すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

雑感

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」という報告書が開示され、物議を醸していました。
リンクはこちら
https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

主に、年金を受給したとしても、老後の資金として約2,000万円程度が不足することになるという部分がピックアップされ、
騙された!とか、年金だけで生きていけると思ってたのに!と言ったコメントが、各メディアで踊っていました。

個人的には、まぁ足りないよね、という程度の感想しかないです笑
いくら足りないかという点は、個人毎に家の保有であったり、月々の生活費の水準であったりで具体的な数値は異なると思いますが、年金(国民年金及び厚生年金)だけで、老後の生活全てを満たすのは難しいという認識はありました。

だからこそ、コツコツと投資を行って将来に備えようとしています。おそらく、長期的な視野で投資をしている方からすると、年金だけで生活できると考えている方はほとんどいないのでは?と思います。

個人的に、本報告書は多くの資料が引用元を含めて表記されており、出典元の資料まで行きやすいのがありがたいです。
リンクがあるとなお良いのですが。


ちなみに下記の記事もとても参考になりました。

「老後2000万円報告書」の炎上で隠れる本当に必要な議論
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/061200439/

まさに、こちらの記事でおっしゃっている通りだなと感じました。メディアで取り上げられている、2,000万円の不足という部分は、過去のデータを改めてまとめただけであり、今回初めて報告された内容ではありません。

こういった特に新たな内容では無い箇所がピックアップされ、他の重要な問題提起がみすごされてしまうということを筆者は危惧されていました。

認知症については、自分としても対策をどうするかというところは考えていかないとなー、と感じました。
高齢になる前に備えなければ。

報告書の全てを読み込んだわけではないので、細部はこれからですが、この報告書の内容に焦ることなく、積立投資を継続していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

先々週の土曜日、久しぶりに投資家のオフ会に参加してきました。(第6回 投資オフちば会)

主催者であるnantesさんによるちば会の記事はこちら
http://nantes20xx.com/post-12684/

また、もう1名出席されていたブロガー とむさんによる記事はこちら
http://tom-unyou.seesaa.net/article/465770981.html

いつもどおり、楽しい会でした!
で、今回やや異なっていたのは、とむさんがご自身の投資歴やポートフォリオ等をまとめてきてくださり、それを元にお話ししていただきました。

最近日本だけでなく、世界的に株式市場は不安定な値動きをしていますが、みなさん淡々と積立を継続されているようでした。
今回は比較的投資歴の浅い女性の方もいらっしゃっていましたが、色々な投資に浮気せず決めたインデックスにコツコツと投資されている印象で、私より投資成績が良さそうでした。
私の場合自分でガチャガチャやりすぎて、結局トータルするとインデックスに負けてますからね。。。

私は千葉会には毎回参加させていただいていますが、やはり周りに投資の話をできる人がいないので、こういう場を設けていただけるのはとてもありがたいです。

あっという間に、5月も終わりが近づき、気がつけば2019年の折り返し地点が近づいてきました。
まだ、令和という新元号にも慣れていない状態ですが。
引き続きコツコツと資産運用を継続していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

本日の記事は、私がウェルスナビで運用している資産残高の話ではなく、ウェルスナビが投資家から預かってている資産残高全体のお話です。

以前こんな記事を書きました。
ウェルスナビの資産残高について
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/11213242.html

ウェルスナビの財政状態について
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/11379420.html

記事自体は昨年の8月に書いたもので、この時点でのウェルスナビの資産残高は900億円を超えたところでした。

その後、無事に1,000億円を突破し、現在は1,400億円を超えた水準まで来ているようです。
1,000億を超えたところからは、100億円単位の開示を止めるのでは?と思っていたので少し意外でした。

こんなの記録してなんの意味があるのか!?と思われそうですが、個人的にはウェルスナビに資産を預け続けるためには、ウェルスナビが利益を上げられる体質になる必要があると考えているので、収益源たる資産残高が順調に増えていると言うのを確認することは重要なことと考えています。

で、ここまでの100億円毎の増加推移は下記の通りとなっています。

ウェルスナビ 経過日数 表


グラフは↓

ウェルスナビ 経過日数 図


ウェルスナビは、リスク許容度によって組み入れる資産の比率が変わりますが、主として、米国株式・米国以外の先進国株式・新興国株式の指数に連動します。
2018年の10月と12月は日米ともに株式指数が大きく下がっていたので、1,100億円、1,200億円を超えるのに日数を要していますね。
結構、12月の下落局面で解約が増えたかなー?と思いましたが、その後の株高で資産残高の増加ペースがある程度回復しているのが、確認できたので良かったです。

例年通りだと、5月頃には官報に掲載されたり、ウェルスナビのHPでも財産の状況についての開示がありそうです。
何もせずに資産運用ができる、と言う点でウェルスナビにはとても期待しているので、会社の状態については今後も継続的に確認していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

現在東京都内に住んでいます。

4年ほど前に新築のマンションを購入したのですが、よくある板状のマンションです。
家の近くにはタワーマンションが複数あり、中古タワーマンションのチラシがよく入ってきます。

近隣のタワーマンションは築5年以上経過していますが、中古マーケットではかなり売り出しも多く、成約事例も増えているようです。

タワーマンションには、コンシェルジュがおり、ゲストルーム、キッズルーム、ライブラリー、バー等共用施設が充実していますよね。

最近のタワーマンションはコミュニティの形成にも力を入れていたりしますし、眺望や共用施設の面以外でも居住するメリットがあると感じます。もちろん、ランドマーク的なタワーマンションであればステータスとして誇ることもできます。

タワーマンションに住むと健康を害するとか、エレベーターの待ちが長いとか、高層階の住人に蔑まれるとか、タワーマンションのネガティブな噂も見聞きしますが、タワマンに住んでいる知人に聞く限りとても快適なようで、自分も住めるものならタワマンに住みたいな、と考えています。

そんなタワーマンションになぜ住まないかといえば、単純に価格が高いからです。
身もふたもない話ではありますが。

もちろん、タワーマンションと板状のマンションは単純に比較できないですが、ほぼほぼ同じ立地にあったとして、タワーマンションの方が高いというのは理解できます。

あまり、一般化しやすい事例ではないのですが、近隣の例を取ると、

築10年程度の板状の中古マンション
70㎡で、約4,500万円

築10年程度の中古タワーマンション
70㎡で、約5,500万円

といった価格で販売されています。

4,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約117,000円になります。

同じく、5,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約143,000円になります。

なので、月々にすると26,000円の差です。

また、管理費や修繕積立金(以下、管理費等と表記します。)もタワーマンションの方が高いことが多く、これも近隣物件の数値になりますが、
上記設例の板状マンション→管理費等 17,000円/月
上記設例のタワーマンション→管理費等 41,000円/月
と、24,000円の差になります。

なので、ローン返済額と合わせると、月額で約5万円の差に!

マンションの購入価格の差と同じ分くらい、35年でランニングコストの差も積み上がっていくんですよね。
もちろん、もっと管理費等が安いタワーマンションもあると思いますが、いずれにせよ共用施設が多いとランニングコストが高くなります。

知り合いがいると、タワーマンションのゲストルームに呼ばれる機会もあるし、自分で所有しなくてもいいかな?と感じています。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

お正月を迎えると、なんとなく大学受験や資格試験を受けた際のことが思い出されます。

あの時はかなり勉強を頑張ったなーと思う反面、今は大した努力もできていないなー、と強く感じます。努力を継続するというのは、本当に重要だし難しいなと、実感してます。

大学受験の際に、湯島天神にお参りに行く人が周りに多かったように記憶しています。湯島天神といえば、学問の神様と言われる菅原道真公を祀っていることから、試験の合格祈願に訪れる人がとても多いです。

かくいう私も一度だけ合格祈願に行きました。大学受験ではないのですが。

この時は、事前の模試でも良くない結果が出ており、まさに神頼みといったところで、合格祈願に行きました。

あまり信心深い人間ではないので、普段から神に祈ることはなかったのですが、もしこの模試の状況で試験に受かったら神の存在を信じてもいいかな?というかなり上から目線な気持ちで行きましたが、あえなく落ちました。
そりゃそうですよね、自分の実力がなかったんで。
とはいえ、この時は自分を合格させられないとは神様も大したことないな、くらいに考えてました。

実力足りない人間が、1回合格祈願したくらいで合格するならこの世に難関大学、難関資格と呼ばれるものはなくなりますからね笑


翌年の試験では、事前の模試でもある程度良い成績が出ていたので、この年は合格祈願には行きませんでした。
まぁ若かったので、ここで合格祈願してしまうと受かった時に自分の力ではないように感じるかも、と思ったんだと思います。
神様の力ではなく、自分の力で受かったと言いたかったんでしょうね。
結果、この合格祈願しなかった年に無事合格しました。

上記を踏まえると、神頼みは無駄だし不要!!



と、合格した直後は思ってました。
まぁ、実際に祈ったところで自分の実力値はあがらないですからね。


こんなこと言っておきながら、社会人になってからは神様にお願いする機会が増えた気がします。
会社や地域の神事に触れる機会が増えて、伝統というか歴史を感じることで変わったのかな?
祈るというよりは、他者への感謝をするようになったというか。

実際、実力があったとしてもその実力が発揮できないこともあるし、例えばインフルエンザになって受験することすらできなかったりすることもありますよね。
自分自身、試験においてはそういうことはなかったですけど、社会人になってから体調を崩して事前の準備が水の泡になる経験はあります。
そういう経験があるから少し変わったのかも。

今回はまったく資産運用とは関係ない話になってしまいました。
実は、今月また試験受けないといけないんですよね。それでこんなネタを書いてみました。

1月に入ってから新たな銘柄の買い付けも行なっているので、これも追って記事にしたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ