すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

月次運用実績

5月は昨年の12月に近いマイナスとなりました。
米中の貿易戦争も終着点が見えないですし、Brexitも一番悪い方向に流れているような気がしますね。
そんな雰囲気の悪い中、私の持ち株たちもなかなか悲惨な結果になっています。

2019年5月度の資産運用成績は、マイナスでした。

日経平均 4月末  22,258.73円 ⇒ 5月末  20,601.19円
NYダウ  4月末 $26,592.91  ⇒ 5月末 $24,815.04
S&P500  4月末  $2,945.83  ⇒ 5月末  $2,752.06

各指数もかなり下がってますね。ただ、リーマンショック級というほどでもないですし、まだまだ下値余地は大きそうです。

定例のグラフは下記の通りです。
リスク資産残高推移 2019年5月末


5月は元本追加があったものの、運用成績が大幅マイナスだったため、リスク資産残高全体としては前月比マイナスとなりました
タバコ株のウェイトが高いので、タバコ株が売られ始めるとあっという間に運用成績が悪化します。
もう少し比率が下がるように買い付けを進めていきたいところです。

株安に触れている一方、為替は円高に振れています。そのため、5月も2回ほどドル転を行いました。
円高が進むようであれば、多少無理してでもドル転を進めていきたいと思います。

2019年5月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +4.4%(△5.9%)
個別株式等   +3.7%(△5.9%)
ウェルスナビ +7.5%(△7.0%)
ideco     +7.8%(△5.9%)

となりました。
全体の指数も下がっているので、みんな仲良くマイナスですね。
こういう月にプラス計上することが、安定的な資産の増加をもたらしてくれるんでしょうけど。
なかなかうまくいかないものですね今月の個別的な要因はこちら

①国内株式
今月は売買なしでした。JTの買い指値を入れているものの、価格がやや欲張りなためか約定しませんでした。継続的に買い注文は出しているので、来月には買えているかも。ただ6月が配当の権利確定月なので、権利落ちで6月末はさらに下がっていそう。。。
他にも個別株にはいくつか注文を入れいますが、なかなか約定しません。
下がったものについては、買いを入れていきたいと思います。

②海外株式
ポートフォリオの過半を占めるBTIとMOが大きく下落したので、全体的に下落しています。
そして、4月に購入したVOD(ボーダフォン)がさっそく減配しました笑
いや、笑えない話ではあるのですが、自分のセンスのなさに笑ってしまいました。
まぁ、減配を織り込んだような配当利回りでしたからね。
その割にそこまで株価はさがっていません。もう下げすぎてたからでしょうか。ここから3割とか下がってくると今度は同業他社含め、M&Aの対象になってくる可能性があると思います。なので、減配はしたもののVODについては、当面保有を継続する予定です。
また、別のエントリーでも触れようと思いますが、株価急落中のMMMを5月に購入しました。
こちらもまさに落ちるナイフをつかんだ感じで、底値が見えません。個別株は難しいなぁ、と感じた次第です。もう少し個別株式だけではなく、ETFの比率を高めようかと考えています。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビもidecoも特に何もしていません。米国株の下落に伴って含み益が溶けました。
idecoについては、先月ひふみ年金及び外国債券の残高をスイッチングして定期預金に振り替えました。いずれも利益が出ている段階だったので、今のところこの決断は吉と出たようです。
定期預金に振り替えた分は、今後大きく下がった時に買い増せるように余力資金として使う予定なので、もう少し寝かせておきたいと思います。何処が底かというのはさっぱりわからないんですけどね。

日経は元より、NYダウやS&P500もこれから下降局面なのかなーと感じます。
入金しても前月比で資産がマイナスになってくると、心が折れそうになりますが、安くなった時に買い向かっていかないと、上昇局面で大きく資産を増やすことができないですからね。淡々と入金投資を継続していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

10連休もあっという間に終わってしまいました。

今年は1回出勤しただけでほとんど休めたので、よい連休でした。
社会人になってから8年位はGWがほとんど仕事、という業種・職種だったため、いざGWとなっても海外に行ったりする気がおきません。旅行の金額が跳ね上がるためです。
(そもそもあまり旅行が好きではないというのもありますが)
このGWの時期にしかまとまって休みが取れないし、子供も休みだし、ということでこの時期に需要が集中するため、金額が上がるというのはやむを得ないと思いますが、我が家の場合は子供がもう少し大きくなってから旅行に行くという選択肢を検討したいと思います。

今の時点では、私と妻の実家に帰省するだけで、十分楽しそうですし。

話がそれてしまいましたが、4月の運用成績です。

2019年4月度の資産運用成績は、マイナスでした。

日経平均 3月末  21,205.81円 ⇒ 4月末  22,258.73円
NYダウ  3月末 $25,928.68  ⇒ 4月末 $26,592.91
S&P500  3月末  $2,834.38  ⇒ 4月末  $2,945.83

全体的に上げているんですけどねー

定例のグラフは下記の通りです。

リスク資産残高推移 2019年4月末


4月は元本追加もなく、運用成績が微減だったためほとんど増減はありません。
米国株を購入しているものの、ハイテク株をほとんど保有していないため今月の相場上昇の恩恵にはあまり預かれていません。

ややドル高に振れてきているので、5月度も110円切ったあたりからドル転を進めていければと考えています。

2019年4月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +10.3%(△1.3%)
個別株式等   +9.6%(△2.4%)
ウェルスナビ +14.5%(+3.7%)
ideco     +13.7%(+3.5%)

となりました。
自分で色々考えて買っている個別株が大幅マイナスで、お任せ運用のウェルスナビとidecoがプラスですね。平たく言うと、自分が足引っ張ってるということです。。。

今月の個別的な要因はこちら

①国内株式
MSOLを4月に一部買い戻しました。売値より大きく下がってきたので。今のところは待って良かった感じですが、今後はどうでしょうか。
他は、売ろうと思っていた銘柄が全く上がらないのでそのまま持っていますが、この辺りをいつ売ればよいか。
まぁ、長期的には上がるかな―と思っているので上がらなければ継続保有するだけなのですが。
ヒーハイスト精工、レントラックス、三光合成、ニチリン

②海外株式
ポートフォリオの過半を占めるBTIとMOが大きく下落したので、全体的に下落しています。
数値の割合的にはこの2つが大きいのですが、IPOのLFYT株式で火傷したのが、一番余計でしたね。色々と興味があるとすぐに手を出してしまうので。そこまで大きな金額出なかったのが救いです。
4月に入ってからVOD(ボーダフォン)を購入しました。
減配が無ければ非常に魅力的な水準なんですけどね(配当利回り9%超)。
減配を織り込んでいる株価な気がしなくもない。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビについては特に何もしていませんが、米国株の水準回復に伴って含み益がジワリと拡大しています。
idecoについては、ひふみ年金及び外国債券の残高をスイッチングして定期預金に振り替えました。
いずれも利益が出ている段階だったので、今のうちにというところですね。
定期預金に振り替えた分は、今後大きく下がった時に買い増せるように余力資金としてとっておきます。資金効率的にはやや不合理な気もするのですが。

10連休明けに大きく下落するのでは?といった話も出ていましたが、実際為替はかなり円高に振れていますし、明日の日経は下げて始まることになりそうです。
今年は、昨年10月や12月のような買い場がまだ来ていないので、ドル転しながらその時を待ちたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

少し間が空いてしまいましたが、妻も無事に退院して家に戻ってきました。

いやー、健康は本当に何事にも変えがたいものだな、と強く感じた次第です。

色々と家でやることの分担は今まで通りともいかないので、自分の方で家事や育児を可能な限りやっていきたいと思います。
ブログもあまり気張らずぼちぼち再開していきます。


2019年3月度の資産運用成績は、ほぼ横ばいでした。

日経平均 2月末 21,385.16円 ⇒ 3月末 21,205.81円
NYダウ  2月末 25,916.00$  ⇒ 3月末 25,928.68$
S&P500  2月末  2,792.34$ ⇒ 3月末  2,834.38$

日経は下げて、ダウとS&P500はあげていますが、いずれも微減、微増といったところですね。

定例のグラフは下記の通りです。

2019年3月度 リスク資産残高推移


1月2月と同様に3月も棒グラフは順調に伸びています。
ただ、1月2月は積立投資分以外に元本追加していないのに対して、3月は元本追加を行っているためで、運用成果によるものではありません。
順調に外国株の比率が高まっていっていますね。

3月も下がったら買おうと思っていた銘柄が、みなするすると上昇してしまって、上昇相場における買付の難しさを感じる月になりました。

2019年3月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +11.6%(△0.3%)
個別株式等  +12.0%(△0.4%)
ウェルスナビ +10.8%(+0.0%)
ideco     +10.2%(△0.4%)

となりました。
3月単月ではすこーし減りましたが、まぁこれくらい残せていれば御の字でしょう。

今月の個別的な要因はこちら

①国内株式
MSOLを2月に売却して、1Q決算後に買い戻そうかなーと考えていましたが、1:3の株式分割が発表され1Q決算もそこまで悪くなく、買い戻すことができないまま4月を迎えています。
うーん、今の所売却は失敗した感じです。。。
他は、ヒーハイスト精工、レントラックスについて株価が下がってきたので、少しだけ購入しました。2月と真逆ですね。
結局国内株式を追加購入してしまっている。。。

②海外株式
ポートフォリオの過半を占めるBTIとMOが続伸し、大きく貢献してくれました。
また、まだ記事にしていないですが、3月に2銘柄購入しています。
これらはいずれも含み損の状態です。
トータルではウェイトの高いたばこ株のおかげでプラス推移となりました。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビについては特に何もしていませんが、米国株の水準回復に伴って含み益がジワリと拡大しています。
idecoについては、掛け金の配分割合を修正しました。これも別記事で取り上げるかもしれませんが、ひふみ年金への積み立てを止めました。
過去ひふみ年金に投資している分についてはまだスイッチングしていませんが、利益が出る段階になったらスイッチングしようかな?と考えています。

元号も発表され今月末には10連休が待っています。
10連休前後の市場が有れるのでは?という見方もあるようですが、どうなるでしょうか。

一応4月の方針としては、3月中に少しドル転しているので、4月も下がる銘柄があれば買付を行いたいと思います。
ちなみに現在、目をつけているのはこちら。
・VOD(ボーダフォン)
・RDS.B(ロイヤルダッチシェル)
ただいずれも英国株のADRなんですよね。
そういう意味ではブレグジットの動向が最も気になるところです。

一方で、国内株式は可能な限り売却していきたいです(でも下がれば買っちゃうんだろうなぁ)


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

2019年2月度は、先月に引き続き良い成績を残すことができました。

日経平均 1月末 20,773.49円 ⇒ 2月末 21,385.16円
NYダウ  1月末 24,999.67$  ⇒ 2月末 25,916.00$
S&P500  1月末  2,704.10$ ⇒ 2月末  2,792.34$

上記のとおり、全ての指標が上昇しており、相場状況もよかったと思います。

定例のグラフは下記の通りです。

188B3619-95AD-4B0E-8D21-C64691333643


1月2月と順調にリスク資産の総額が増加しています。

ただあんまり市況が良いという感じもなく、いつ下がってきてもおかしくないのですが。
特に米国株については下がったら買おうと思っていた銘柄が、みなするすると上昇してしまって、上昇相場における買付の難しさを感じました。

2019年2月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +11.9%(+6.0%)
個別株式等  +12.5%(+6.4%)
ウェルスナビ +10.8%(+4.2%)
ideco     +10.6%(+6.2%)

となりました。
2ヵ月で10%というのは上出来なので、年間終わった段階でこの数値が維持できるようにしたいものです。

今月の個別的な要因はこちら
①国内株式
昨年末から持っていたMSOLは1Qの前に売ろうと思っていたので、6,000円を超えたところで売りました。
3ヶ月程度で2倍強ということで、満足のいく結果となっています。
まだ伸びると思っている一方、1Qの数値は良くないのでは?と考えているため一度売却しました。
このままスルスルと上昇するようであれば、縁が無かったということで諦めます。
もう少し下がってくるようであれば再度購入予定です。
他は、ヒーハイスト精工、レントラックスについて株価が上昇した局面で、少しずつ売却しました。海外株式の購入原資を確保するという目的もあるので。

②海外株式
ポートフォリオの過半を占めるBTIとMOがいずれも上昇してくれたおかげで、全体としても含み損がなくなり含み益が出る水準になりました。
2月の頭に購入したVYMもその後スルスルと上昇して貢献してくれました。
また、まだ記事にしていないですが、2月の終わりにPFFを購入しています。
後は、ABBVが大きく含み損ですがさらに大きく下げるようであれば買い増しも検討したいと思います。

③ウェルスナビ、ideco
いずれも1月末時点では含み損の状態でしたが、どちらも含み益が出る状態まで回復してきました。
idecoの海外債券については、やはり当初の通知通り2018年4月末に保有していた口数を超える部分は、強制的に売却されることになりそうです。
また、ひふみ年金については戻っていたタイミングで売却してもよいかな、と考えています。
ほぼトントン位の水準にあるので、早ければ今月中に手続をするかもしれません。
今まで、idecoで買付比率の変更やスイッチングをしたことが無いので、どのような手続きが必要になるのかわかりませんが、色々と調べて対応していきます。

昨年は2月にドカッと下がったのでびくびくしていましたが、ここまでは順調な2ヵ月となっています。
とはいえ、brexit問題も収束していないですし、米中関係、北朝鮮、インドパキスタン情勢等、世界的には不安要素だらけです。
どのタイミングで急落が来るかわかりませんが、狼狽売りだけはしないように、気を付けたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

あっという間に2019年も1ヶ月が終わってしまいました。

今月何していたか、あまり思い出せません。仕事もぼちぼち忙しかった気がするのですが。

先月の投資成績は惨憺たるものでしたが、今月は少し盛り返しました。
1年のスタートしては上々の成績だったと思います。まぁ、指数が日米ともに上向きだったおかげなんですが。
定例のグラフ推移はこちらになります。

リスク資産残高推移 2019年1月末


昨年の11月以降毎月残高が大きく伸びていますね!
とはいえ、昨年の11月、12月は入金を行った関係で日本株等、米国株等の残高が増えているものの、入金額の大半が含み損として消えてなくなりました。

その点、2019年1月は積立分以外の入金はありませんので、純粋に投資成果で増えたということができます。

2019年1月度の前年末比の増減率は、
全体成績   +5.9%
個別株式   +6.0% (日本株と米国株の合計)
ウェルスナビ +6.6%
ideco     +4.3%

となりました。
勝手に運用してくれるウェルスナビが一番成績が良いですね。ぐぬぬ。

①国内株式
→先月がひどすぎたので、少しリバウンドしただけかもしれませんが、持ち株はどれも堅調でした。中でも、マネジメントソリューションズ(7033)とヒーハイスト精工(6433)が良く上げてくれました。
国内株式は少しずつ売却し米国株式の方に移動する方針であるため、ヒーハイスト精工については一部売却しました。
後は問題児レントラックス(6045)ちゃんをどうしようかなーと悩んでいます。

②米国株式
→ほぼ底値で買えたAT&Tはずっと含み益の状態で推移していましたが、残りの3銘柄は惨憺たる状況でした。MOについてはモルガン・スタンレーのアナリストが目標株価を下げたことに起因して、株価が大きく下落しました。
ABBVについては、決算でヒュミラの売上が低下していることが嫌気され、こちらも大きく下落しました。BTIは相変わらず底を探るように下値を模索していました。そして決算後に買おうと思っていたIBMは好決算を反映して株価があっという間に上の方に飛んで行ってしまいました。。。
ただ、このよくない流れが29日頃から変わりつつあり、この2日で急速に戻した結果先月末比でトントンくらいで終えることが出来ました。米国株式は未投資のドル建て現金も含まれているので、2月も機会があれば買い付けを行っていきたいと思います。
加えて、為替が円高の方に振れてきているので、住信SBIネット銀行の為替手数料が無料の間にドル転も進めていきたいと考えています。

③ウェルスナビ、ideco
→いずれも元本に対してまだ含み損の状態ではありますが、どちらも12月末の惨憺たる状態からは少し回復しました。

昨年も1月は絶好調だったんですよね。そして悪夢の2月で大幅に運用成績が悪化したことが思い出されます。国内株式のうち、売却予定の銘柄については早めに売却した上で、米国株式の購入原資としていきたいと考えています。



ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ