すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

配当金実績

2月になって、米国株式からの配当金が振り込まれています。

振り込まれたのは、
2月4日 AT&T
2月13日 BTI
2月18日 ABBV

になります。

従来は、SBI証券内の「口座管理」>「取引履歴」>「譲渡益税明細」内の情報から、各株式の配当金情報を確認していたのですが、BTIの情報がいつまでたっても更新されません。
米国株の配当金受領について、先日電子交付書面有りに変更したので、確認したところこちらで確認ができました。

AT&Tの配当金については、譲渡益税明細に反映されているのに、BTIの分は反映されてない。
なんでかなーと思いながらBTIの配当に関する電子交付書面を眺めていた際に、『口座区分:一般NISA』と記載されているのが目に入りました。

BTIはNISA口座で購入しているのですが、NISA口座での購入は配当金も非課税になるため、譲渡益税明細に載ってこなかったようです。


なるほど!!
NISA口座で購入したの初めてだったので知りませんでした。ひとつ勉強になったなー。

ということで今後は、電子交付書面と譲渡益税明細をうまく使いながら配当金額の確認を行っていきたいと思います。

問題点も解決したところで、3社分の配当にかかる電子交付書面を貼っていきます。

受領した日付順に

AT&T 2月4日

AT&T 受取配当金額


BTI 2月13日

BTI 受取配当金額


ABBV 2月18日

ABBV 受取配当金額


これ以外に国内株式からの配当金も少額あるため、2月の受取配当金は28,000円~30,000円程度になりそうです。
今まで受領してきた配当金が少なすぎたため、月次の配当金受領額としては過去最高記録になりました笑
今年中にこの月次の記録はどこかで更新したいところです。

今月に入ってダウもS&PもNASDAQも全ての指数が好調で、なかなか追加投資しづらいのですが、上昇相場でも淡々と投資を行っていきたいと思います。
基本のペースとしては、月に1回で考えているので、次回は来月になりそうです。
(今年は1月にABBV、2月にVYMに投資済)

あまり上がっていない株に投資したいなーと考えると、現在のポートフォリオで含み損になっているMOが真っ先に投資先として思い浮かぶのですが、『2019年の投資方針』(http://www.fugourina-shisanunyou.com/archives/14979432.html)において、ナンピンする際は3ヶ月以上あける旨を明言しているので、ここも4月以降まで待たないといけません。
いつも思考が逆張り的なので、下がっているものを買っていきたいのですが、現状ウォッチしている銘柄の中だとほとんどないんですよね。
強いてあげるなら、KO(コカコーラ)でしょうか。ただ、株価は下がってきたもののそこまで配当利回りが高いわけでもなく、なかなか悩ましいです。
迷った時は指数ですかねー?よくよく考えるとこうしたい!という、自分の中でのあるべきポートフォリオが定まってないんですよね。米国株式の投資先比率の目標というか。
一度現時点のポートフォリオをまとめた上で、投資先を選定していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

表題の通りなのですが、アルトリア・グループ【MO】より、四半期配当金を受領しました。

昨年の終わり頃から米国株式に投資をするようになりましたが、配当金を受領するのはこれが初めてになります。
金額的には大したことないですが、四半期単位で入金されるというのはありがたいですね。

配当金支給のデータは下記の通りです。

保有株式数:93株
1株あたり配当金:0.8$
税引前配当金:74.4$
税引後配当金:53.53$
支給率:71.94%

ということで、がっつり二重控除されていることが確認できます笑

本当は取引報告書があるといいのですが、探してみても見当たらないんですよね。私はSBI証券を利用しているのですが。
でも、他の方のサイトを見たりしていると、SBI証券でも配当金の取引報告書が電子データで来ているようでした。

なんで、自分のとこに来ないのかなー?と色々調べていたら、外国株式の取引報告書が電子交付ではなく郵送になっていました。。。

確かに買い付けから1週間後位に取引報告書が送られてきていました。外国株式送ってくるのかな?くらいに思っていましたが、設定の問題だったようです。
まぁ入金金額が変わるわけでもないのでいいんですが。

そして、MOの配当金推移等は下記の通りです。

MO 配当履歴


今回の配当金を受領して思うことは、とにかく権利落ち日から配当金の支払いまでが短いこと!

今回でいうと、2018年12月24日が権利落ち日で、2019年1月10日が配当金支払日になっており、権利落ちから支払日まで半月となっています。
日本の場合は、配当の権利落ち日は決算日ごとに統一されているので、3月末決算の会社であれば皆同一の日付になります。
かつ、配当については原則として株主総会決議を要するので、決算日が3月末だとすると6月末頃になるケースが多いです。つまり権利落ち日から支払われるまでの期間が約3ヶ月ということになります。
なので、半月後に支給されるというのは驚きでした。
また、先日不祥事があったKYBもそうでしたが、決算日を超えた(権利を取得した段階)で、配当の可否が確定しておらず、その後無配に転落というケースも少なからずあります。
KYBのケースは、あれだけ騒がれており業績への懸念もあったので、減配の可能性は予見できていたとも言えますが、やはり親切でないとは思いました。その点、米国株式は配当の権利落ち日前に次の配当金額が開示されるようなので、この点は非常に投資しやすいなと感じています。

米国株式では、各会社ごとに配当の基準となる日が異なっており、確認するの少し面倒ではありますが。

今回配当を受領したMOは、1,4,7,10月が配当支払月になります。

また、これ以外に現在保有している BTI、AT&T、ABBVについては、2,5,8,11月が配当支払月になります。
そのため、3,6,9,12月が配当支払月になる銘柄を購入すれば、全ての月で配当金を受領することができるようになります。

まだ、具体的にどれにするかは決めていないですが、今年中には3,6,9,12月に配当が支払われる銘柄を購入することになると思います。
具体的には決めてなくても目星はつけてるんですけどね!


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ