すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

不動産関連(住宅ローン含む)

前回の続き的なエントリーです。

申し訳ないのですが、今回は株や投資信託、ETFのお話は出てきません。

それでも問題無いよ、という方はご覧ください。
ちなみに今回は共用部も入っています。といっても、私の住んでいるマンションはほとんど共用施設がないのですが、専有部に限定すると数が少なくなってしまうための苦肉の策です。

まぁ無理に5つ紹介する必要もないんですが、前回が5つだったので。

前回の記事はこちら↓から
http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/15149223.html


今回も第5位から発表していきたいと思います。




では早速!




第5位はレンタサイクルです!

これは、マンション全体としての設置物になりますが、電動自転車が4台置いてあり、住民は空いていればレンタルが可能です。宅配ボックスと連動したレンタルシステムとなっており使い方も簡単です。
我が家は1台電動自転車があるのですが、引っ越してきた当初はありませんでした。また、このマンションのレンタサイクルで電動自転車の良さを知って購入した部分もあります。
メリットとしては、無料で電動自転車が使える点ですね。一定の時間制限はありますが。
デメリットは好きな時に使えないことです。台数に限りがあるので、土日や保育園の送迎の時間帯によく全台出払っています。





続いて第4位!





4位は浴室暖房乾燥機です!


夏・冬共に活躍しています。
主に使用している機能は、暖房、乾燥、ミストサウナですかね。
冬場はお風呂場も寒いので事前に暖房をつけておくととても暖かいので、子供達の風邪予防にも一役買っていると思います。また、外の天気が悪かったりすると衣類乾燥もよくつかいます。特に梅雨時はいつ晴れるかわからない状態が長く続くので重宝しています。特に保育園用の急ぎの洗濯物は乾かす時間もないことが多いので助かっています!
ここまで書いてきたのがメリットですね。
一方のデメリットとしては、やはりコスト面でしょうか。ガス代の中に含まれて請求されてくるのですが、浴室にかかる分がいくらわかりません。
ちなみに冬場はかなり高い月もあり電気代は余裕で超えます。





3位は24時間利用可能ゴミ置場です!

レンタサイクルと同様に、専有部ではなく共用部分としての設備ですね。
そのまんまですが、24時間ゴミ捨て可能です。
基本的に一人暮らしの時を含めて、今まで住んだ家には全てこの機能が付いていたのであって当然という感覚なのですが、実家に帰ると、「燃えるゴミは何曜日で〜」とか「早い時間に出すとカラスが〜」とかいう話になるので、やはり恵まれているんだなと。
こちらについては特に思いつくデメリットはありません。
特に子供が小さいと汚物がすぐに溜まるので、いつでもゴミを捨てられるというのは本当にありがたいですね!





続いて、第2位は!!




2位は温水式床暖房です!


ガスを動力源とする床暖房です。我が家ではリビングについていますが、冬場に足元から暖めてくれるので重宝しています。エアコンと違って湿度が下がらない点がとても良いです。部屋全体を一気に温めるにはエアコンの方が優れてるかなと思いますが。
冬場は特に乾燥対策に気を使うので、湿度を保ったまま暖かくできるのは助かります。
デメリットはやはりコスト面でしょうか。こちらもいくらかかってるかよくわかっていません泣
浴室暖房乾燥機とのコンボで、冬場は結構な金額になります。
あとは、家を買ってから後付けできない点でしょうか。大金を積めばできるかもしれませんが。







さて、栄えある第1位は!




ディスポーザーです!!

なんだろ、日本語にすると生ごみ処理機ですかね??ディスポーザーで十分通じると思いますが。
いやー、ほんとになんでも処理してくれるんですよねー。今の家に住むまで使ったことなかったので、半信半疑でしたがかなり助かっています。
難点は音が大きい点と、こまめに掃除が必要な点でしょうか。とはいえ、音がするのも大体40秒くらいですし、掃除も毎日する必要はないのでそこまで手間ではないです。
子供達も最初は音に驚いていましたが、ゴミを無くしてくれるものだと理解したようで、上の子はやってーとおねだりしてくることもあります。
確かにさっきまであった生ゴミが1分も経たずに消えるんだから興味が湧きますよね。


ということで、マンションの便利な商品、サービスを紹介してみました。

ランク外だったものとしては、
・宅配ボックス

でしょうか。

我が家はあまり通販で買い物しないので、そんなに使う機会がないんですよね。
あると便利だなーとは思いますが。

と、今回も資産運用と関係ない話で終わってしまいました。
投資先からいくつか配当の入金もあったので、この辺りはまた週末にでもまとめたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

先週末の株式市場は不穏な動きでした。
というか激しく下げていましたね。

7日(木)が、前日比 ▲122.78円 終値 20,751.28円
8日(金)が、前日比 ▲418.11円 終値 20,333.17円
と二日続けて下落していました。

個人的には木曜日も結構下げたなーと感じていたのですが、上記のとおり日経平均の下落幅としては金曜日が3倍超になっています。感覚的にはほぼ同じだったのですが。これは自分の持っている株が木曜日によく下げたからそう感じたのかな?と思っていましたが、よく調べたら違いました。

こちら、当日の日経の記事のリンクになります。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASS0ISS16_X00C19A2000000/?n_cid=TPRN0003

SBGは制限値幅の上限(ストップ高水準)で終え、日経平均へのプラス寄与は166円に達した。
<日経 2月7日の記事より抜粋>

そう、前日6日の引け後に好調な決算発表と最大6,000億円の自己株式取得枠の決議を行ったソフトバンクグループがストップ高になったことで、この1銘柄のみで日経平均を166円も押し上げていたんです!
この6,000億の自己株式取得の原資は、子会社のソフトバンク上場により手にした資金だそうで、私がソフトバンクの公募で費消した金額がここに回っているんですね泣
あれだけ下がると事前に言われていて結局ネタ的に突っ込んだのは自分の責任なのですが、なんか腹立たしい笑
よく、ファーストリテイリングやソフトバンク等の比重が高いことが日経平均の良くない点として挙げられている記事を見たことはありましたが、ここまでとは思いませんでした。

この上記金額を補正する(7日のソフトバンクの株価は変動しなかったものとする)と、
7日(木)が、前日比 ▲288.78円=▲122.78円+▲166円
8日(金)が、前日比 ▲418.11円
ということで、何となく自分の感覚と近づきました。

連日300円若しくはそれを超える金額下げており、全体的に下降トレンドなのかな?と感じさせられました。早いところ手持ちの日本株は利確したいのですが。。。

と暗い話はこれくらいにして、今日は自分が買ったマンションの中でつけてよかったオプション商品について、記載してみたいと思います。

大分急な話題転換ですが、お付き合いください。

私は4年ほど前に新築マンションを購入しました。入居の半年以上前に契約締結を完了させていたので、色々なオプションに申し込むことができました。
その時は色々と調べたり悩んだり相談したり、もうこれ以上ない!というくらい検討して選んだつもりなんですが、今になって、申し込んだオプションの一覧を見ると、これ申し込んでてよかったなー、というものから、こんなの我が家にあったっけ?というものまでさまざまあります。

なので、今回は我が家が申し込んでよかったーと思っている、オプション商品について記載してみたいと思います。もしこれから自宅を購入される方の参考になる点が少しでもあれば幸いです。
(個人の感想なのでそんなに参考にはならないかと思います)


一応5位から発表していきたいと思います。



5位はシューズボックス下コンセントです!



シューズボックスの下に少し空間があるのですが、ここにコンセントを設置しています。
これによって、電動自転車のバッテリーが玄関で充電可能になります。
まぁ、無ければ無いでどこか別の場所で充電するとは思いますが、玄関に置いてあると朝の忙しい時間帯でも持っていくのを忘れることが無いんですよね。
これが結構な利点かな、と思っています。私が忘れっぽいだけですが。。。



続いて第4位!



4位は玄関の壁面鏡です!



サイズが600×1800で、いわゆる姿見というやつですね。
正直私なんかはほとんど使っていないのですが、妻や娘(4才)はたまに使っています。
そのうち娘が大きくなるともう少し実用度が上がるのかもしれません。
正直私はほぼ使っていません。最近は息子(2才)がバシバシ叩いたり、ボールを投げつけたりするのでひやひやすることの方が多いです笑



3位はランドリー吊り戸です!



洗面所の洗濯機置き場の上に吊り戸を設置しています(裏を返すとオプション付けなければ何も置けない)。洗濯用洗剤等、子供が万一にでも口に入れないように高さのあるところにおけるのが良いですね。また、着替えを置いておいたり、何かと使い勝手がいいです。
正直、これくらい元からつけといてくれよ、と感じてしまいますが、まぁあんまり高級なマンションではないのでしょうがないですね。。。



2位は人感センサースイッチです!


こちら、玄関とトイレに設置していますが、家に帰ってくると玄関の電気が自動でつきます。
また、トイレもほぼドアを開けたタイミングで明るくなります。
おかげで子供が夜中でもトイレに行くことをあまり怖がらないです。
人感センサーなので、トイレでボーっと固まっていると、人がいなくなったと判断されていきなり電気が消えるというのがデメリットかも笑
多分なくても問題ない商品だと思いますが、あるととても助かっています(主に子供かな)。



第1位は!




室内物干し金物です!!



室内物干し金物ってなんだ?という方もいるかと思うので、イメージ画像としてはこんな感じです。

室内物干し金物


なんでや!という声が聞こえてきそうですが。

妻の花粉症が結構重度で花粉の時期はなかなか外で洗濯物が干せないんですよね。また、天気を気にする必要もないですし、冬場は部屋の加湿もしてくれるので、この部屋干し用の金物は非常に重宝しています。部屋干しのにおいは気になったことないですね。洗剤のおかげなのだろうか??
室内に干せるので、子供たちも乾いたら教えてくれますし、洗濯物を干したり、干してある洗濯物を畳んでくれたりと、上の子は頑張ってお手伝いしてくれます。下の子はそんな事お構いなしで、奇声をあげたり、踊ったりしていますが笑


と、こんな感じのベスト5になりました。

正直全く参考にならなかったかもしれませんが。
ちなみに、オプションで付けたけど、上位のランキングに入らなかったものとしては、
・玄関手すり
・トイレ手すり
・キッチンの天板グレードアップ
・ドアキャッチャー

とかですかね。

手すりはもう少し高齢になると役に立つかもしれませんが、現状狭い室内に出っ張りがあってむしろ邪魔な感じも。そもそも後付けできるものだと思うので、必要になってからつければよかったかな。と思います。特に高齢の方が来ることも現状ではほぼ無いですし。
キッチン天板は、グレードアップしなかった場合、との差がわからないので評価不能です。けしてグレードアップしてがっかりした、ということは無いんですが、上記のランキングに入っているのは、全て無かったものをオプションで有りに変更したものなので、効果がわかりやすいんですよね。

ドアキャッチャーは特にあってもなくてもかなと思います。あまり部屋を開けっぱなしにすることが無いので。換気する時くらいでしょうか。

ちなみに、よかったオプション1位の室内物干し金物もよくよく考えると後付けした方が安かったなーと思うところはあります。めちゃくちゃ事前に調べたと言っておきながら、こんなものです。

ただ、家本体の金額に比べたら微々たるものですからね、あまり無理のない水準の家を買って、自分の好きなようにオプションをつける方が、自分の性にはあっていたと思います。

本日の記事はここで終わりにしますが、そもそもオプションではなくてデフォルトでついていたものの便利ランキングも別途作成してみたいと思います。
資産運用とは少し外れてしまいますが、興味のある方はご覧いただけると幸いです。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

現在東京都内に住んでいます。

4年ほど前に新築のマンションを購入したのですが、よくある板状のマンションです。
家の近くにはタワーマンションが複数あり、中古タワーマンションのチラシがよく入ってきます。

近隣のタワーマンションは築5年以上経過していますが、中古マーケットではかなり売り出しも多く、成約事例も増えているようです。

タワーマンションには、コンシェルジュがおり、ゲストルーム、キッズルーム、ライブラリー、バー等共用施設が充実していますよね。

最近のタワーマンションはコミュニティの形成にも力を入れていたりしますし、眺望や共用施設の面以外でも居住するメリットがあると感じます。もちろん、ランドマーク的なタワーマンションであればステータスとして誇ることもできます。

タワーマンションに住むと健康を害するとか、エレベーターの待ちが長いとか、高層階の住人に蔑まれるとか、タワーマンションのネガティブな噂も見聞きしますが、タワマンに住んでいる知人に聞く限りとても快適なようで、自分も住めるものならタワマンに住みたいな、と考えています。

そんなタワーマンションになぜ住まないかといえば、単純に価格が高いからです。
身もふたもない話ではありますが。

もちろん、タワーマンションと板状のマンションは単純に比較できないですが、ほぼほぼ同じ立地にあったとして、タワーマンションの方が高いというのは理解できます。

あまり、一般化しやすい事例ではないのですが、近隣の例を取ると、

築10年程度の板状の中古マンション
70㎡で、約4,500万円

築10年程度の中古タワーマンション
70㎡で、約5,500万円

といった価格で販売されています。

4,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約117,000円になります。

同じく、5,500万円を借入期間35年、金利0.5%、ボーナス返済無しでローンを組むと、月々の返済額は約143,000円になります。

なので、月々にすると26,000円の差です。

また、管理費や修繕積立金(以下、管理費等と表記します。)もタワーマンションの方が高いことが多く、これも近隣物件の数値になりますが、
上記設例の板状マンション→管理費等 17,000円/月
上記設例のタワーマンション→管理費等 41,000円/月
と、24,000円の差になります。

なので、ローン返済額と合わせると、月額で約5万円の差に!

マンションの購入価格の差と同じ分くらい、35年でランニングコストの差も積み上がっていくんですよね。
もちろん、もっと管理費等が安いタワーマンションもあると思いますが、いずれにせよ共用施設が多いとランニングコストが高くなります。

知り合いがいると、タワーマンションのゲストルームに呼ばれる機会もあるし、自分で所有しなくてもいいかな?と感じています。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

既にご覧になられた方も多いかと思いますが、今月の適用金利についてメガバンクを含む国内大手行が住宅ローン金利を一部引き上げました。

これは、7月末に日本銀行が金融緩和策を修正し、ある程度金利の上昇を容認したことが影響したと見られています。

金利は今後も上昇する??

すぐに上昇していくか?というとどうでしょうか。
日銀もある程度の長期金利の変動幅拡大は容認したものの、金利が急速に上昇する場合、国債の買い入れを実施することで金利の安定化を図るとしています。
これから消費税増税が待ち受けていることからも、景気が大きく崩れないように金利を安定的に推移させたい、という考えが根底にあります。

また、実際の住宅ローン金利を見ても、三井住友信託の当初10年固定で0.8%と以前と比べて少し上昇していますが、変動金利は0.475%と相変わらず低い水準のままです。(金利はいずれも最優遇の場合)

当然ながら金利決定の基準金利自体も変動の場合2.475%から動いていません。

これらを踏まえると、当初10年固定の金利はやや上昇したものの、継続してこれからも上昇し続けるというのは、想定しづらいのでは?というのが現時点での見解です。

金利上昇にはどう対処すれば良い?

金利上昇が確実であれば、現時点で長期間の固定金利に切り替えるということも考えられますが、借換を行うにも手数料が生じることになるため、どこまで金利上昇した場合に、借換が得になるかというのはなかなか具体的にはわかりづらいところ。

私の場合は変動金利と10年年固定のミックスで借りていますが、比率は1:1ではなく、3:1位で変動金利による借入が多いため、金利上昇への耐性はそれほどありません。

ただ、現時点では無リスク資産をある程度保持できていることから、万が一急激な金利上昇が起こった場合には繰上返済を行うことである程度対応可能と考えています。

急激な金利上昇といっても、現在0.5%前後で推移している変動金利が2%を超えてくることはないだろうと。
2%を超えてきたら、変動で借りてる人の大部分は、返済がかなり厳しくなるのではと思います。

ただ、世界を見渡すとアルゼンチンは政策金利が多45%→60%に引き上げられてますし、先日大幅な通貨安を記録したトルコも17%程度と、日本では考えられないくらい高水準です。

これらの国の数値を見てしまうと、日本の金利は現実的なところでコントロールされているなと感じます。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

副業・副収入という話を、最近よく耳にします。
給与収入以外にも収入が得られるように、副業をしたりして、収入の入り口を複数作ろう!ということですね。

私が勤めている会社は、申請をして許可が下りれば副業可能となっています。
実際に副業をしている方もいらっしゃいます。
私自身、副業は行っていませんが、我が家はいくつか副収入があります。

サラリーマン世帯のささやかな副収入とは??

一応、金額の大きい順に記載していきます。

①不動産投資
→別記事でも記載しましたが、築古のファミリーマンションを保有しており、これを貸し出しています。
当該不動産にかかるローンはないので、少額ながら毎月キャッシュを産み出してくれています。
あくまで、副業と書かずに副収入としているのは、労力が全くかかっていないからです。あと、事業と呼べる規模でないということもありますが。
関連記事 不動産投資(築古のマンション)

②配当金収入
→2017年は1年間で2万7千円でした。
2018年は7月末時点で2万5千円なので、1年間で見れば、昨年よりは多くなりそうです。金額はいずれも税金控除前。
また、上記の金額は個別株からの配当金のみなので、ウェルスナビの分配金を含めるともう少しだけ増えます。

③株主優待
→特に株主優待目当てにクロス取引をしたりはしていないのですが、保有株の中で優待をくれる会社があります。オリックスやKDDIはカタログギフトをくれます。
関連記事 高配当・優待株②(オリックス)  高配当・優待株③(KDDI)

④ふるさと納税の返礼品
→ふるさと納税はよく節税の手法として取り上げられていますが、実質的に特をするのは返礼品部分なので、これも副収入としてカウントしてもいいかなと思っています。今年はかなりふるさと納税の金額が減りそうですが、いつも年末にまとめて納税しているので今年受け取った返礼品は結構たくさんあります。定期配送のやつにすると冷蔵庫の負担にもなりにくいです。
ふるさと納税については、またどこかで記事にしたいと思います。

⑤覆面調査(ミステリーショッピング)
→これが一番副収入にカウントしていいのか、怪しいのですが。
メインで行っているのは妻です。
以前記事にしている通り、実際に儲けが出るというよりは、実費に近い額が戻ってくるというのが正しいです。使わなければ入ってこないので、副収入とよんでいいものか。
ただ、ほとんど行くのは飲食店です。
仮に店に行かずともご飯は食べるわけで、実際には得してる!ということで、ここでは副収入に含めます。
関連記事 ミステリー

⑥アンケートモニター
→まだ記事にしていないですが、『マクロミル』というアンケートモニターサイトを利用して、空き時間にアンケートの回答を行っています。
ノーリスクで収入になるという点は理想的ですが、金額的にはあまり多額にはなりません。

副収入の今後の目標は?

現時点では明確な目標は無いのですが、副収入(給与以外の収入)が年間100万円を超えるとだいぶ気持ちの余裕が出てくるかなーと思います。
そのためには、現在ある副収入の金額を増やすことと、新たな副収入の道を見つけることのいずれかが必要になりますが、どちらも達成できるように取り組んでいきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ