すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

月次運用実績

あっという間に2019年も1ヶ月が終わってしまいました。

今月何していたか、あまり思い出せません。仕事もぼちぼち忙しかった気がするのですが。

先月の投資成績は惨憺たるものでしたが、今月は少し盛り返しました。
1年のスタートしては上々の成績だったと思います。まぁ、指数が日米ともに上向きだったおかげなんですが。
定例のグラフ推移はこちらになります。

リスク資産残高推移 2019年1月末


昨年の11月以降毎月残高が大きく伸びていますね!
とはいえ、昨年の11月、12月は入金を行った関係で日本株等、米国株等の残高が増えているものの、入金額の大半が含み損として消えてなくなりました。

その点、2019年1月は積立分以外の入金はありませんので、純粋に投資成果で増えたということができます。

2019年1月度の前年末比の増減率は、
全体成績   +5.9%
個別株式   +6.0% (日本株と米国株の合計)
ウェルスナビ +6.6%
ideco     +4.3%

となりました。
勝手に運用してくれるウェルスナビが一番成績が良いですね。ぐぬぬ。

①国内株式
→先月がひどすぎたので、少しリバウンドしただけかもしれませんが、持ち株はどれも堅調でした。中でも、マネジメントソリューションズ(7033)とヒーハイスト精工(6433)が良く上げてくれました。
国内株式は少しずつ売却し米国株式の方に移動する方針であるため、ヒーハイスト精工については一部売却しました。
後は問題児レントラックス(6045)ちゃんをどうしようかなーと悩んでいます。

②米国株式
→ほぼ底値で買えたAT&Tはずっと含み益の状態で推移していましたが、残りの3銘柄は惨憺たる状況でした。MOについてはモルガン・スタンレーのアナリストが目標株価を下げたことに起因して、株価が大きく下落しました。
ABBVについては、決算でヒュミラの売上が低下していることが嫌気され、こちらも大きく下落しました。BTIは相変わらず底を探るように下値を模索していました。そして決算後に買おうと思っていたIBMは好決算を反映して株価があっという間に上の方に飛んで行ってしまいました。。。
ただ、このよくない流れが29日頃から変わりつつあり、この2日で急速に戻した結果先月末比でトントンくらいで終えることが出来ました。米国株式は未投資のドル建て現金も含まれているので、2月も機会があれば買い付けを行っていきたいと思います。
加えて、為替が円高の方に振れてきているので、住信SBIネット銀行の為替手数料が無料の間にドル転も進めていきたいと考えています。

③ウェルスナビ、ideco
→いずれも元本に対してまだ含み損の状態ではありますが、どちらも12月末の惨憺たる状態からは少し回復しました。

昨年も1月は絶好調だったんですよね。そして悪夢の2月で大幅に運用成績が悪化したことが思い出されます。国内株式のうち、売却予定の銘柄については早めに売却した上で、米国株式の購入原資としていきたいと考えています。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

だいぶ時間が経ってしまいましたが、11月末時点の運用成績、資産残高等についてまとめていきたいと思います。


まず、11月の全体のリスク資産残高はこちらの通りです!

資産残高推移 2018年11月末 外国株あり


めっちゃ増えてるー!!!

。。。

ように見えるのは、新規に入金したからです、はい。
主に外国株の部分が今月新たに入金した分ですね。

11月の運用成績は、今年一番ひどいレベルでした。
上の表だとよくわからないので、外国株の分を除いたものがこちらになります。

資産残高推移 2018年11月末 外国株無し


おー。。。減ってる。
しかも、ウェルスナビやideco、持株会等への積立分を加味して、これですからね。
ただ、11月はウェルスナビやidecoは、前月末比で積立分以上に増えてるんですよね。
なので、11月分のマイナスはほぼ個別株です。

具体的にはレントラックス。
中途半端な上方修正からあっという間に4割程度株価が下落しました。

これは完全に売り時ミスですねー。
持ち株を少し整理して、外国株の方に振り向けようと考えていますが、レントラックスはまだ売らない予定です。

11月は新規でJTと日産自動車を購入しました。
また、外国株では、BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)を新規で購入しました。

外国株は引き続き買い増していきたいのですが、その原資をどうするかというところに頭を悩ませています。

今のところ既存の積立について額を減らしたり、積立をやめたり、というのは考えていないですが、どこかでそこに手をつけないといけなくなるかもしれません。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

10月末におけるウェルスナビの残高はこちらの通りです。
idecoの残高同様に、損益がマイナスに突入しています。


ウェルスナビ 2018年10月末残高



idecoと同様に月次の残高をグラフ化してみました。
どのアセットが減ったかは、よくわかりませんが全体として10月が落ち込んでいるのがよくわかりますね。


2018年10月度 ウェルスナビ残高推移 表



このグラフの基礎数値がこちらです。

2018年10月度 ウェルスナビ残高推移 数値



直近では米国債券、不動産、金については、株式ほどの変動はしておらず、一定程度ポートフォリオが機能していると言えるかと思います。
ただ、リスク許容度5(最大値)で運用を行なっているため、株式比率が高いので、こういった相場下落局面ではがっつり被弾します。

ウェルスナビにログインしたところ、資本金変更のお知らせと、自動積立の方法が増えました。
というお知らせが来ていました。
自動積立の方法については、また別記事で書きたいと思います。

資本金増加については、順調に資金が調達できているようで何より。この市況の悪化傾向をはねのけて、上場までたどり着けるだろうか??


と、ここまでを下書きした状態で、止まってました。
ほんとは水曜くらいにアップしたかった。。。

今週も終わっているので、今週の成績を。

私のPFは、▲165千円でした。
レントラックスが上方修正を発表するも、あまりに奥ゆかしい通期業績予想だったため、めためたに下げました。
うーん、売り時がむづかしいですねー。個別株は。
ただ、まだ当面は継続保有の予定です。
あと、下の方で指していたJTが約定していました。買い単価は2,820円位だったかと。
少しずつ高配当株が増えてきました。

また、今まで下がりっぱなしだったピクテ新興国株式が、気がつけばプラス転換していました。
まぁ、微々たる数値でしたが。

個別株で勝てる気がしないですが、個別株も高配当株も、積立投資も、ゆっくりと継続して行きたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

2018年10月度のideco口座の残高は、下表のとおりとなりました。

ideco 2018年10月末残高


一気に損益がマイナスに突入しています。
全体的にひどかったとは思うのですが、中でもひふみ年金がかなり下げている気がしますね。
とはいえ、当月の残高のみだと先月からの差分が分からないので、過去からの推移をまとめてみました。

2018年10月度 ideco残高推移 表


軸の数値は同じなので、折れ線で表記している元本よりも、棒グラフの方が下回っているため、10月度から含み損に突入していることが分かります。月額の拠出金額を含めて資産残高が減少しているので、いかに今月のマイナスが大きかったかがよくわかります。


グラフではなく数値で表記させるとこちらのとおりとなります。

2018年10月度 ideco残高推移 数値



ひふみは3ヶ月前の残高まで戻っていますね。
新興国株式は約2.5ヶ月前の残高、先進国株式が2ヶ月前の残高まで戻っています。
下がっている時こそ、積立額を増やしたいところですが、idecoでは積立額をこれ以上増やすことが出来ないため、引き続き同額を積み立てていきたいと思います。

idecoについては、現状検討すべき課題が2つあります。
①積立先から削除されてしまう、DC三井住友外国債券ファンドの取り扱いをどうするか?
⇒既に積立てたが金額については、そのままにすることも出来るのですが、今後の積み立て分については恐らく定期預金に回されることになるかと思うので、その分をどこに配分するかを考えなくてはいけません。

②SBI証券の新プランに移行するか否か?
⇒eMAXIS Slim等、最新の低コストインデックスファンドを組み込んだプランへの移行が可能。
この移行を行うのか否か。移行する場合には一度現在の資産を売却しなくてはならないのが難点です。
今のところ移行しなくていいかなーと、そのままステイする方に傾いています。
ただ、最終結論は出ていないため、引き続き検討を行っていきます。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

今週は体調を崩して2日ほど家で寝込んでいました。
原因不明の腹痛と高熱に襲われとても辛かったですが、なんとか復活できました。
本当は木曜日頃にアップしたかったのですが。。。

こちらが、2018年10月度の運用実績になります。

リスク資産残高推移 2018年10月末残高


正直このグラフだけだと、全体として9月と比べてほぼ横ばいというのが分かる程度で詳細はあまりわからないですよね。
ちなみに現在の積立実績状況としてはこちらの表のようになっています。

2018年10月時点積立実績


月末の資産残高が先月末とほぼ変わっていないということは、この積立金額分くらいのマイナス運用だったということになります。
まぁ、この程度で済んでよかったなというのが感想です。
10月第4週の下げは本当にすごいものがありましたからね。

先週末の段階では、かなりのマイナスになるかなー?と思っていましたが、10月のラスト2日で個別株がかなり持ち直しましたおかげでこの程度のマイナスで済みました。
この10月最後の2日間が風邪で寝てた日なので、あまり上がった実感がないんです。


idecoとウェルスナビの成績については、過去分との比較がしやすいように少し方法を変えて開示予定です。なので本日は詳細の開示はありません。

個別株についてはやや持ち直したものの、指数全体が10月は大きく落ち込んだため、投資信託、ideco、ウェルスナビとインデックス系のものは大きく数値が落ち込みました。
米中の貿易戦争だなんだと色々ありますが、これからの2ヶ月は年末ラリーで上げてほしいなーと思いつつ、益出し、損出しを管理していかなければ、と考えています。

今年は、2月の下落局面で結構利益確定を行ったため、確定利益が計上されている状況です。
なので年末までに含み損の銘柄については損出しをしていこうと思います。
高配当銘柄についても有効なのでもれなく対応を行っていきたいです。
ただ、優待系の株式には注意が必要で、イオンのように株主カードが配られるところだと、一度売却して株主番号が変わってしまうと、オーナーズカードも変更することになります。
また、売却して、購入すると一度保有期間がゼロにリセットされるため、年数縛りの優待目的の場合は損出しするメリットがありませんので、注意が必要です。

もちろん全銘柄が含み益の状態を保てていれば一番いいのですが。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ