すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

月次運用実績

8月はなかなかブログを更新する時間も取れませんでした。

運用成績が悪くて更新する気にならなかった。というわけではないのですが、運用成績が芳しくないのは事実です笑

2019年8月度の資産運用成績は、大きくマイナスでした。

日経平均 7月末  21,521.53円 ⇒ 8月末  20,704.37円
NYダウ  7月末 $26,864.27  ⇒ 8月末 $26,403.28
S&P500  7月末  $3,013.24   ⇒ 8月末  $2,926.46
ドル/円  7月末   108.74  ⇒ 8月末  106.29

8月15日あたりでは、どこまで下げるのかな?という感じでしたが、意外に1ヶ月経過してみたら意外と下げなかった、という感想です。
今年は既に結構買付を行っているので早々一気に買い場が来ても困るんですが。ずっと上がってた今までと比べると少しずつ投資できる水準まで株価が下がってきている銘柄が散見されます。

定例のグラフは下記の通りです。
201908 リスク資産残高推移


別途売買関連の記事でも報告を行う予定ですが、8月度はドル転を50万近く行っているので、元本の追加分と比べると大きく資産残高が棄損しています。それでも年初来ではまだプラスなので、年始はかなり良好な環境だったんだと再認識しました。
また、米国株の買付手数料が安くなったことに伴い、1回あたりの買付額を引き下げることで、今月は5回買付を行いました(全て既存銘柄の買い増し)。


2019年8月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +4.7%(△4.0%)
個別株式等  +2.3%(△4.0%)
ウェルスナビ +7.5%(△3.7%)
ideco     +6.4%(△5.0%)

となりました。
全ての指標は円建てで算出を行っています。そのため、今月は為替の影響が大きかったように感じました。一定間隔でドルの買付指値をしていましたが、今月だけで6回くらい約定していました。
月中では4円程度の値動きがあったようで、かなりボラティリティの大きい月になりました。

①国内株式
8月は、三菱商事、JTを購入しました。三菱商事は新規買付で、JTは買い増しになります。
一方で売却銘柄はありません。株価が下がる一方だったので売却する状況になりませんでした。
含み損が大きくなった銘柄については、10月以降で損だしを行っていきたいと思います。

②海外株式
5回買い付けを行っていますが、銘柄数としては3銘柄、かつ全件既存銘柄の買い増しになります。
投資方針の中で、『投資先のナンピンは3ヶ月あける』というのがありますが、全く守れていません笑
8月は、投資して間もない銘柄が結構下げていたので、ガンガン買い増してしまいました。
とはいえ、米国株式の最低手数料撤廃の恩恵もあり、一回当たりの投資額を下げているので、直ぐに弾切れという事態にはならないはずです。
ドルはまだ結構手元にあるので、9月もさらなる買付機会を探っていきたいと思います。
仮に円高が更に進展したとして、どこまでドル転を進めて行くかは悩ましいところです。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビは、ほぼ全てのセグメントが下がりましたが、金が強いですね。やはり相関を考慮されたポートフォリオになっており、全額ドル建てですが、為替の影響があるにもかかわらず、成績は最もよかったです。おそらく金が上昇したことで全体の下落率が緩和されたことに起因するんだと思います。

9月はどんな月になるでしょうか。
10月は消費税増税が待っていますし、国内企業は10月、11月の第2四半期決算で下方修正祭りになるのでは?と思っているので、年内は買い場がたくさんあると考えています。
一気に買いに行くのではなく、小分けにして買付を進めて行きたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

妻が入院しているとなかなかブログまで手が回らないですね。
とはいえ子供たちは遅くても9時半までには寝てくれるので、そこからは少し時間もあるのですが。
保育園の準備や洗濯・掃除、たまに翌日のご飯づくり等々をやっていると結構時間が無くなります。

ちと関係ない話をしてしまいましたが、早速7月の運用実績を見てみましょう。
7月は一応各指数ともに上昇しました。
ただ、すでに8月の1日2日で大きく下げており、8月の雲行きはかなり怪しそうです。。。

2019年7月度の資産運用成績は、ややプラスでした。

日経平均 6月末  21,275.92円 ⇒ 7月末  21,521.53円
NYダウ  6月末 $26,599.96  ⇒ 7月末 $26,864.27
S&P500  6月末  $2,941.76   ⇒ 7月末  $3,013.24

ここ最近の下げのイメージが強いので、7月は全体的に堅調でした、という結果をみてもほんとかな?という感じですね。あまり、上昇した実感はありません。

定例のグラフは下記の通りです。
201907 リスク資産残高推移


元本追加は月次の積立分以外には行っていません。
大きな変動はありません。ただ先月よりも資産残高全体は増えているのでよかったです。
入金しても資産残高が減っていると結構凹みますよね(まぁ、投資ってそういうものですが)。
売買関連は例月通り別記事を建てる予定ですが、7月度はドル転もせず、米国株の買付も1件だけでした。一方で、日本株を3件売却しています。

少しずつ米国高配当株に寄せていこうと目論んでいます。

2019年7月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +8.7%(+1.6%)
個別株式等  +6.3%(+1.9%)
ウェルスナビ +11.2%(+0.1%)
ideco     +11.4%(+0.8%)

となりました。
久しぶりに個別の増減がウェルスナビやidecoのインデックス組をアウトパフォームできました。
どの銘柄が上がったのかはわからないですが、8月1日2日の下落で7月分の上昇は全て吐き出している気がしますね。。。

①国内株式
7月は購入した銘柄はありませんでした。
売却したのは、ヒーハイスト精工(一部)、ニチリン、日産自動車を売却しました。
ヒーハイスト精工は、ホンダに部品を提供している関係で、F1でレッドブル・ホンダが十数年ぶりに優勝した翌日にストップ高になりました。
さらにもう一度優勝しましたが、その翌日は何も起こりませんでした。ちなみに今夜はハンガリーGPがありますが、レッドブルは予選で1位でした。もう一度優勝したら株価は反応するでしょうか??
ニチリンは特に理由もありませんでしたが、ドル転の原資にするため売却しました。
日産に関しては減配の雰囲気を強く感じたので売却しました。ここからさらに下げて500円台に入ってくるようであれば、再度購入するかもしれません。金額的には微々たるものですがこれもドル転の原資にしたいと思います。

②海外株式
1銘柄買い付けています。買い付けたのは、RDS-B(ロイヤルダッチシェル)です。
購入した直後に、決算がよくなかったのか一気に値下がりしました。もう少し待ってから買えばよかった。。。
ある程度下げてきたら、VOOかVTIを購入したいなーと考えています。高配当とは関係ないETFになりますが。
あとは、VYM、PFF、SPYDあたりの買い増し、MOの買い増し、あたりですかね。
やや個別株の比率が高くなってきているので、ETFはいずれか購入しようと考えています。
あくまで現時点では、ですが。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビ、idecoともに大きな変化はありません。
idecoは一部を預金に振り替えているのと、8資産バランスを購入するようになったので値動きがマイルドになりました。


8月は何となく下げる気がするので、7月と打って変わって買い付け銘柄が増えるような気がします。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

6月は堅調な月でしたね。
特に米国市場は堅調でした。あまり自分の成績に取り込めなかったのが悔しいのですが。

2019年6月度の資産運用成績は、ややプラスでした。

日経平均 5月末  20,601.19円 ⇒ 6月末  21,275.92円
NYダウ  5月末 $24,815.04  ⇒ 6月末 $26,599.96
S&P500  5月末  $2,752.06  ⇒ 6月末  $2,941.76

各指数は米国を中心にかなり上がってますね。先月下がった分戻したという感じでしょうか。

定例のグラフは下記の通りです。
201906 リスク資産残高推移


元本追加は月次の積立分以外に、ウェルスナビ に少額の追加積立を行なっています。
全体的に、日本株の金額が減って、外国株の金額が増えていますが、これは日本株の口座にあった余裕資金でドル転を進めたためです。
今月はかなり円高が進行したので、一定間隔でドル買いの注文を出していましたが、それがいくつか約定しています。

2019年6月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +7.1%(+2.7%)
個別株式等  +4.3%(+0.6%)
ウェルスナビ +11.2%(+3.7%)
ideco     +10.6%(+2.8%)

となりました。
相変わらず、自分でガチャガチャやっている分は、指数連動型のウェルスナビ やidecoに勝ててないですね。。。

①国内株式
今月は、ユニマットRCと、マネックスグループを買い付けました。
売却した株式はありません。
ユニマットRCは知人に教えてもらった銘柄で、色々と調べた結果、良さそうだなーと感じたので購入しました。下の方で指していたら、たまたま引っかかっていました。
マネックスグループは、仮想通貨がビットコインを中心に盛り上がってきたので再度インしてみました。
ここ数ヶ月指値していたJTですが、買い指値に刺さりませんでした。権利落ちが近づいてきたので指値はキャンセルしたところ、権利落ち後あっという間に差していた金額を突き破って行きました。
既にJTは1単元持っていますが、どこまで追加していいのか悩ましいですね。

②海外株式
こちらも2銘柄買い付けていますが、1銘柄は買い増しです。他社の買収を発表したことで株価が暴落したABBVを買
い増しました。もう1銘柄はSPYDです。
それ以外は、ドル転を進めたものの、買いたい株式の株価が下がって来ないので、買い時っぽいドルを買い付けています。
本当に今が買い時なのか?については数十年後にしかわかりませんが。
やはり、年始からハイペースで買い付けてきているため、今後の継続性、平準化という観点からは、ややペースを落としていかないといけないかもしれません。
日本株を売らないと原資がなかなか捻出できない。。。
これは、今年だけでなく今後の大きな課題になりそうです。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビは、円高が進んだので久しぶりに追加投資をしました。追加投資といっても月次の積立額と同額なので、全体への影響はありません。

相変わらずトランプ大統領の一挙手一投足で、相場が上下しますよねー。なかなか方向感がつかめませんが、入金を継続するしかないですよね。淡々と積み立てて行きたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

5月は昨年の12月に近いマイナスとなりました。
米中の貿易戦争も終着点が見えないですし、Brexitも一番悪い方向に流れているような気がしますね。
そんな雰囲気の悪い中、私の持ち株たちもなかなか悲惨な結果になっています。

2019年5月度の資産運用成績は、マイナスでした。

日経平均 4月末  22,258.73円 ⇒ 5月末  20,601.19円
NYダウ  4月末 $26,592.91  ⇒ 5月末 $24,815.04
S&P500  4月末  $2,945.83  ⇒ 5月末  $2,752.06

各指数もかなり下がってますね。ただ、リーマンショック級というほどでもないですし、まだまだ下値余地は大きそうです。

定例のグラフは下記の通りです。
リスク資産残高推移 2019年5月末


5月は元本追加があったものの、運用成績が大幅マイナスだったため、リスク資産残高全体としては前月比マイナスとなりました
タバコ株のウェイトが高いので、タバコ株が売られ始めるとあっという間に運用成績が悪化します。
もう少し比率が下がるように買い付けを進めていきたいところです。

株安に触れている一方、為替は円高に振れています。そのため、5月も2回ほどドル転を行いました。
円高が進むようであれば、多少無理してでもドル転を進めていきたいと思います。

2019年5月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +4.4%(△5.9%)
個別株式等   +3.7%(△5.9%)
ウェルスナビ +7.5%(△7.0%)
ideco     +7.8%(△5.9%)

となりました。
全体の指数も下がっているので、みんな仲良くマイナスですね。
こういう月にプラス計上することが、安定的な資産の増加をもたらしてくれるんでしょうけど。
なかなかうまくいかないものですね今月の個別的な要因はこちら

①国内株式
今月は売買なしでした。JTの買い指値を入れているものの、価格がやや欲張りなためか約定しませんでした。継続的に買い注文は出しているので、来月には買えているかも。ただ6月が配当の権利確定月なので、権利落ちで6月末はさらに下がっていそう。。。
他にも個別株にはいくつか注文を入れいますが、なかなか約定しません。
下がったものについては、買いを入れていきたいと思います。

②海外株式
ポートフォリオの過半を占めるBTIとMOが大きく下落したので、全体的に下落しています。
そして、4月に購入したVOD(ボーダフォン)がさっそく減配しました笑
いや、笑えない話ではあるのですが、自分のセンスのなさに笑ってしまいました。
まぁ、減配を織り込んだような配当利回りでしたからね。
その割にそこまで株価はさがっていません。もう下げすぎてたからでしょうか。ここから3割とか下がってくると今度は同業他社含め、M&Aの対象になってくる可能性があると思います。なので、減配はしたもののVODについては、当面保有を継続する予定です。
また、別のエントリーでも触れようと思いますが、株価急落中のMMMを5月に購入しました。
こちらもまさに落ちるナイフをつかんだ感じで、底値が見えません。個別株は難しいなぁ、と感じた次第です。もう少し個別株式だけではなく、ETFの比率を高めようかと考えています。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビもidecoも特に何もしていません。米国株の下落に伴って含み益が溶けました。
idecoについては、先月ひふみ年金及び外国債券の残高をスイッチングして定期預金に振り替えました。いずれも利益が出ている段階だったので、今のところこの決断は吉と出たようです。
定期預金に振り替えた分は、今後大きく下がった時に買い増せるように余力資金として使う予定なので、もう少し寝かせておきたいと思います。何処が底かというのはさっぱりわからないんですけどね。

日経は元より、NYダウやS&P500もこれから下降局面なのかなーと感じます。
入金しても前月比で資産がマイナスになってくると、心が折れそうになりますが、安くなった時に買い向かっていかないと、上昇局面で大きく資産を増やすことができないですからね。淡々と入金投資を継続していきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

10連休もあっという間に終わってしまいました。

今年は1回出勤しただけでほとんど休めたので、よい連休でした。
社会人になってから8年位はGWがほとんど仕事、という業種・職種だったため、いざGWとなっても海外に行ったりする気がおきません。旅行の金額が跳ね上がるためです。
(そもそもあまり旅行が好きではないというのもありますが)
このGWの時期にしかまとまって休みが取れないし、子供も休みだし、ということでこの時期に需要が集中するため、金額が上がるというのはやむを得ないと思いますが、我が家の場合は子供がもう少し大きくなってから旅行に行くという選択肢を検討したいと思います。

今の時点では、私と妻の実家に帰省するだけで、十分楽しそうですし。

話がそれてしまいましたが、4月の運用成績です。

2019年4月度の資産運用成績は、マイナスでした。

日経平均 3月末  21,205.81円 ⇒ 4月末  22,258.73円
NYダウ  3月末 $25,928.68  ⇒ 4月末 $26,592.91
S&P500  3月末  $2,834.38  ⇒ 4月末  $2,945.83

全体的に上げているんですけどねー

定例のグラフは下記の通りです。

リスク資産残高推移 2019年4月末


4月は元本追加もなく、運用成績が微減だったためほとんど増減はありません。
米国株を購入しているものの、ハイテク株をほとんど保有していないため今月の相場上昇の恩恵にはあまり預かれていません。

ややドル高に振れてきているので、5月度も110円切ったあたりからドル転を進めていければと考えています。

2019年4月度の前年末比(前月末比)の増減率は、
全体成績   +10.3%(△1.3%)
個別株式等   +9.6%(△2.4%)
ウェルスナビ +14.5%(+3.7%)
ideco     +13.7%(+3.5%)

となりました。
自分で色々考えて買っている個別株が大幅マイナスで、お任せ運用のウェルスナビとidecoがプラスですね。平たく言うと、自分が足引っ張ってるということです。。。

今月の個別的な要因はこちら

①国内株式
MSOLを4月に一部買い戻しました。売値より大きく下がってきたので。今のところは待って良かった感じですが、今後はどうでしょうか。
他は、売ろうと思っていた銘柄が全く上がらないのでそのまま持っていますが、この辺りをいつ売ればよいか。
まぁ、長期的には上がるかな―と思っているので上がらなければ継続保有するだけなのですが。
ヒーハイスト精工、レントラックス、三光合成、ニチリン

②海外株式
ポートフォリオの過半を占めるBTIとMOが大きく下落したので、全体的に下落しています。
数値の割合的にはこの2つが大きいのですが、IPOのLFYT株式で火傷したのが、一番余計でしたね。色々と興味があるとすぐに手を出してしまうので。そこまで大きな金額出なかったのが救いです。
4月に入ってからVOD(ボーダフォン)を購入しました。
減配が無ければ非常に魅力的な水準なんですけどね(配当利回り9%超)。
減配を織り込んでいる株価な気がしなくもない。

③ウェルスナビ、ideco
ウェルスナビについては特に何もしていませんが、米国株の水準回復に伴って含み益がジワリと拡大しています。
idecoについては、ひふみ年金及び外国債券の残高をスイッチングして定期預金に振り替えました。
いずれも利益が出ている段階だったので、今のうちにというところですね。
定期預金に振り替えた分は、今後大きく下がった時に買い増せるように余力資金としてとっておきます。資金効率的にはやや不合理な気もするのですが。

10連休明けに大きく下落するのでは?といった話も出ていましたが、実際為替はかなり円高に振れていますし、明日の日経は下げて始まることになりそうです。
今年は、昨年10月や12月のような買い場がまだ来ていないので、ドル転しながらその時を待ちたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ