませんが、今後もコツコツと増配を続けていってほしいです。増配ペースは年に1回でいいので。

ただ、今回買い付けた金額は日本円で約20万円程度なので、今後も引き続き業績に大きな変化がなければ買い増していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

タイトルの内容とは関係ないのですが、従来外国株式等とか、外国株等と表記してきましたが、他のブログ等を見ていると、米国株式と表記するのが一般的なようなので、このブログにおいても米国株式、米国株と表記していきたいと思います。

で、表題のドル転についてですが、現在米国株を買い付けるにあたっては、住信SBIネット銀行で、ハイブリッド預金の口座から代表口座に振り替えて、それから外貨普通預金の買付を行なっています。

買い付けたドルについては、SBI証券の入出金画面からSBI証券の口座へドルを入金することができます。
この時注意すべき事項としては、SBI証券の口座にあるドルについては、利息がつかないということです。
とはいえ、現在米ドルの普通預金利率は0.7%なので、気にするほどの利息はつかないですが。

現在のドル転の方針は、そこまで明確に決めているわけではないですが、例えば現在が110円程度であれば108円の後半あたりに買い注文を出せる最長の期日で出しておきます。

そんな感じで最近の円高時に引っかかりました。

ドル転 108円台


注文日は1月1日で、約定日は1月3日になっています。

この日は箱根駅伝の復路を朝から見ようと待っている中、チラチラと為替の確認をしたらちょうど105円台になっていました。

思わず、二度見しましたが、急降下からリバウンドを始める直前でした。ただ、原因もわからずここからどこまで下がるかわからなかったので、その時点の価格の少し下で買い付けを入れたところ、数分後に約定していました。

ドル転 105円台


現時点では、108円台までリバウンドしているので、結果的には良いタイミングで買えました。

引き続き、釣りのように下の価格で買い注文を出しておきたいと思います。

これだけであれば、円高のタイミングでドル転したぜ!というドヤコメントで終わるのですが、そんなはずもなく。。。

株を買い付けるタイミングで、ドル転すれば良いのかもしれませんが、最初にその方法で失敗しているため、為替はなるべく円高の際にドル転したいなぁと考え、上記の取引に至りました。

失敗した際の買い付けレートはこちら。

BTI買付時ドル転


MO買付時ドル転


失敗したというか、ドル転した直後に円高になったというだけで、結果論なんですけどね。
この時はとにかく下がってきた株を今すぐ買いたい!ということでリアルタイムレートで買い付けていました。
これはこれで悪くはないと思うのですが、今回のように買付後すぐに急激な円高に襲われるということもあります(体験者は語る)。

そんなわけで、現在のドル転方針としては、良くいえば臨機応変に、悪くいえばかなり無計画にドルの買い付けを行なっている状況です。SBI住信ネット銀行でドル転する場合は、積立にすると手数料が1ドルあたり2銭で済みます(通常買付は4銭)。機械的にドル転していくという意味では、機械的に積立を行うのもありだな、と思うのですが、あんまり楽しくないんですよね。
この辺りも特に正解は無いのかなと思いますが、継続して検討をしていくべき課題だととらえています。

ひとまず何度かドル転したことで、ドルが手元にあるので次なる買い付け銘柄の検討を進めていきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ