すーさんの不合理な資産運用

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

合理的な資産運用をしたいと試行錯誤する30代サラリーマンのブログです。株式、投資信託等への投資や不動産、税金、子育ての話等、自分の体験、実践している内容について記していきたいと思いきます。

売買記録

毎度タイミングが少し遅いのですが、5月度の売買記録を残したいと思います。

5月度の買付は1回のみでした。

前回の月次運用実績報告の中でも記載しましたが、購入したのはMMM(スリーエム)です。

こちら、直近の決算が不安視されて、大きく値を下げているところでした。まさに落ちるナイフを掴みに行った形です。配当利回りは3%台なのでそこまで高くはありません。

買付詳細は↓のとおりです。

20190522 MMM買付


4月の途中にはは$220近くあった株価が、今では$160台で推移しています。株価は高値から30%近く下がっています。
一応連続増配銘柄ではあるので、今後の増配に期待したいと思います。(業績的に厳しいかもしれませんが。)

それ以外に今月は2回、ドル転しました。

ドル転 20190509


ドル転 20190531


株価水準的に、食指が伸びる銘柄がなかなかみつからない一方で、為替がドンドン円高になっているので、コツコツと指値をしている分が約定していました。

5月31日の分は、当初108.95円で指していたところ、気がついたら注文が失効していました。気づいたタイミングで、指値の108.95円を下回っていたため、慌ててリアルタイム注文で買い付けを行いました笑

そのため、現時点ではドルの手持ち資金がある状態です。株価が下がって来なくても、毎月少しずつ買っていかないといけないですね。
また時間のあるときに銘柄のスクリーニングを進めていきたいと思います。

為替はどこまで行きますかね?今年の上半期だけで、年間に予定していた分の9割近くをドル転してしまいそうです。もう少し自制しないと。

6月前半は少しずつ高配当株の株価も戻しつつあるので、この波に乗りおくれている銘柄を拾っていきたいです。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

毎度タイミングが少し遅いのですが、4月度の売買記録を残したいと思います。

4月度の買付は1回のみでした。

前回の月次運用実績報告の中でも記載しましたが、購入したのはVOD(ボーダフォン)です。

英国株でありADRの銘柄になります。
現状の株価だと配当利回りが9%を超えているというのが、購入した理由です。
かなり単純ですが笑

買付詳細は↓のとおりです。

190424 VOD買付


数年前は$40近くあった株価が今では$18前後と、株価は高値から50%超下がっています。
その一方、配当は年間で$1.7程度あります。通信株としては既にAT&Tを保有していますが、安定的な稼ぎがある一方で、5G関連の投資負担が重いためこちらも株価は低空飛行を続けています。
そのため、減配のリスクがあると思う一方で、社会的なインフラであるため会社が潰れることは無いと考えています。減配したとしてもいきなり無配というのは考えづらく、最大でも半額までかなと考えています。その場合でも利回りが4%超となるため、現状の株価であれば投資対象になると考えました。

そもそも投資額自体がそこまで大きくは無いので、下がれば少しずつ買い増していこうと考えています。

6月上旬を権利落ち日として、8月上旬に配当が支払われます。
NGG(ナショナル・グリッド)と同様に、年2回の配当支払いで、その配当は均等ではなく、年後半の支払の方に偏っています。VODの場合は、支払日は2月と8月ですが、1株当たりの配当金は8月支払の方が$1.0~$1.2、2月支払の方が$0.5~$0.6で直近3年程度は推移しています。
この水準で今後も支払われることになれば、配当利回りが約9%にもなるため、税引き後で考えると約15年程度で投資元本が回収できます。
(年数についてVODはADRのため、二重課税が無いので額面の80%が手取りとして計算)

高配当銘柄に手を出していくと、いつかは減配の憂き目にあうとある程度の覚悟はしています。
保有銘柄のうち、最初の減配を引くのはどの銘柄か?現時点では一番直近で購入した銘柄ではあるものの、このVODが筆頭な気がしています笑

ちなみに、投資方針はざっくりと年始の段階で定めていますが、保有株が減配した場合に手放すか否か?という基準は特に定めていません。この辺りは今後の検討課題と言えそうです。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

少し前の話ではありますが、3月度の売買記録を残したいと思います。

3月度は2回買い付けを行いました。

1つ目はウエストパックバンク(WBK)です。
オーストラリアの銀行で配当利回りが7%以上あります。
(減配しなければ、の話ですが)
オーストラリアの銘柄ということで、情報が限られているのですが、高配当であること、直近の株価が冴えないことの2点から買い付けを行いました。

WBK 買付 190318


そして、高配当銘柄とはかけ離れた銘柄ですが、新規上場したリフト(LYFT)を購入しました。
IPO銘柄の値動きの激しさは、日米で変わらないようです。上場後の初値で掴んで、そこから株価が急降下していきました。どこかで上がってくるといいのですが。
年末までには損切りしてる気がします笑

LYFT 買付 190330


で、これらの銘柄を買い付けるために、3回ドル転をしています。
ドル転時の為替レート等は下の画像の通りです。

190318 米ドル買付


190328 米ドル買付


190329 米ドル買付


平均すると111円前後というところですね。
ドルレートについては、一度100円を切るくらいまできてくれるととても有難いのですが、米国株の買い場と同様になかなかきそうにありません。
そうなってくると、定期的にコツコツ買い付けていくしかなさそうですね。

いつまでたっても無駄にタイミングを計ってしまう自分がいますが、合理的な行動とは言えなさそうです。
年明けから相場が全体的に安定して推移しているので、絶好の買い場!というような状況は来ていないと思いますが、2019年3ヶ月での買い付けペースが想定より早い(多い)状態なので、少しペースをセーブしたいなと考えています。

難しいかもしれませんが。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

かなり時間が経ってしまいましたが、先月末に買い付けたPFFの買付報告になります。

1AA1A9C7-C6E1-4674-9C1F-3B2FA5127BE6


買付後、ダウは下落していますがPFFの価格はほとんど動いていません。
逆にダウやS&P500が上昇しても取り残されていくんでしょうね。
PFFは、優先株に投資しているETFで、ほぼ毎月配当金が出ます。ただ、配当金の額は減少傾向にあるのでそのあたりが期待値を下回ってきたら売却が必要と考えています。

直近では、VYMとPFFというETFに投資をしていますが、改めて個別株は投資を行うべく、久しぶりにスクリーニングしてみました。

条件は下記の3つです。
①配当利回り5%以上
②時価総額 20000百万ドル(約2.5兆円以上)
③売上高当期純利益率 0%以上(=マイナスではない)

利回りが額面で5%というのはやはりかなりハードルが高いようで、この3つの条件だけで28件にまで絞られました。

③については、売上高営業利益率が良かったのですが。まぁないのは仕方ない。

あと、時価総額が20000百万ドルと、キリが良くないのは、候補を1ページで表示させたかった(=30件以下に絞りたかった)ためです。深い意味はありません。

4FDC2E88-8CF6-47B9-B0D1-4E44E447A249


今投資している個別株、BTI、MO、T、ABBVについては全てこのリストに含まれていますね。
特にこのスクリーニングの数値を重要視しているわけではないのですが、5%以上の配当ということは意識していたので、それが表れています。

また、投資検討中のNGG、RDSB、WBKも含まれていますね。
このスクリーニングで出てきたものが、全て無条件で投資先候補になるわけではなく、ここから色々と絞り込みを行なっていきます。

そして今回のスクリーニングで、俄然興味が湧いたのがVOD(ボーダフォン)ですね。
今から15年ほどまえはボーダフォンの携帯使ってましたので、親近感もあります。
まぁ、利回りの数値にびっくりしただけとも言えますが。

他の銘柄もそうですが、少しずつ調査を進めていきたいと思います。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

以前買い付け候補のETFの中でも触れましたが、下記のETFを現地時間の2月4日に購入しました。

ティッカーシンボル:VYM
バンガード 米国高配当株式 ETF
Vanguard High Dividend Yield ETF

購入株数:23株
購入単価:82.85$
手数料:9.26$
買付総額:1914.81$
手数料込単価:83.26$

VYM買付 190204



下記のURLがバンガード社の商品説明ページになります。
https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/investment-products/funds/detailview/etf/0923/equity/overview/us

経費率も0.08%ととても低くなっており、投資先も約400社と分散が効いています。

VYMというETFの具体的な投資先企業はこちら。

VYMの投資先①

リンクにすると一定期間たったら更新されてしまうかなーと思ったので、画像キャプチャを貼っています。引用元は上述のURLと同じくバンガードの商品ページになります。

現在の投資先と重複している企業があるかなーと眺めてみると、AT&Tが重複しているようでした。AT&Tは配当利回りも高いですからね。ただ、個別株の方は全体に占める保有割合が低いためそこまで気になりません。

そしてもう1つ次のページ。

VYMの投資先②


こちらのページだと、ABBVが重複していますね。

3ページ目まで行くとMOも出てくるようです。

今後はある程度VYMも買い付けて行こうと考えているので、分散という意味でも、VYMの投資先上位に名を連ねている企業は意識的に個別株投資の方では外して行こうかと思います。

VYM以外にもう一つくらいETFを購入しようと考えており、こちらの検討も引き続き行っていきます。但し、ETFは買う予定ですが、SPXLに代表される指数の数倍変動するようなボラティリティの高い商品には投資しないように、注意していきます。


ご覧いただきありがとうございます!
よろしければ応援のクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

積立投資ランキング

↑このページのトップヘ